バイアグラバイアグラは心臓に悪いのか?

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

バイアグラに対するイメージについて調査してみると

調査概要

  • 集計期間:2019年11月18日~21日
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:日本全国の20~79歳の男性2,000人(各年齢層の対象人数は住民基本台帳の20~79歳の男性人口構成比に合わせて算出)

Q、ED治療薬「バイアグラ」のイメージについてお聞きします。以下のそれぞれの身体の部位に対して、どのような影響があると思うかお答えください。(お答えはそれぞれ1つ)

「心臓・血管・胃・腸・肝臓・胆のう・膵臓・膀胱・筋肉・骨」に対してそれぞれバイアグラの印象を「全く害は無いと思う」「害は無いと思う」「どちらとの言えない」「害があると思う」「とても害があると思う」のどれか一つを選択していただいた結果が以下のグラフになります。

調査結果では、20~79歳の男性で様々な体の部位の中でバイアグラにより害があると思っている部位は全年齢層で「心臓」が断トツの1番でした。2,000人全体では51.2%、若年層である20代30代では41.5%、40~79歳では56.1%が心臓に悪い印象を持っていることがわかりました。。
1999年のバイアグラ発売開始当時は発売前から米国より個人輸入等でバイアグラを入手し間違った飲み方により死亡例が出る等のニュースが流れていたことで皆がバイアグラは心臓に良くない印象が強かったのですが、2019年現在でもこんなに心臓に対する印象が悪いのです。

バイアグラが心臓に与える影響

上記の調査結果の通り実際に当院に来院される患者様からも「バイアグラって心臓に悪いのですよね?」と質問をいただくことが非常に多い。つまり心臓に負担をかけると思っておられる方が多いということ。しかし、それは誤解です。
もともとバイアグラは狭心症の治療薬として研究・開発されたものであり、血管を拡張して血圧を下げる薬ですので服用するだけであれば逆に心臓への負担を軽減させるお薬と言えます。よって、バイアグラが直接心臓に負担をかけることはありませんのでご安心ください。
しかし、一つだけ大事な注意点があります。それはバイアグラを服用し勃起力が上がることで、性行為の時にテンションが上がりいつもより頑張り過ぎてしまい、行為自体が激しくなることで心臓に負担をかけてしまう点です。心臓に持病をお持ちの方は、このことをよく理解して勃起力が上がったからといって自らのテンションも上がり過ぎないように心がけておくことが大事です。

バイアグラと狭心症

狭心症の方から「狭心症なのですが、バイアグラを飲んでも大丈夫ですか?」というご質問をいただきます。このご質問についてのポイントは、まず第一に“性行為自体が可能かどうか”を狭心症治療でかかられている主治医に確認することです。性行為は適度な運動をすることと同じで血圧と脈拍が上昇しますので心臓に負担がかかります。その運動が患者様の心臓に問題無いのかどうかを確認しておく必要があるということをよく理解しておいて下さい。
また、狭心症以外でも心筋梗塞や虚血性心疾患等、心血管系疾患の治療を受けられている場合も今後の治療計画において硝酸剤投与の可能性があるため主治医にバイアグラを服用してもよいかの確認をし、服用するのであればそれを必ず主治医に伝えて下さい。
では、主治医に確認し性行為可能且つバイアグラの服用可能となった場合ですが、更に注意すべき重要事項が2つございます。以下の2項目は必ずチェックしておいて下さい。

重要事項「その1」

狭心症の薬で血管拡張させ血圧を下げる効果のある硝酸イソソルビドやニトログリセリンを主成分とする硝酸剤を処方されていないかどうかです。バイアグラと硝酸剤を併用すると両剤の血管拡張作用の相乗効果で命を脅かすくらい血圧が急激に低下させ過ぎてしまう可能性があるためです。よって当院でも硝酸剤の処方を受けている患者(万が一、狭心症の発作が起こった時のために硝酸剤を所持している患者も含みます)にはバイアグラを処方していません

重要事項「その2」

万が一、性行為中に狭心症の発作が起きた時のためにパートナーに必ずバイアグラを服用していることを伝えておくことです。レビトラやシアリスを服用している場合も一緒です。これは発作が起きて救急隊が駆け付けた時に応急処置としてニトロ(硝酸剤)を投与されることを防ぐためです。発作が生じた本人は言葉を発することすらできない状況なので代わりにパートナーにバイアグラを服用していることを救急隊に伝えてもらう必要があるからです。バイアグラとニトロの併用は血圧が下がり過ぎて死に至る可能性があるので救急隊に必ず伝えることがとても重要なのです。
理由も含めて必ずパートナーに伝えることが必須ということです。

ポイント

  • 性行為ができる心臓の状態か?バイアグラを服用してもよいか?(→ 主治医に確認)
  • 硝酸剤を使用していないか?(→ 使用している場合はバイアグラ不可)
  • バイアグラは心臓に負担をかけない。
  • バイアグラで勃起力が上がることで性行為を頑張り過ぎると心臓に負担をかけることがある。

料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL