未承認薬「フォーゼスト(FORZEST)」について

浜松町第一クリニック 竹越昭彦院長 監修

インド製シアリスジェネリック(日本国内ではインド製のコピー版シアリスという位置付け)。当院では、フォーゼストのような無承認医薬品は取り扱っておりません。

フォーゼストとは、シアリスと同じタダラフィルを有効成分とするED治療薬で、インドのテランガーナ州(Telangana)ハイデラバード(Hyderabad)のサナス・ナガー(Sanath Nagar)に拠点を置くヘテロドラッグ社(Hetero Labs Limited.)が製造販売しています。以前は以下の画像の通りランバクシー社(Ranbaxy Laboratories)の製品でしたが2014年にランバクシーはサン・ファーマに買収されたことで現在はサン・ファーマg製造し、ヘテロドラッグ社が販売しています。以下の製品画像を見てすぐにお気付きになるかとは思いますが発売元がランバクシーからサン・ファーマになったことで薬剤の色形が変わっています。変更理由等は不明ですがランバクシー製は青、サン・ファーマ製は黄色で製品の優劣はないようです。
ヘテロドラッグ社は、HIVの治療に使用される抗レトロウイルス薬の世界最大の製造会社です。従業員数21,000人以上、世界100か国以上の患者に抗レトロウイルス薬を供給しています。現在、ギリアド・サイエンシズからライセンスを取得し、Coviforというブランド名で実験的COVID-19薬剤レムデシビルのジェネリック版を発売しています。

1万円以上で送料無料。
来院歴が無くてもOKです。

大手企業の製造する医薬品であっても国内で入手するには偽物が多く混じる個人輸入を利用するしか方法が無いので止めておきましょう。2020年3月19日より当院でも厚労省から認可を得た正規のシアリスジェネリックである沢井製薬のタダラフィル錠CI「サワイ」の処方を開始しています。今後も数社から発売開始され、価格も安くなっていくことが予想されますので、服用されるのであれば国内正規品にするのが賢明です。
厚労省から認可を得た医薬品を用法用量を守って使用したのにもかかわらず重篤な副作用が生じた場合は医薬品副作用救済制度が適用され治療費の一部を補助してくれますが、個人輸入した薬は自己責任となり健康被害に遭った場合も全て自己負担となるので泣き寝入りすることになります。リスクの多い個人輸入には手を出さないようにしましょう。

以下のフォーゼストの画像は、インターネットにて、それらしいものを販売している個人輸入代行業者の通販サイトを適当に探して入手しただけなので本物なのか偽物なのかは判断できかねますことをご了承ください。

ランバクシー発売時代の旧フォーゼスト

現在のフォーゼスト

商品名:フォーゼスト(Forzest)
販売元:ヘテロドラッグ社(Hetero Labs Limited.)
製造元:Sun Pharmaceutical Industries Ltd.
主成分:タダラフィル(Tadalafil)※20mgのみ製造
剤 形:経口投与のフィルムコーティング剤
効 果:シアリスとほぼ同じとされている

フォーゼストの注意点

フォーゼストを製造している企業は有名で日本にも支社があるくらいなので問題ないと思う方もいるかもしれませんが、それは違います。インドの医療機関で処方を受ければ大丈夫かもしれませんが、個人輸入で入手するとなると話は全く別です。理由はインターネットを利用しての個人輸入は偽物が多いからです。実際に2011年にはインターネットの個人輸入代行業者の通販サイトで入手したシアリスが偽造品であったがために副作用で意識障害にまで陥るという健康被害の報告が厚労省から発表されています。
さらに2016年には国内にてED治療薬を販売する大手企業4社が合同調査を行ったところ、インターネットで個人輸入するED治療薬の35.6%が偽物であったという調査結果が発表されているのです。3回に1回は偽物という計算です。このような背景により国民の身の安全を守るため厚労省もインターネット上の様々なサイトで注意喚起を行っています。フォーゼストも国内で入手するには危険な個人輸入を利用するしか方法が無いので入手しようとすることさえ止めておくのが賢明な判断です。

併用禁忌薬(一緒に服用してはいけないお薬)

シアリスと同じで、狭心症の治療で使用される硝酸剤(ニトロ系のお薬)と慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬アデムパス錠と併用することで命にかかわる重篤な副作用が生じる可能性がありますので十分にご注意下さい。また、健康状態によりフォーゼストを服用してはいけない人もいますので、以下のシアリスを処方できない人に該当する人は服用しないようにして下さい。


料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL