バイアグラに関するニュース脳で作用するバイアグラの誕生か? イギリス研究者による報告 2017.1.27 fri

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

臨床分野の学術誌「Journal of Clinical Investigation」に掲載された論文によると、脳内で自然に生成される「キスペプチン」というホルモンが、人の性的興奮を促す効果があることを、イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドン医学科の研究者らが実験によって確認したようです。心因性の性障害に対する治療に、将来役立つ可能性があるとしています。

「キスペプチン」を使った実験

脳内の視床下部で生成されるホルモン「キスペプチン」。他の生殖腺刺激ホルモン分泌を促進する効果があり、思春期がはじまることにも、大きな影響を与えていると考えられていました。このホルモンに注目したのが、同大学のアレキサンダー・コムニノス博士といった研究者です。

実験方法は、はじめに若く健康で、かつ異性愛者の男性29名にキスペプチン、または偽薬を整脈注射します。その後、性的な画像やロマンチックな画像を観覧してもらうタイミングで、MRIスキャナーを使った脳の調査を実施。その結果、キスペプチンが投与された男性は、性的興奮の反応が強くなったそうです。

研究結果から、キスペプチンは性と愛の行動に影響する神経回路に刺激を与えることが分かったと研究者は発表。性的不能といった問題を持つ患者の治療への活用が期待できると発表しています。

抗うつ作用にも期待

実験中には性的な画像だけでなく、ネガティブな感情を思わせる画像も被験者に観覧させていました。その結果、キスペプチンを投与されている男性は、脳部位の活動が活発になることが確認されています。この部位は、ネガティブな感情を抑えてくれる働きを持つと考えられているため、抗うつ作用につながるのではと考えられています。

なお、研究の結果を踏まえコムニノス博士は、「性心理的障害とうつ病は併発する可能性が高い。今回の成果によって、それぞれの治療にキスペプチンが役立つ可能性が示された」と語っています。今後の研究に注目が集まります。

元記事: @niftyニュース https://news.nifty.com/article/magazine/12172-20170127-E185139/