テーマフィナロについて

プロペシアジェネリックのフィナロについて
プロペシアジェネリックのフィナロについて

フィナロとは

インド製プロペシアジェネリック(プロペシアの国際特許が切れるかなり前から製造販売されているので正式にはインド製のコピー版プロペシアという位置付け)

フィナロとは、インドのグジャラート州(Gujarat)のアフマダーバード(Ahmedabad)に拠点を置くインタス社(Intas Pharmaceuticals Limited)が製造販売するプロペシアと同じフィナステリドを有効成分とするAGA治療薬です。INTAS社は腫瘍(がん)、リウマチ、自己免疫、腎臓、眼科及び血漿由来製品に基づく慢性疾患領域での研究開発を中心に全世界70カ国以上で販売実績があり2013年には売上高は約650億円でインド国内では12番手の製薬会社に成長しています。またインタスグループはすでに米国やオーストラリアの製薬会社とも提携し、今後は世界市場での展開拡大に向けて他の国々の企業とも手を組む方針のようです。
次に何故、インド国内では、このフィナロをはじめ様々な特許満了を迎えていない医薬品の後発品が製造販売されているのかを疑問に持つ方が多くいらっしゃいますが、ここについてはフィンペシアページの「どうしてインドでは国際特許が切れていないのにジェネリックが存在するのか?」をご覧下さい。
このフィナロもフィンペシアほど知名度や人気はないのですが、インターネットにて個人輸入代行業者を利用して簡単に入手できる上、安いので服用している人は多くいます。AGA治療でフィナステリドを使用する場合は毎日毎日1錠ずつ服用しなくはならないので年間で365錠必要。国内のプロペシアは相場が1錠250円ですから1年間で91,250円もの費用がかかります。これに対してフィンペシアだと1錠25〜32円ですから9,125円〜11,680円。フィナロは1錠18〜21円なので年間でもわずか6,570円〜7,665円で済んでしまうのです。これだけ値段に差があると仕方の無いことなのですが、インターネットを利用しての個人輸入ではフィナロ、フィンペシアの偽物も多く出回っていることから十分留意しておいて下さい。

国内でついにプロペシアのジェネリックが登場

ついに国内でも日本の厚労省の認可を得たプロペシアのジェネリックが登場しました。しかも製造販売元は大手企業のファイザー株式会社です。現在のプロペシアの価格よりも安くなったことで、多くの人がMSDのプロペシアからファイザーのペロペシアに乗り換えています。よって今後MSDのプロペシアも価格が下がる可能性もありますし、第2第3のプロペシアジェネリックが登場する可能性がございますので定期的に以下のページをチェックしてみて下さい。
詳しくは→プロペシアのジェネリック医薬品について

フィナロ:箱フィナロ:シートフィナロ:箱&シートフィナロ:説明書&シート

商品名:フィナロ(finalo)
製造元:インタス社(Intas Pharmaceuticals Limited)
主成分:フィナステリド
効 果:プロペシアとほぼ同じ

フィナロの効果効能

フィナロの有効成分はプロペシア、フィンペシアと同じフィナステリドですので効果効能や作用機序は全く同じです。
AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成に必要な5α還元酵素をフィナステリドは阻害することでDHTの生成を抑制しヘアサイクルの中の成長期の期間を延長させます。そうすることで髪の毛が抜けるのを防ぎ、毛も太くなり、休止期にある毛根が減るので全体的に髪の毛が多くなっていくという作用機序です。ここで注意しておきたいのは既に消失してしまった毛乳頭を再生して髪の毛を生やす効果まではフィナステリドにはないという点です。休止期にある毛根からは毛が生えるが既に消失してしまった毛根からは生えないという認識をしっかり持って服用を始めるのが良いと思います。服用すれば必ず毛が増えるという過度の期待をしすぎず効いても現状維持程度と思っていたほうが良いかと思います。20歳〜50歳の心身ともに健康な男性を対象にした試験では3年間の服用で98%の人に現状維持以上の効果があったというMSDのデータもございます。以下がMSDの試験データになりますので参考にしてみてください。

フィナロ服用における注意点

フィナロ説明書本物であればフィナロの注意点はプロペシアと全く同じです。個人輸入での入手は偽物も多く出回っているのでお勧めはできません。

詳しくはプロペシアのページにある「プロペシアの使用上の注意点」をご覧下さい。