竹越昭彦院長コラム40代男性の約6割が悩む“中折れ”の正体

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

問題なく勃起するのに、性行為の途中で萎えてしまう――。俗に「中折れ」と呼ばれる現象に悩まされる方は、中高年を中心に多くいらっしゃいます。高齢の場合は想像に難くないでしょうが、実は50代でも約7割、40代の方でも約6割の男性がSEX途中での中折れ経験があることがわかっているのです(成人男性7710人を対象にした、2009年の製薬会社ファイザー社の調査に基づく)。


では、なぜこのように勃起が続かない状態に陥ってしまうのでしょうか? その原因をお伝えする前に、まずは「勃起のメカニズム」をご説明しましょう。男性が性的興奮を覚えると、ペニスの「海綿体」への血液流入を促す体内物質が分泌され、陰茎動脈が広がります。そして同時に、海綿体からの血液流出を止める体内物質が出て、陰茎静脈を閉じます。つまり、海綿体への血液の入り口を「開ける」役割と、海綿体から血液が流れ出る出口を「閉じる」役割が備わっているのです。この2つの機能が正常に働くことで、勃起が維持されます。


しかし年齢を重ねると、この「開ける」役割を果たす体内物質が減少していくのです。そのため勃起を維持できず、すぐに“萎えて”しまうわけです。これが若い頃であれば、ちょっとした性的刺激で再び興奮状態に戻すことができるのでしょうが、40代を過ぎるとそうはいきません。

さらに40歳を過ぎるあたりからは、加齢によって血管が硬くなり、体中の血管が詰まりはじめます。これが重度のかたちで心臓に起きるのが心筋梗塞であり、頭部に起きるのが脳梗塞です。そして、ペニスの海綿体の抹消血管の場合は「ED」として症状が現れ、その初期症状が「中折れ」というわけです。血の巡りが悪くなれば、やはりペニスへ血液が流入しにくくなり、勃起しづらくなります。

また、神経障害も原因となります。糖尿病など、生活習慣病の影響で神経障害が起きると、「海綿体に血液を流入させよ!」という脳からの命令が伝わりにくくなります。命令が伝わらなければ、もちろんペニスは勃起しません。

このように、加齢と共に現れる身体の変化によって、EDの初期症状である“中折れ”が起こってくるわけです。中折れは決して稀なことではなく、すべての男性に起こり得る症状なのです。

料金表・
診療時間
オンライン
処方
アクセス
・TEL