竹越院長コラムネット購入したED治療薬は偽造品だらけ!?

ED治療薬のニセモノに要注意!

正規品ED薬画像PC用
正規品ED薬画像スマホ用

ここ最近、首都圏に複数院展開しているED治療を専門とする某男性クリニックにて偽造品の可能性のある上記のような海外製のED治療薬を個人輸入をして処方しているので注意が必要だ。以下のコラムにて詳細を書いているので是非とも見てほしい。
クリニックで処方されるED治療薬にも偽物!?

バイアグラが世界に広まり薬のベストセラーになって、粗悪なニセモノが大量に製造されるようになった。製薬会社ファイザーが行った2006年の調査によれば、偽バイアグラは世界69か国で販売され、その量は本物の2.5倍にものぼるという。同年、日本で押収された偽バイアグラだけでも、その数は14万錠に達したのだ。バイアグラに続き、レビトラ、シアリスと新たなED治療薬が開発されると、同じようにニセモノがつくられ、今も世界中に流通している。

バイアグラは保険適用外の薬で自由診療になるので価格は医療機関が決めるが、日本では50mgの錠剤が1錠で1,500円程度というのが相場だ。ほかのED治療薬もおおよそ同じ価格と言っていいだろう。決して安価な薬とは言えないだけに、少しでも安く手に入れたいという人も少なくないようだ。そこに目をつけたのが、ED治療薬の偽造グループやブローカーだ。二セモノゆえに非常に低いコストで製造することができるので、本物の価格の半値ほどで売っても莫大な利ザヤを稼ぐことができ商売になるというわけである。

安価にED治療薬を入手したいと考える人がもっとも利用しているのが、インターネットの個人輸入代行業者だ。ED治療薬は曰本国内では医師の処方がなければ購入できないが、薬事法では個人で服用する薬の輸入を認めている。こうしてネット上には個人輸入の代行業者が乱立している。もしネット購入するつもりなら、ほぼニセモノを掴まされることを覚悟すべきだろう。

2009年に、バイアグラを販売するファイザー、レビトラのバイエル薬品、シアリスの日本イーライリリー、そして日本新薬の4社が合同で偽ED治療薬の調査に乗り出した。日本国内の通販サイトと、偽造薬が販売されていると報告のあったタイのサイトでそれぞれ30サイトずつ、合計60サイトでバイアグラ、レビトラ、シアリスを購入。各社が本物かどうかを鑑定し、含有成分について化学分析を行ったのだ。調査結果は予想通り、全体では55.4%が偽造だった。日本で購入した43.6%が、夕イで購入した薬は実に67.8%が二セモノだったのだ。

偽造薬の中身は千差万別だ。なかには真面目に製造しようとしたのか、バイアグラに近い成分をつくろうとシルデナフィルに似た化学式の物質を含んだ錠剤もあれば、何を入れたのかさっぱり見当もつかないような怪しげな粉を固めてつくっただけの錠剤もあった。有効成分に目を向けると、50%も正規品より多く含む錠剤がある一方で40%少ないものもある。どちらも副作用のリスクはかなり高い。安易に服用すれば健康被害を受けることになりかねない。事実、偽造薬のなかには血糖降下剤が含まれるものもあり、これをのみ続けると命を落とすこともあるのだ。

これらED治療薬のニセモノは、偽造薬最大の製造拠点といわれる中国を筆頭に、韓国、タイなどの極めて不衛生な工場でつくられている。偽造薬をつくるのに中古のセメントミキサーを使ったり、バイアグラの錠剤の青色を着けるためバケツに青のペンキを溜め、そこへできあがった偽造薬を潰け込んで染色したり、劣悪なケースでは表面のツヤを出すためにシンナーを使ったりと、驚くべき製造工程を経てニセモノはつくられているのである。前にも述べたが原材料もわからず、錠剤のなかにゴミやホコリが混入しているくらいはまだマシで、ハエの脚が入っていたケースもあるくらいだ。そして、完成した偽造薬は無造作にポリ袋に詰められ、汚い工場の隅に放置され出荷を待つというわけだ。

ただ、偽造薬は錠剤、ボトル、そして外箱に至るまでかなり精巧に模倣されているものも多いので真贋の区別がつきにくく厄介な代物だ。本物のED治療薬を見たことのない人なら、一見してニセモノとは思わないだろう。錠剤にはブランド名が本物そっくりに刻印され、ボトル、外箱も見分けがつかないくらいの出来のものもある。

筆者の患者さんが、海外旅行に行った友人からシアリスのボトルをお土産にもらったが、「どうせニセモノだから、先生のところに置いていくよ」と進呈を受けた。錠剤は本物同様のつくりで、ボトルやパッケージも一目見ただけでは二セモノとは判断できないくらいのものだった。すぐ気づいたのは、この錠剤はシアリスの「100mg」錠剤。シアリスの用量は20mgまでしかない。つまり、もともと存在しないのだ。一見よくできているようで実は穴が多いのだ。外箱も同様で、おそらく英語圏以外の国で偽造されたのだろう。製造番号を示す「LOT NO.」が「JOT.NO」と印刷されていた…。それでも、一般の人なら騙されてしまう可能性は高い。

「自分は中国や韓国からでなく、アメリカから個人輸入している代行業者から買っているから大丈夫」という人も少なくない。しかし、これまでに摘発されたアジアの偽造グループは、一度、アメリカを経由してから日本に流通させていたというケースも多い。

インターネットの個人輸入の代行業者からED治療薬を購入すれば、確かに費用は安いかもしれないが、二セモノの流通量の多さを考えれば、日本の医療機関で処方してもらったほうが結果的には安上がりになるのではなかろうか。運よく本物を入手できればいいが、もし粗悪なニセモノを掴まされれば、金銭だけでなく健康まで失うことになりかねない。