バイアグラに関するニュースバイアグラに大腸がんリスクを抑える力があるって本当? 2018.03.28 wed

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

バイアグラには、腸内に発生した腫瘍性ポリープの増殖を抑える働きがあることが、最新の研究によって明らかとなりました。大腸がんに成長する腫瘍性ポリープを抑え込めれば、近い将来大腸がんの特効薬が開発されるかもしれません。大腸がんは国内のみならず、世界中の人々を悩ます悪性腫瘍だけに、今後の研究結果が待たれます。

バイアグラによってポリープが消えた

大腸がん治療において、バイアグラの効能が注目されるようになったきっかけは、米国ジョージア医科大学のダレン・ブラウニング博士が音頭を取ってはじめた研究プロジェクトです。博士を中心とするチームは、バイアグラを含む飲み水を遺伝子変異マウスに4週間飲ませる実験を開始。結果、マウスの体から腫瘍性ポリープが5割減少しました。その研究内容が、米国がん学会が発行するアカデミー専門誌に掲載されたことで、一躍バイアグラが脚光を浴びることになったのです。

ブラウニング博士によると、バイアグラには「環状グアノシン一リン酸」を分解する「5型ホスホジエステラーゼ」を阻害する働きが認められ、服用することで腸内に良い影響をもたらす、としています。

腸内環境の正常化を保つには、「環状グアノシン一リン酸」の働きが欠かせません。反対に、「環状グアノシン一リン酸」の働きを抑える「5型ホスホジエステラーゼ」が活発となれば、腸内でポリープの細胞分裂を活発化させ、大腸がんリスクを高めてしまいます。つまり、細胞活動を正常なサイクルに戻すことで、異常細胞の増殖を抑え、腸内トラブルを防止する効果が期待できるのです。

バイアグラVSリナクロチド

ブラウニング博士チームが行った研究では、便秘治療薬として用いられる「リナクロチド」も、バイアグラと同様、遺伝子変異マウスに投与してその反応を確かめる実験が行われました。腫瘍性ポリープが減少した割合は、バイアグラより高い67%。治療効果は高いものの、低い使用量で下痢などの症状が起きたと報告しています。ちなみに、バイアグラにはこのような副作用は認められていません。

ブラウニング博士はこの研究結果を受けて、リナクロチドは大腸がんの治療効果は高いものの、副作用リスクを差し引けば、正規の治療薬として常時使用はおすすめできない、という考えを示しています。

大腸がん撲滅に向け、バイアグラに期待

日本人の死因でもっとも多いがん。以前は胃がんや肺がんが圧倒的に多かったのですが、近年は男女ともに、大腸がんで死亡する患者の数が増えています。世界的に見ても、大腸がんの罹患率は高い傾向で、有効な治療薬の開発が待たれます。

ブラウニング博士チームがはじめた研究プロジェクトはまだ途上段階で、今後は「環状グアノシン一リン酸」のさらなる研究に力を注ぐ、とのこと。この物質が持つ腸内環境におけるポテンシャルを解明することで、大腸がんの治療薬開発に光が見えてくるかもしれません。これからも、博士の研究と、バイアグラが持つ未知のパワーに期待したいところです。

元記事: Newsweek https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/03/post-9839_1.php