竹越昭彦院長コラムED治療薬をのむとエッチになる? 勃ちっ放しになる?

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

ED治療薬はあくまでも血管を拡張し、勃起しやすくするための薬であって、服用すれば問答無用でペニスが勃起するような薬ではない。勘違いしている人が多いが、催淫剤や媚薬の類ではないのだ。

そもそもペニスの勃起は、脳が性的興奮を感じて初めて起こるものであり、このメカニズムはED治療薬を服用しても変わらない。のんだからといって急にムラムラした気分になったり、欲情したりするような催淫剤や媚薬ではないのである。そんな勘違いをした人のなかには、ED治療薬を服用すれば、"自動的"に勃起するものと誤解している人が多い。そして、のんでも効果が表れないので(性的刺激がない状態なので当然だが)、「自分には効かない」とさらに悩んだりするケースもあるようだ。ところが、一度性的刺激を受けると効果は絶大だ。勃起して初めてED治療薬の威力を知ることになる。

「一度試してみてください。人生観が変わりますよ」
筆者は患者さんによくこう話すが、決して大袈裟ではなく、ED治療薬によって壊れかけていた夫婦仲が回復したり、諦めかけていた子供を授かったりと、本当に人生が変わった患者は少なくないのだ。

ED治療薬は催淫剤でも媚薬でもないのだが、面白いことに服用するとその気になりやすいこともある。「ED治療薬をのんだのだから、効くはずだ」「ムラムラした気分になるに違いない」という思い込みによって、本当に性欲が湧いてきたりもするのだ。思い込みの効果は、決してバカにできない。

人間は、本物の薬の代わりにニセ薬を投与すると、実際には薬の成分はのんでいないのに効果が表れることがある。これをプラセボ(偽薬)効果というが、「薬をのんだのだから、効くはずだ」という思い込みが、表れるはずのない効果をもたらすのだ。プラセボ効果の主因は暗示である。これと同様のことが、ED治療薬にはないはずの催淫効果を発現させたりもするわけだ。

また「女性にのませれば、性的に興奮してその気になるのでは」と考える男性も少なくないようだ。ED治療薬は男性の勃起を促すものだから、ある意味、二重に誤解していることになる。当然、女性にのませても媚薬のような効果は得られない。しかしプラセボ効果によって、その気になる女性がいるかもしれない。

余談だが、ED治療薬を服用すれば女性でも血液の循環はよくなる。血行がよくなることによって、膣やクリトリスの神経が過敏になり、感度が上がる可能性がなくはない。ただし、医学的・心理学的な裏づけはなく、推測の域を出ない仮説であることは付け加えておかなければならないだろう。

「ED治療薬をのむと、勃ちっ放しになるんですか?」

患者のなかには、まさに期待と不安が入り交じった面持ちでこう質問してくる人もたまにいる。

繰り返しになるが、ED治療薬はあくまで勃起を助ける薬であって、脳が性的刺激を受けてもいないのに強制的に勃起させる薬ではない。性的に興奮すれば本人が驚くほど勃起するだろうが、射精などによって興奮が収まればペニスも萎えていく。むしろ自然な勃起を促す薬と言っていいだろう。

ただ、個人差はあるものの、ED治療薬のもたらす勃起力が、かなり強力なのも事実だ。男性なら誰しも10代の頃は、ちょっとした性的刺激でペニスをカチカチにしていただろう。多くの人は、ED治療薬を服用すると、例えば50代の男性なら50代のペニスの勃起をもたらすと考えがちだが、そうではなく若い頃の力強さを取り戻せるのだ。

そして、勃起の持続力も強化される。今まで"2回戦"は無理と思っていた40代の男性でも、十分にトライできるようになるのだ。これはED治療薬服用時のペニスの萎え方とも関係する。通常、男性は射精すると、女性に比べて急速に性的興奮が冷めていき、これに呼応するようにペニスも急激に萎えていく。ところがED治療薬の服用時には、従来は射精後にアッという間に萎んでいったペニスが、ジワジワといった感じで硬さを残しながら萎えていくのだ。だから普段はある程度休憩をとってからだった"2回戦"が、間髪入れずにできたりもするわけだ。俗にいう「抜かずの2発」も可能にするポテンシャルをED治療薬は秘めているのである。

「精液の量は増えないんですか?」

勃起力と持続力を強化するED治療薬だけに期待が膨らむのだろう。筆者のクリニックを訪れる患者さんのなかには、こんな質問を寄せる男性もいる。残念ながら、ED治療薬はあくまでも勃起を促す薬だ。精子は睾丸でつくられるが、精液の量を増加させる薬剤は今のところ開発されていない。

個人の性的な嗜好は当然、自由であっていいと考えるが、彼はアメリカのポルノムービー界のスター男優であり、その射精の勢いと量から"射精王"の異名を持つピーター・ノースにでも憧れたのだろうか・・・・・・。

ED治療薬は血管に作用する薬であって、脳に働きかけるものではない。脳に作用する薬ではないから、のめば性欲が湧くこともないわけだが、これは同時に長所でもある。脳に作用する薬は徐々に耐性ができて薬が効かなくなってしまうが、何回服用しても一定の効果が期待できるからである。また、面白いほどにペニスが硬く勃起するので、SEXに限らず精神的に前向きになる男性も多い。1錠懐に忍ばせておけば、いざというときにも安心なので、お守り代わりに携帯している患者さんもいるくらいだ。「もし勃たなかったらどうしよう・・・・・・」という予期不安が心因性EDの原因になる場合があるが、器質性EDの薬のはずが、この患者にはメンタルにも好影響をもたらしていることになる。男性が勃起するには、つくづく自信や安心といった精神的要素が大事なのである。

料金表・
診療時間
オンライン
処方
アクセス
・TEL