竹越昭彦院長コラム「中折れ」について

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修
中折れとは、性行為の際に勃起はするので挿入はできるものの行為中に少しずつ萎えていくタイプのEDで、厄年を過ぎる頃(41~43歳)から多く見られ、50歳になる頃には男性の6割以上が経験するEDでもあります。また挿入から射精まで行き着くため、「EDの自覚が本人にない」または、多少はEDかな?という自覚はあるものの「認めたくはない」という男性のプライドが邪魔をしてしまい対処が遅れてしまうことが多いのも特徴です。

勃起して挿入はできるものの、性行為の最中に徐々に萎えていってしまう――。いわゆる「中折れ」は、40代に入る頃から症状に表れることが多く、50代の男性では6割以上が経験するとも言われています。事実、製薬会社のファイザー社が成人男性を対象に実施した調査(2009年実施)でも、40代で6割、50代では7割、さらに70代になると8割もの男性が「中折れの経験がある」と答えています。

中折れ症状に「気づかないふり」していませんか?
症状はあっても射精には至るため、自覚がないケースも多く見受けられます。また、「これってもしかしてED…?」と薄々気づいた場合でも、男のプライドがそれを認めることを許さず、クリニックに足を運ぶまでには至らないようです。

当院における患者さんからの相談でも、最も多いのがこの中折れですが、やはり自覚がないケースが多く見受けられます。
「先生、実はEDでもないのに、行為中に萎えてしまって困っているんです……」

もちろんこれは中折れ症状でありEDなのですが、本人はそれに気づいていないのです。もしくは薄々気づいてはいるものの、それを認めたくないのでしょう。EDは克服できる疾患ですから、それを克服するためにも、まずは本人が自覚することが大切だと言えます。

ちなみに中折れは、加齢による身体的原因によって起こりますが、心因性EDの原因ともなります。途中で萎えてしまった経験が、「また次もそうなったらどうしよう……」という心理的負担につながり、心因性EDを引き起こしてしまうのです。別コラムで解説した分類で言えば、予期不安が原因となる「状況関連型の心因性ED」になります。

では、なぜ「中折れ」は起きてしまうのか。それを理解してもらうために、まずは勃起の仕組みについて解説していきましょう。以下が、勃起が起きるまでの簡単な流れとなります。

  • 性的興奮を覚える
  • 脳の命令によってペニスの陰茎動脈が緩み、ペニスに血液が流れこんで勃起する
  • 同時に、勃起を保つために陰茎動脈から血液が流出しないようにする

このように、ペニスに血液を流し込み、その血液をペニスに留めることによって、勃起を維持し続けられるようになっているのです。これが、加齢によってうまく機能しなくなり、勃起を維持するのが困難になると、中折れ症状が出てくるわけです。

ちなみに、「動脈硬化」も中折れの原因となります。人は誰しも、年をとるにつれて血管が硬くなり、血管が詰まり始めます。それが重度の状態になったのが心筋梗塞や脳梗塞ですが、ペニスの血管はとても細いため、動脈硬化の初期症状としてEDが現れてくるのです。そのため中折れは、動脈硬化進行の指標としても考えられています。つまり、中折れ症状が出始めたならば、これまで以上に健康に気遣う必要があるとも言えるでしょう。


院長 竹越 昭彦 たけこし あきひこ
略歴
  • 1966年 生まれ
  • 1991年 日本医科大学卒業
  • 1991年 日本医科大学付属病院
  • 1993~2002年 東戸塚記念病院 外科
  • 2004年10月 浜松町第一クリニック開院
料金表・
診療時間
オンライン
処方
アクセス
・TEL