EDとは射精障害について

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

目次※知りたい情報をクリック

射精障害とは、ED(勃起不全)と同じ性機能障害の一種です。一般的には以下のA~Dよのケースに分類されます。
「満足な性行為ができない」「パートナーに申し訳ない」「恥ずかしい」という悩みがある点はEDと共通していると言えます。EDの悩みと同様、カップルや夫婦の関係が悪化するケースもよくあり、逆行性射精や膣内射精障害に至っては妊活(子作り)にも影響を及ぼすため深刻な事態に発展してしまうこともあります。

射精障害の種類

  • A.射精時にオーガズムに達するが精子の量が少ない。または精子がほとんど出ない。
    【逆流性射精】
  • B.性行為の時に挿入前、もしくは挿入してすぐに射精してしう。
    【早漏】
  • C.性行為の時に長時間射精できない。
    【遅漏】
  • D.オナニーだと射精ができるのに性行為だと射精できない。
    【膣内射精障害】

勃起障害との違い

以下の①~⑦は男性が性交中に射精に至るまでの体内での仕組みを段階的に表したものです。
①~④までの勃起までのプロセスにおけるトラブルは勃起障害。
⑤~⑦までの射精までのプロセスにおけるトラブルは射精障害です。

  • ①性的刺激を受け脳の中枢神経が興奮。
  • ②脊髄神経を通って陰茎に伝わる。
  • ③体内では一酸化窒素が分泌され局部の細胞内に血管を拡張させるサイクリックGMPが増え海綿体の平滑筋が弛緩。
  • ④血液が通常時よりも多く海綿体へと流入し男性器が勃起する。
  • ⑤性的興奮が高まってくると精巣上体にある精子が「精管」へと送られる。
  • ⑥さらに精管の動きによって「射精管」へと入り精子は「精嚢(せいのう)」からの分泌液と混ざり合い、その後、前立腺に送られて前立腺液とも混ざり合う。
  • ⑦その後、性的興奮が頂点に達する(オーガズムに達する)と前立腺の平滑筋によって尿道へと押し出され、陰茎の先端部(外尿道口)から射精する

初診からご利用いただけます。
来院歴が無くてもOKです。

射精の仕組みは前項での⑤~⑦です。「精巣上体にある精子が精管へ運ばれる」⇒「射精管へ送られ精嚢液と前立腺液と混ざり精液に」⇒「前立腺の平滑筋により尿道を通り陰茎の先端部から放出」これが射精です。
通常は以下の図の赤い矢印の経路で精液が通り射精しますが、逆流性射精の場合は黄色い矢印の膀胱側に精液が流れてしまうためオーガズムに達し射精感はあっても放出される精液の量が少なくなったり、無射精(精液が出ない)といったことが起こるのです。

参照元⇒生殖器各部位(男性)[PDF形式:5.73MB]|厚生労働省

この現象は通常、射精の際に尿道側に精液が流れるように反射的に膀胱頸部(ぼうこうけいぶ)が閉じて精液が膀胱側への流れを防ぐのですが、膀胱頸部がしっかり閉じていないことで起こります。前立腺肥大の手術や事故等による脊髄損傷、糖尿病による末梢神経障害、薬剤の副作用が主な要因です。
射精感(オーガズム)は得られることと身体に悪影響を及ぼすものではないので基本的には治療はせず様子見となる場合が多いのですが、妊活中のご夫婦にとっては射精時に精液が出ないというのは不妊に繋がるので大きな問題となります。その場合は膀胱頸部を閉じる際に大きく関わる交感神経の作用を強める三環系抗うつ薬の投与が行われますが有効率は3割程度なので投薬では解決しないことも多く、最終的には、膀胱内の精子を採取、または精巣から精子を採取して人工授精(AIH)・体外受精(IVF)・顕微授精(ICSI)のいずれかの選択を迫られることになります。

