竹越昭彦院長コラムED治療薬と併用してはいけない薬

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

以前の記事でも解説した通り、バイアグラは"特定の薬"と併用しなければ死に至る危険性はありません。その薬とは、ニトログリセリン系の薬。これらとバイアグラを併用することは自殺行為であり、実際に日本でも併用による死亡事故が起きています。

では、どうして命を脅かすような事態にまで陥ってしまうのでしょうか。その要因のひとつに、ニトログリセリン系の薬とED治療薬の効果が被っていることが挙げられます。ニトログリセリン系の薬は狭心症や心筋梗塞の治療に使われ、バイアグラ同様に血管を拡張し、血流を促す効果があります。つまり、これらを併用するとその効果がダブルで身体に働いてしまうのです。結果、急激に血圧が下がり、命に危険が及ぶことになります。

より正確に言えば、ニトログリセンなどの「硝酸剤」が併用NGです。硝酸剤は飲み薬だけに限らず、貼り薬、吸入薬、注射、塗り薬、スプレーなどに含まれていることもあるので十分注意しましょう。また、重度の不整脈の方に処方されるアンカロン錠やアミオダロン塩酸塩錠もED治療薬との併用は絶対NGです。

ほかにも、併用することでED治療薬の効果が薄れてしまう薬もあります。たとえば、うつ病治療薬のスルピリド(商品名ドグマチール)は、併用によってED治療薬の効果が薄れるので同時に使用しない方がよいでしょう。また、高血圧の薬にも勃起力を低下させる作用があり、これもED治療薬の効果を薄めてしまう可能性があります。

そしてどんな薬でもそうですが、決められた容量を超えての飲みすぎは絶対にNGです。2009年には、バイアグラの大量摂取によって死亡事故も起きています。28歳のロシア人男性が、2人の女性と「12時間、絶え間なくSEXをし続けられるかどうか」という賭けを行い、短時間に大量のバイアグラを摂取。彼は賭けには勝ったものの、その後心臓発作で死亡してしまいました。

そもそもバイアグラを飲むことで得られる「血管を拡張する効果」はペニスに限ったものではありません。大量に摂取すれば身体中の血管が異常をきたし、血圧が急激に下がることなどによって、心臓や内臓に大きなダメージが及ぶことになります。結果、くだんのロシア人男性のように、死に至ることもあるのです。

世界中で多くの男性に愛用されているED治療薬ですが、その使用法には十分な注意が必要です。必ず専門医に相談のうえ、決められた範囲で使用するようにしましょう。なお、そもそも緊張などのメンタル的要因のEDにはED治療薬が効かないこともあります。ED治療薬とは、心因性ではなく器質性EDのための薬だからです。この点も勘違いしないようにしてほしいと思います。

院長 竹越 昭彦 たけこし あきひこ
略歴
  • 1966年 生まれ
  • 1991年 日本医科大学卒業
  • 1991年 日本医科大学付属病院
  • 1993~2002年 東戸塚記念病院 外科
  • 2004年10月 浜松町第一クリニック開院
料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL