バイアグラに関するニュース実は危険!?アメリカで流行中のED改善飲料「スティッフブルコーヒー」 2016.10.26 wed

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

アメリカにおいては毎月なんと20万人以上が購入しているコーヒー。しかし、それを購入しているのはほとんどが男性です。その正体は「スティッフブルコーヒー」。なんと、天然成分の勃起改善食品で、バイアグラのような副作用がないのが特徴なのだとか。しかし現在、そんなスティッフブルコーヒーの危険性が指摘されています。

副作用のない天然のバイアグラ!?「スティッフブルコーヒー」とは

スティッフブルは日本語で「頑丈な雄牛」を表す言葉です。それだけ精力増強に効果があると言うことをアピールしたいのでしょう。コーヒーに含まれているのは、トンカットアリやマカ、ガラナといった天然のハーブ類。これが男性ホルモンに分泌を促し、勃起につながると販売元では説明しています。

販売元のハンソン社長は、「スティッフブルコーヒーはセックスのための若さの泉であり男性ホルモンのトレーニングにも役立つ」と語っています。ただし彼は「バイアグラはどこでも勃起してしまう。スティッフブルコーヒーにはそれがない。副作用の心配も無用だ」といったコメントもしています。

誤解のないよう補足をすると、バイアグラは性欲を刺激するのではなく、血流改善によって勃起の手助けをするお薬です。彼が主張するように「どこでも勃起してしまう」というのは誤った認識なので注意してください。

スティッフブルコーヒーの副作用をアメリカ食品医薬品局(FDA)が指摘

アメリカ食品医薬品局は、スティフブルコーヒーが心拍数低下を引き起こし、身体に危険性がある可能性を指摘しています。その根拠は、スティッフブルコーヒーに含まれている「デスメチチルカルボナフィル」という成分です。これは、バイアグラの有効成分であるシナデルフィルに似た物質です。つまり、スタッフブルコーヒーを飲むということは、バイアグラに似た成分の入っているコーヒーを飲むことになります。

製造元は「このコーヒーにはバイアグラのような副作用はない」ということを主張し続けてきました。しかし、含有成分を見てみるとバイアグラに似た成分が含まれると言うことで、副作用の危険性も十分に考えられます。

なお、販売元はこの件に対し「PDAがテストしたのは不良品。だから誤った成分が混じってしまった。現在は製造業者も変えたし、今までに苦情がきたこともない。もちろん、バイアグラのような副作用の報告もないので安全だ」と主張しています。

日本において、バイアグラは医師の処方が必要なお薬になっています。一方、海外からの個人輸入品による被害も後を絶たず「バイアグラは危険」という認識に人も少なからずいるのが現状です。だからと言って“副作用がない”とされるスタッフブルコーヒーを輸入し、勃起改善に使うのはおすすめできません。安心・安全なED治療を考えるなら、信頼の置ける医療機関に足を運ぶのが一番です。

元記事: @niftyニュース https://news.nifty.com/article/item/neta/12120-22127_1/