竹越院長コラムシアリスの服用法と絶大な効果

ED治療薬の服用法と絶大な効果 −シアリス−

シアリス

【シアリス】
2007年、アメリカの製薬会社イーライリリーから発売され、ED治療薬のカテゴリーでは、バイアグラ、レビトラと合わせ「御三家」となっている。2011年時点、日本でのシェアは3番手に甘んじているが、世界ではバイアグラに次ぐ人気を誇る。シアリスの最大の特徴は、バイアグラやレビトラよりも薬の効果の有効期間が非常に長く実に36時間に及ぶ。バイアグラなどの持続時間が4〜6時間なのに対して圧倒的な長さだ。このため、ほかのED治療薬ではともすると「薬の効果が持続しているうちに、SEXに及ばなくては」と変なプレッシャーがかかったりすることもあるが、シアリスにはこうした心配は無縁と言っていいだろう。例えるなら、バイアグラやレビトラが短距離ランナーなのに対して、シアリスはマラソンランナーといつたところだろうか。また、バイアグラやレビトラが早く強力な効果が得られる分、副作用も出やすいのに対し、シアリスはゆっくりと効くので、仮に副作用が出たとしても自覚しない程度で済んでしまうかもしれない。そしてもう1つの特徴が、自然に効果が表れるところだ。効果の発現に個人差が大きいのが難点ではあるが、バイアグラやレビトラのように強力な効果でペニスがギンギンに勃起するのを好まず、マイルドな効き具合を望む男性には特に人気が高い。

効果

シアリスは、バイアグラやレビトラと同じように、ペニスの海綿体への血液流入を支援する効果を持つ。36時間という持続時間の長さの理由は、ブロック状の構造になっているために分解されにくく、結果、ゆっくりとなだらかに効果が表れていくのだ。ただ、持続時間が長いだけに効果が表れはじめるタイミングに個人差が大きく、人によって好き嫌いが分かれやすいED治療薬でもある。

服用法

レビトラよりもさらに食事の影響を受けにくいのは、シアリスの長所と言っていいだろう。しかし、高カロリー(800kcal以上)の食後にのむと、効果が薄れてしまう。しかも空腹時に服用すると効果が急速かつ明確に表れやすいので、のむタイミングによってある程度は効果をコントロールすることができるのだ。目的によって服用の時期を考えるのも一興だろう。ただ長時間にわたって効果が得られるED治療薬なので、しっかりとした効果が表れるまでに3時間程度はかかると考えたほうがいい。また36時間というとても長い持続時間があるので、SEXをする前日の夜には早々と服用して、翌日の本番に備えるという手も可能だ。例えば週末にいっしょにいることが多い夫婦やカップルなら、金曜の夜にシアリスを服用すれば日曜の朝まで効果は持続するので、ゆっくりとSEXを楽しむことができる。アメリカなど海外で「ウィークエンド・ピル」と呼ばれるのも頷ける。

注意点

ほかのED治療薬と同様に、二トログリセリン系の硝酸剤との併用は禁忌だ。何度も言うようだが、絶対に併用してはならない。だが、これ以外に注意しなければならない薬ののみ併せは特にない。さらに敢えて注意点を挙げるなら、シアリスの効果のピークが30分後に訪れる人もいれば、12時間かかる人もいる。こういったところから、好き嫌いが分かれやすい薬であることは理解しておこう。