バイアグラED治療における精神安定剤

ED治療における精神安定剤の活用について

精神安定剤とは、お薬の名前の通り精神を安定させる、つまりリラックスさせるお薬です。当院で処方しております精神安定剤は、緩和な精神安定剤であるマイナートランキライザーです。

性行為の時にあまりに緊張しすぎていると、性的刺激がうまく脳に伝わらず、それが原因でEDになる方がいらっしゃいます。そのような方には、この精神安定剤の服用によりバイアグラ、レビトラ、シアリスの効果をより引き出すことも可能です。パートナーのことを大事に思えば思うほど緊張がピークに達して頭の中が性行為どころではない状況になる方などには特にお勧めいたします。

またEDが原因で性行為が一度でもうまくいかなかったような経験をしてしまうと 次の機会の性行為の時に「またダメだったらどうしよう・・」という恐怖心からくる緊張により、たとえバイアグラやレビトラを服用したとしても本来の効果を体感することが出来ない場合もございます。そういう方も精神安定剤を服用することで解決できるでしょう。いずれのケースも何度か性行為がうまくいけば、自信がつき精神安定剤を服用しなくても緊張しなくなってきます。

このお薬も問診時に先生にご相談していただければ 1錠:100円(税込)にて処方できますのでお気軽に申し出てください。

※精神安定剤のみでの処方はしておりませんのでご了承ください。

精神安定剤服用についての注意事項

  • 不安・緊張・イライラなどの症状に効果のある薬です。
  • 服用後、30分くらいで効果がでてきます。
  • アルコールとの併用は作用が強く出て非常に眠くなったり、ダルさを感じたりするので避けてください。
  • アルコール自体に精神安定作用がございますので、精神安定剤を服用しなくてもアルコールが代役をはたしてくれます。
  • 薬を服用後、リラックスするのと同時に眠くなることがありますので薬を服用後、最低 6時間は車の運転や機械の操作などはしないでください。
  • 依存性のある薬ですので、毎日は服用しないでください。
  • 長期間連続して服用するとお薬の効き目が悪くなる場合もあります。
  • 一度に飲む量は医師が指示した量以上は、飲まないでください。
  • 薬は処方された本人以外は服用しないでください。他人に渡したりするのも禁止です。
  • 重症筋無力症や急性の緑内障を起こしている人には使用できません。
  • 妊娠中や授乳中の方もこのお薬の服用を避けていただいたほうがよいでしょう。