バイアグラに関するニュースバイアグラ愛好家は50代男性がNo1!アンケート調査で分かったバブル世代の性 2016.12.08 thu

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

2016年12月、インターネットニュースサイトである『しらべぇ』がED治療薬の服用に関するアンケートを全国20~60代の男女1387名に対して行いました。こちらの記事では、その中から男性の結果に絞った内容をご紹介していきます。

アンケート結果から見えた50代の“元気”

アンケートの結果、全体の11.8%の男性が「飲んだ経験あり」に回答しています。ちなみに、女性の場合は3.5%。当然と言えば当然ですが、男性のほうが多い傾向にあります。一方、特長が出たのは年代別の割合です。以下は、バイアグラなどのED治療薬を服用した経験のある男性の年代別の割合です。

こうして見てみると、圧倒的に50代の男性が多いことが分かります。加齢による機能低下が直接の理由だと考えられますが、実はその他のアンケートでも意外な結果がでています。以下は、同編集部が公開している「1カ月以内に性行をした男性の割合」です。

上記で1位になったのも、実は50代でした。こうして見てみると、性に対して貪欲な50代がバイアグラを求めるというのは、当然のことなのかもしれません。

どうして50代はこんなに元気なの?

50代が元気、というよりは、総体的に今の若者が性に対して消極的で、かつ経済力も自由な時間もない、というのが大きな理由かもしれません。また、50代はバブルを経験してきた世代でもあります。その名残が、いまだに逞しさにつながっているのかもしれません。

元記事: しらべぇ https://sirabee.com/2016/12/08/20161039055/