バイアグラに関するニュース遅漏の原因とは?早漏だけじゃない、性生活の天敵を改善  2016.02.05 fri

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

遅漏のせいでパートナーとの性行為に支障を来している、という方は実は数多くいらっしゃいます。今回はそんな遅漏の防止法や、バイアグラや精力剤との関係について解説していきます。

問題なのは早漏だけじゃない?

男性にとって早漏は“はずかしい”というイメージを持たれる方も多いでしょう。確かに、あまりにも早い射精は女性からも良い印象には映らないかも知れません。そのため、早漏を食い止めようと考える男性は多くいらっしゃいます。

しかし中には、逆に遅漏で悩んでいる、という方もいらっしゃるのだとか。「早漏ならまだしも、遅漏であれば問題ないのでは?」とお考えになる方もいらっしゃるでしょう。しかし、実は遅漏というのはセックスにおいて大きな問題があります。

人によっては、なかなか射精に至らないために、行為中に何度も休憩をしたり、時にはそのまま終了したり。男性側も女性側も、数時間におよぶセックスでは心身ともに疲れてしまう、というのが原因のようです。

では、この遅漏を改善するためには、どういった対処法があるのでしょうか?

普段の自慰行為を振り返る

男性の日常的な性行為のひとつに“自慰”があります。男性にとっては必要なことであり、適度な階数であれば毎日行ったとしても、なんの弊害もありません。しかし、ここで問題になるのがその“やり方”です。

たとえば、敏感な部分ばかりを刺激し続けている場合は注意です。それに慣れてしまうと、通常の性行為の際に刺激が足りなくなって遅漏になりがちです。その他にも、床や布団に性器をこすりつけるなど、通常の性行為ではあり得ないような刺激を受け続け、それに快感を味わい続けていると、やはり遅漏の原因になる可能性があります。

そのため、すでに遅漏で悩んでいる方の場合は、普段の自慰行動の際には、少ない刺激でも射精ができるよう工夫をすることが大切です。たとえばコンドームの装着は、刺激を抑えられるのでオススメです。また、女性器の膣内に近い形状のアダルトグッズの使用も良いでしょう。実際の性行為のシミュレーションになりますので、これも遅漏防止に効果的です。

ちなみに、自慰行為のやりすぎも問題になる場合があります。前述した通り、自慰は適度な回数に留めるのが大切です。もしもパートナーと性行為の予定が立っているのであれば、その前は自慰をしない禁欲生活を送ることで、当日に良い結果を得られるかも知れません。

精力剤の使用は効果的?

遅漏の改善にバイアグラの服用を考える方も多いようです。しかし、バイアグラはそもそもが狭心症の治療薬であり、血管の拡張によって血流を促すことを目的としています。つまり、性的刺激を受けた時には勃起がしやすくなる、というのがおおよその効果であり、射精を促すわけではありません。

そのため、バイアグラはあくまでED治療薬であり、精力剤ではないということを覚えておきましょう。そして、もしも遅漏に悩んでいるのであれば、一度専門機関への相談がオススメです。しっかりと医師に話を聞いてもらい、原因を解明したうえでそれぞれの状況に応じた薬などを処方してもらうと良いでしょう。

遅漏であることは時には男女間のトラブルに発展しかねません。一般的には、早漏ばかりが問題視される傾向にありますが、もしも遅漏でお悩みなのであれば、これを機会に一度改善に向けた対策を考えてみてください。

元記事:日刊アメーバニュース http://news.ameba.jp/20160205-983/