竹越院長コラムバイアグラのスポーツへの効果

バイアグラの意外な副効用 −スポーツへの効果−

そんなポテンシャルを持つバイアグラだから、その絶大な威力は、医療分野にとどまらない。血管を拡張するので、酸素の運搬能力が高まり、スポーツにおける運動能力が向上するのだ。

スポーツ

ただ、競技スポーツにおいては不公平になりかねないと、世界反ドーピング機関(WADA:World Anti-Doping Agency)により調査が行われた。

スタンフォード大学の研究によれば、バイアグラのスポーツへの効果は、高地でも海抜ゼロと同じように有酸素運動を行うことができるというものだ。標高の高い場所で行われる競技では、バイアグラを服用すれば特に有利になる可能性を指摘している。

ところが最近の研究では、バイアグラの効果が顕著に表れないと考えられていた低地でも影響が出そうだというのだ。大気汚染がひどい環境においても、高地同様の効果をバイアグラはもたらすことが証明されつつあるらしい。つまり、排ガスで空気が汚れた都会でも、バイアグラをのめば高原のきれいな空気を吸っているようなことになるのだろう。競技スポーツでは不正は許されないが、改めてバイアグラのすごさを感じずにはいられない。

2008年の北京オリンピックでは、開催地の大気汚染がひどかったこともあり、多くの選手がバイアグラを使用するのではないかとの憶測が専門家筋から流れたが、禁止薬物に指定されなかったので真相は藪の中だ。

ただ、競技ではなく純粋にスポーツを楽しみたい人には、例えばマラソンや登山の際にバイアグラをのめばより楽しむことができるのではないだろうか。