早漏

早漏については早漏の定義でも説明させていただいている通り、国際性医学会(ISSM)では性行為時に「毎回」もしくは「ほぼ毎回」挿入前または挿入後1分以内に射精してしまうこと。とされていますが、一般的には「適正と思う挿入時間」より早期に射精してしまう場合のことと考えている人が多く、この適正と思う時間も人それぞれなので、何分以内などと時間で定義するのは難しいと考えています。

では「適正と思う挿入時間」は何分なのか?
20~79歳の日本人男性2,000人に対して日本人男性の適正と思う挿入時間に対するアンケート調査を実施したところ、一番多いのが10~15分でした。よって、性行為時に挿入後、平均して10分以上が早漏という悩みの解消の一つの指標となると考えています。

ではどのようにして10分間、維持させるか?
最も手軽でお勧めなのはコンドームを二重にしたり、分厚いコンドームを付けて物理的な刺激を少なくすることです。
またED気味になってから早漏で悩まされるようになった場合には、ED治療薬で早漏改善の可能性でも説明している通り、バイアグラ等ED治療薬の服用で改善する可能性もあります。

その他、日本では認可が下りていませんが海外の数カ国では早漏治療としてダポキセチン(Dapoxetine)を有効成分とするプリリジー(Priligy)が使用されています。
この成分はSSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)という分野の薬で国内では抗うつ薬としてパキシル(パロキセチン)、ジェイゾロフト(セルトラリン)、レクサプロ(エスシタロプラム)、デプロメール・ルボックス(フルボキサミン)が厚労省の認可を得ています。よってこれらを利用して早漏治療を行っている医療機関もあります。

遅漏

早漏とは逆に「適正と思う挿入時間」よりも大幅に長い時間、射精に至らないことをいいます。これが射精に至らないと次項の【膣内射精障害】となります。原因としては、「握りしめの強すぎたり、床に強くこすりつけるマスターベーションを続けた結果、膣内での刺激では物足りなくなる。」「手術や糖尿病、深酒等で神経の伝達が悪くなる。」「鬱病の治療薬の副作用。」「元々性行為自体に抵抗がある」「毎回、刺激の強いアダルトビデオを見てマスターベーションを行っていたがために、通常の性行為では性的興奮を抱き難くなる」等々、要因はかなり幅広いのです。
薬の副作用が要因の場合は違う薬に変更したりと対策が取れますが、それ以外だと問診で遅漏となっている原因を模索し、対処していくしかありません。つまり遅漏には特効薬は存在しないのです。

マスターベーションでは射精に至るが性行為の際に膣内だと射精ができない状態を膣内射精障害といいます。要因としては、前項の遅漏の要因と重なることが多いのですが、その中でも特に多いのが間違ったマスターベーションによるものです。
基本的なマスターベーションは利き手でペ陰茎を握り上下にピストン運動をするやり方ですが、その際に陰茎を強く握りしめ過ぎてマスターベーションを繰り返したり、うつ伏せになり床に局部を強く擦り付けるマスターベーションを繰り返したりすることに慣れてしまうと実際の性行為の際にマスターベーションの時の感覚と異なるため射精に至らなくなるのです。
当院のサイト内にてマンガでも解説しています⇒オナニーでしか射精できない「マンガで解説」

この解決策としては、まずはマスターベーションのやり方を改めることです。強く握りしめず力を抜いてピストン運動をして射精できるようにしましょう。床に擦り付けるのは完全に間違っているので基本型に戻すようにしましょう。
またオナニー自体の回数を減らしたり、実際の性行為に近付けるため、陰茎や亀頭への刺激を緩和させるためオカモトのゴクアツや相模ゴムのサガミ009ナチュラル、不二ラテックスのザ・ベストコンドーム ストロング等の分厚いタイプのコンドームを装着して行うのも効果的です。

他にはTENGAヘルスケアが発売するメンズトレーニングカップ フィニッシュトレーニングという遅漏改善器具もあります。これは、オナニー器具で有名な「TENGA」と同じ形状ですが刺激の違う5種類のTENGAを使い、段階的に使用していき挿入時に近いマイルドな刺激でも射精ができるようにする遅延、膣内射精障害専用のマスターベーショントレーニング器具です。

料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL