シアリスシアリスの正しい服用方法と処方

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

シアリスとは

シアリス(一般名:タダラフィル)は日本イーライリリー株式会社のED治療薬で、日本では2007年7月31日に[5mg] [10mg] [20mg]の3種類の規格で製造販売承認を取得しています。また薬価のない薬価基準未収載の薬に分類されるため、どこの医療機関で受診しても診察料から処方料まで保険適用外となります。よって処方には保険証が使用できません。
経口のPDE5阻害剤で、従来のED治療薬バイアグラ・レビトラと違い、投与後36時間まで有効性が認められており、体内に吸収させてしまえば食事の影響を受けないため、患者さんにとって焦りやプレッシャーのないED治療の新たな選択肢として登場したお薬です。
剤形は画像の通り卵形の外形の「くすんだ黄色のフィルムコート錠」なので中身は白い薬剤です。また、金曜日の夜に服用すれば日曜日の昼間まで長時間作用することから「ウィークエンドピル」とも呼ばれています。

発売開始日と人気度

国際誕生は2002年10月で、発売以来、世界100ヵ国以上で1,000万人以上の患者さんに使用されています。2013年8月にはED治療薬(PDE5阻害薬)としての全世界シェアが42%となり世界市場で堂々の第一位となったことが発表されました。
当院グループ全体での処方シェアも2017年度に第1位になっていることからもリピート率も高く、愛好者が増えている証拠でもあります。→ ED治療薬人気ランキング|ED治療薬処方割合(シェア)

日本では2005年9月に承認申請を行い、2007年9月より販売が開始されました。製造元・発売元はともに日本イーラーリリーでしたが、2009年7月1日以降から現在に至るまで、日本の医療機関で処方されている純正のシアリスは、画像の通り、製造販売元が日本イーライリリー株式会社、発売元が日本新薬株式会社となっております。

国内におけるシアリスジェネリックについての詳細は
シアリスのジェネリック医薬品について

シアリスの有効成分

シアリスに含まれる有効成分は「タダラフィル」です。この成分がどのくらい含まれているかで[5mg][10mg][20mg]と呼び名が変わります。このシアリスの主成分であるタダラフィルは白色の粉末で水に溶けない性質を持っています。服用後の最高血中濃度到達時間が30分~4時間と人によっても大きな個人差が出てきます。(ちなみにバイアグラは30分~1時間半、レビトラは42分~54分)よって、服用のタイミングは性行為の3時間くらい前が無難でしょう。

また、参考までですが、タダラフィルを有効成分にもつ薬が他にもあります。
1つは、アドシルカという薬剤名で肺動脈性肺高血圧症(難病指定疾患)に対する薬です。厚生労働省に認可されており2009年12月から販売開始されています。ちなみに、アドシルカの用法用量は、「通常、成人には1日1回タダラフィルとして40mgを経口投与」となっています。

2つ目は、2014年1月17日に厚生労働省により前立腺肥大の治療薬として承認されました。これもシアリスと同じタダラフィルが有効成分です。商品名はザルティア錠で[2.5mg][5mg]の2種類が2014年4月17日に国内にて発売が開始されています。1日1回タダラフィルとして5mgを経口投与することで前立腺肥大による尿道の圧迫を緩和させ排尿障害や残尿感を改善する効果があります。

以上のようにタダラフィルは「勃起不全」「肺動脈性肺高血圧症」「前立腺肥大症」と各々の適応ごとに3つの製品名を持つ特殊な成分なのです。

一般名
タダラフィル(JAN)
Tadalafil
分子式
C22H19N3O4
構造式
性 状
白色の粉末である。ジメチルスルホキシドに溶けやすく、アセトニトリルにやや溶けにくく、エタノール(99.5)に溶けにくく、水にほとんど溶けない。

シアリスの効果・効能・作用時間

従来のED治療薬バイアグラ・レビトラでは作用時間(効果継続時間)が4~6時間で、食事の影響を受ける為、患者さんの中にはED治療薬を服用するタイミングに気を使ったり、作用時間を心配したりする人が多くいらっしゃいました。シアリスは投与後、10mgで20~24時間、20mgで30~36時間にわたり性的刺激に応じてのみ勃起機能を改善する効果が認められており、食事の影響も受けにくいとされています。そのため、服用時のタイミングや薬効が切れる前に性行為を終わらせなければいけないといった心配を大きく軽減することが期待されます。さらに副作用である顔の火照りや目の充血もバイアグラ・レビトラより少ないのいです。シアリスの登場により、焦りやプレッシャーを感じることなく、EDになる前のような自然体で受けられるED治療が可能になりました。

このシアリスもバイアグラ、レビトラ同様、精力を高めたり性的興奮を促したりして飲めば勃起するということはなく、あくまで性的刺激を受け、いざ勃起した時に勃起を補助してくれるお薬ですのです。よって射精した後、性的興奮が収まれば勃起も収まります。しかし作用時間内であれば再度、性的興奮により勃起した時には、しっかり補助してくれます。

シアリスの食事の影響について

ここで食事の影響について少し掘り下げて説明させていただきます。発売当初は製造元でありイーラーリリーの資料には800kcalまでは食事の影響はないと明記されておりました。現在は、「食事の影響が無い」ということを強調したいのか800kcalまでという条件が記されている資料はありません。では、この800kcalとはどのようなお食事か?目安は以下の通りです。

  • ケンタッキーオリジナルチキン:237Kcal(カロリー)
  • カレーハウスCoCo壱番屋 ポークカレー:755Kcal
  • すき家 牛丼/中盛:675kcal
  • 銀だこ たこ焼(ソース・マヨネーズ・青のり・鰹節込):665kcal
  • マクドナルド ビックマック:557Kcal
【重要】ただし、バイアグラやレビトラと同じくシアリスも空腹時に服用した方が体内への吸収が早いため効果も鋭く明らかに速効性があるのは確かです。
例えば19時~21時まで食事で22時から性行為という場合、食事の1時間前である18時までにはシアリス錠を服用しておけば19時からの食事の時までには、薬がある程度体内に吸収されますので食後すぐに服用するよりも、はるかに効果を引き出せるということです。
しかしながら実際には食事をしてからでないと、性行為が行われるかどうかわからない場合も多々あるかと思います。そういった場合には、食事を脂質の多い焼肉、揚げ物等は避け、あっさりした和食系を中心にして、お腹いっぱいまで食べず腹7分目くらいに抑えて食後2時間程度おいてから服用するといった工夫により薬の効果を引き出せます。是非、覚えておいて下さい。

シアリス錠の製品画像及び添付文書

シアリス錠に関する各種文書
「ダウンロード可」
添付文書 インタビュー
フォーム
くすりのしおり
日本語版 英語版
629.5KB 2.6MB 427.2KB 125.5KB

上のシアリス画像が日本新薬株式会社の純正シアリスです。日本新薬株式会社のシアリスの箱及び10錠のシートは上の画像のように日本語で記されております。現在、日本で流通している正規品のシアリスは製造が「日本イーライリリー」、販売が「日本新薬株式会社」となっています。

シアリスの処方について

  • ご来院の際は、現在服用しているお薬がわかるようにして下さい
    ※シアリスと飲み合わせの悪いお薬がございますので処方の際に必ず確認が必要です。
  • ご来院から処方を終えてお帰りになるまでの時間は5~10分です。
  • シアリスの処方までの流れの詳細はこちらをご覧ください。→ ED治療薬処方の流れ
  • ED治療薬は全て1錠から処方できます。
  • 保険証はお持ちいただかなくて結構です。
  • シアリス、バイアグラ、レビトラとの違いについてはこちら → バイアグラとレビトラとシアリスの違い

ED治療における精神安定剤について

  • 性行為の時に極度な緊張が原因でED気味になっている方は精神安定剤(税込1錠100円)が有効です。
  • 詳しい説明はこちらをご覧ください → ED治療における精神安定剤
  • なお精神安定剤は、ED治療薬と同数までの処方に限らせていただいております。

シアリスで胸焼けがする場合の対処法

  • 当院の患者様にてシアリス服用による副作用で胸焼けを気にされる方がよくいらっしゃいます。気になる方は、薬局で購入できるガスター10やアシノンZなどの胃薬で緩和される場合もあります。
  • 副作用である胸焼けが気になる方に当院ではファモチジンD錠20mg「サワイ」を 1錠100円(税込)にて処方できますのでお気軽にご相談下さい。
  • 詳細はこちらをご覧下さい → ED治療薬で胸焼けがする場合の対処法
当院は2004年10月にED治療専門医院として開院してから14年以上の実績があります。シアリスは日本国内にて発売開始となった2007年9月より当院にて処方を開始し、既に何十万人もの患者様に処方しておりますが重篤な副作用報告も一切ございません。安心して服用して下さい。右手の画像のように日本新薬からも感謝状をいただいております。日本新薬が提供するサイト「EDケアサポート」ED治療専門ドクターからのメッセージ一覧にも紹介していただいております。詳しくは下記をご覧下さい。


シアリス服用の注意点

  • シアリス錠は性行為をする3~4時間前に飲んで下さい。
    人によって、又はその時の体調によって吸収の速度が1~4時間と幅があります。
  • 飲んでから10mgで20~24時間、20mgで最大36時間位は作用します。
  • 1日の服用は1回とし、服用間隔は[10mg] [20mg]ともに24時間以上とすること。
  • 処方することができない方もいます。
    詳しくは → シアリスを処方できない方
  • 硝酸剤(ニトロ製剤)やβ遮断薬の一部、緑内障の治療薬の一部、が併用禁忌です。該当する薬剤を使用している方にも処方できません。
    詳しくは → シアリスの併用禁忌薬
  • あくまでED治療薬は血流改善によって勃起を補助するお薬なので、服用しても性的刺激、性的興奮がなければ勃起しません。要は服用して薬が体内に吸収されただけでは勃起はしないということです。
  • アルコールを飲み過ぎると薬が効かないことがあります。詳しくはシアリスとお酒の併用についてをご参考下さい。
  • シアリスは食事の影響を受けないと言われておりますが、それは間違いです。食事には800kclという制限がついていることを覚えておいて下さい。やはりシアリスも食前の空腹時に飲むことをお勧めいたします。
    詳しくはシアリスの食事の影響についてをご参考下さい。
  • シアリスは「顔のほてり」「目の充血」「頭痛」などはバイアグラやレビトラに比べて少ない分、効き方もマイルドです。しかし、こういった副作用は誰にでもある副作用ですので効き始めの合図くらいに思って、あまり気になされないで大丈夫です。頭痛や鼻づまりが気になる人は頭痛薬や鼻炎薬を併用しても問題ありません。
  • シアリスを長期間服用を続けることで体に抗体ができて効きに難くなるようなことはありません。ただしEDの要因になっている疾患(糖尿病、高血圧、高脂血症)や加齢が進行すれば「昔より効かなくなった」と感じることはあります。それは決してED治療薬の効力が弱くなったわけではありません。

シアリスとお酒の併用について

シアリスの発売元である日本新薬株式会社が提供しているインタビューフォーム(添付文書にはない様々な治験結果などの薬の細かな情報が掲載されている)を見てみるとアルコールと併用した時のデータが掲載されています。これには、健康な成人外国人を対象に行われたもので併用後、アルコール血中濃度、本剤の血漿中濃度のいずれも相互に影響を受けなかった。とあります。更にAUClast(0時間から最終定量可能時間までの血漿中濃度-時間曲線下面積)にも変化が無いので代謝時間にも影響がほとんど無いということです。
しかし高用量のアルコールとの併用試験では【浮動性めまい(ふらついたり、立ち眩みするめまい)】及び【起立性低血圧(立ち上がった時に意識の遠のき、ふらつき、めまいがする)】の発現の増加が認められたとあります。

このデータにより一見、お酒との併用は薬の効果に関係ないと思ってしまいがちだが決してそのようなことはありません。ほどよい飲酒程度でしたら問題ありませんが、ある一定以上お酒を飲んだ場合は脳からの神経伝達が悪くなるため性的刺激を受け難くなり勃起力が極端に低下する場合があります。そうなると薬も効かないのでお酒の飲みすぎは厳禁です。
またインタビューフォームにもあったように併用した際の「めまい」や「立ち眩み」。これはアルコールとシアリス、両方の血管拡張作用により血圧が下がることで起こる症状です。よって体調が悪い時や低血圧気味の人はお酒との併用は避けた方がよいでしょう。めまいも馬鹿にできません。人によっては転倒して頭を打ったり、失神したりするケースもあるのですからお酒との併用の際は充分気を付けて下さい。