レビトラサビトラについて

サビトラとは

サビトラ(savitra)は、レビトラと同じくバルデナフィルを主成分とするED治療薬です。製造しているのはインドのグジャラート州(Gujarat)スレンドラナガー(Surendranagar)に製造工場を持ち、マハーラーシュトラ州(Maharashtra)プネー(Pune)、 ビマン・ナガー(Viman Nagar)に拠点を置く製薬会社、サバ・メディカ社(Sava Medica Limited.)という製薬会社です。
2003年に設立したばかりの会社で呼吸器、心臓血管、糖尿病、泌尿器、消化器、抗インフルエンザ、鎮痛剤等々のお薬や動物に使用するお薬やペットケア用品なども手掛けています。またED治療薬ではサビトラの他にバイアグラの成分シルデナフィルを使用した「SILJOY -100」やシアリスの主成分タダラフィルを使用した「EXILAR-20」「EXILAR CT」、早漏帽子効果のあるDapoxetine(ダポキセチン 選択的セロトニン再取り込み阻害薬[SSRI])とED薬との配合剤として「SILJOY MAX TABLETS」「SAVITRA MAX TABLETS」「EXILAR MAX TABLET」なども製造販売しています。

サバ・メディカ社のサビトラ20製品画像

商品名:サビトラ20(savitra20)
製造元:サバ・メディカ社(Sava Medica Limited.)
主成分:バルデナフィル(Vardenafil)※20mgのみ製造
剤 形:経口投与のフィルムコーティング剤
効 果:レビトラ20mgとほぼ同じ

サビトラの特徴や服用の注意点

サビトラが本物であれば服用の特徴はレビトラと同じで、水に溶けやすい性質上、即効性があり服用後30~40分くらいで効き始めてくる点、またバイアグラよりも食事の影響を受けにくいのも特徴の一つです。服用における注意点もレビトラ同様「性行為の1時間前に水またはぬるま湯で服用」「1日の最大投与量は20mgまで」「食後すぐの服用は効果が出にくい」「食事の影響は受けにくいとは言っても脂質の多い食べ物だと効果が出にくい」「空腹時に服用して30分経過すれば食事をしても影響がない」「お酒を飲みすぎても効果が出ないのでサビトラ服用時は飲酒は控えめにする」といったところです。

サビトラの危険性

サビトラはインド国内ではインド共和国中央医薬品基準管理機構(CDSCO)の承認を得たお薬ですが日本国内にて、サビトラを入手するには偽造品、模造品を掴まされる危険性のある個人輸入に頼るしか方法がありません。このページにて色々とサビトラの紹介はさせていただいておりますが、国内にて手に入れたサビトラは例え医療機関からの処方であっても服用しない方が賢明です。処方されたお薬が個人輸入をしたED治療薬かどうかを判別するのは簡単です。レビトラは未だ日本国内では特許が残っているため「レビトラのジェネリック」を処方している時点で個人輸入ものであることは間違いありません。よって病院に行く前にレビトラのジェネリックの処方を受けられるかどうか問い合わせてみて取り扱っているようであれば、そのような病院は避けることができます。
以下に安心して処方を受けられる病院の選び方について詳しく解説させていただいておりますので是非とも見て下さい。

サビトラの副作用について

副作用についてもサバ・メディカ社製の本物であればレビトラとほとんど同じです。ただし、日本国内の医薬品医療機器等法に基づいて品質、有効性及び安全性の確認がなされていないことから、品質については日本国内と同じレベルで確認がなされていない可能性もあり、期待する効果が得られなかったり、人体に悪影響を及ぼす成分が含まれている可能性も否定できないため、レビトラの副作用とは異なった副作用を発症する可能性もあることをご理解下さい。

サビトラの禁忌

以下、サバ・メディカ社のホームページより引用しています。併用禁忌薬はレビトラ併用禁忌薬ほど多くは無いのですが、以下の「レビトラの併用禁忌」を順守することをおすすめ致します。

  • 過敏症、中程度および重度の肝機能障害、重大な病理学的心臓病(NYHAクラスII-IV)、伝導異常(2次または3次AVブロックまたは洞洞症候群) 、虚血性心疾患または弁膜疾患
  • 成人男性(18歳以上)のみに処方、17歳以下は服用しないでください。
  • 硝酸塩医薬品またはアルコールを服用している人は使用しないでください
  • 心臓血管疾患、腎障害、肝機能障害および泌尿器疾患の病歴のある人にはお勧めできません
  • 勃起が4時間以上持続し、勃起(長時間の勃起が6時間以上)を経験した場合は、すぐに医師に相談
  • 狭心症の薬である硝酸剤あるいは一酸化窒素 (NO) 供与剤 (ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド等) を使用してる人
  • 制御不能な不整脈、低血圧(<90/50 mmHg)、または制御されない高血圧の患者
  • 過去6ヶ月以内に脳卒中、心筋梗塞を有する患者
  • 一方の眼の視力を失っている患者
  • サビトラの有効成分であるバルデナフィルでアレルギーの既往歴のある人