テーマフィンペシアについて

プロペシアジェネリックのフィンペシアについて
プロペシアジェネリックのフィンペシアについて

フィンペシアとは

インド製プロペシアジェネリック(プロペシアは未だ国際特許が有効なので正式にはインド製のコピー版プロペシアという位置付け)

フィンペシアとは、インドのマハラーシュトラ州のムンバイに拠点を置くシプラ社(Cipla Limited)が製造販売するプロペシアと同じフィナステリドを有効成分とするAGA治療薬です。ちなみに、このシプラ社は1935年に設立され、数多くの剤形製造技術を持っています。これまで「抗生物質」「抗がん剤」「HIV治療薬」を中心に1,500種類以上の治療薬を150カ国以上で販売。現在では売上高1,700億円(2012年〜2013年)、従業員20,000人を抱えるインド国内でも3〜4番手の大きな製薬会社です。

さて、フィンペシアについてですが、皆さんが不思議に思われるのは「プロペシアの特許満了を迎えていないのに、なぜインドでは同じ有効成分、同じ効能の薬剤のジェネリックが発売されているのか?」という点かと存じます。ここについてはページ下部の「どうしてインドでは国際特許が切れていないのにジェネリックが存在するのか?」をご覧下さい。
このフィンペシア、実は日本国内では非常に多くの人がインターネットなどで個人輸入業者を介して入手して服用している人が多いのです。なぜかというと、国内の医療機関でプロペシアの処方を受けると1錠あたり250円程度の費用がかかるのですが、個人輸入だと1錠25〜32円くらいまでコストが抑えられるからです。なんと10分の1程度まで安くなるので、個人輸入は危険であるとわかっていたとしても試したくなる人が後をたたないのは頷けます。
しかし、フィンペシアは正規ルートは一切存在しないため国内にて流通しているフィンペシアはシプラ社が製造したものではないもの、つまり偽物も非常に多いので個人輸入はもちろんのことクリニックからの処方であっても危険です。最近では関東厚生局へ薬監証明を発給してもらっていることで偽物ではなく、安全であるように見せかけている悪徳クリニックもあるようですが薬監証明自体は正規品である証明でも何でもありませんのでご注意下さい。
国内では、ファイザーをはじめ沢井製薬、東和薬品も厚労省から認可を得たプロペシアのジェネリックが発売開始され一昔前の40%オフくらいで処方を受けられるようになりました。非正規品のフィンペシアではなく厚労省から認可を得たプロペシアジェネリックを服用するようにしましょう。
詳しくは→プロペシアのジェネリック医薬品について
先発品であるプロペシアよりも価格は下がったことで、今までプロペシアを医療機関で処方を受けている人はファイザーのジェネリックに切り替える人が多くなり、個人輸入でプロペシアを購入してきた人も受診される人が徐々に増えてきています。

フィンペシア:箱フィンペシア:シートフィンペシア:箱(30錠)フィンペシア:箱(100錠)

商品名:フィンペシア(finpecia)
製造元:シプラ社(Cipla Limited)
主成分:フィナステリド
効 果:プロペシアとほぼ同じ

フィンペシアの効果・効能

フィンペシアがインド国内正規品の本物であれば基本的にはプロペシアの作用機序と同じです。AGAを引き起こす原因であるジヒドロテストステロン。これはテストステロンが5α還元酵素によって変換された物質です。つまり5α還元酵素が無くなればジヒドロテストステロンは生まれません。フィンペシアに含有しているフィナステリドは5α還元酵素阻害作用があるのでAGAに効果があります。プロペシアと全く同じです。
効果発現はプロペシア同様に最低でも3ヶ月〜6ヶ月はかかるので、根気が必要です。半年位で服用を止めてしまう人も多いですが、これでは勿体無いです。服用を始めるのであれば1年間は毎日服用を続けるくらいの覚悟があった方が良いでしょう。しかしながら過度の期待は禁物です。1年服用して髪の毛が増えたという改善(著名改善、中等度改善)は10%程度、ほとんどは効果があっても現状維持程度の効果です。ただし、2年3年と飲み続けることで著名改善または中等度改善した方が合計40%を超えるというデータも、プロペシア発売元であるMSDが公開しています。「過度の期待はせず根気よく飲む」という服用する側にとっては何とももどかしいお薬であることは確かです。

フィンペシア服用における注意点

本物であれば先発品のプロペシアと全く同じです。個人輸入での入手は偽物も多く出回っているので要注意です

  • 毎日1錠服用する。基本的に水でもジュースでも何で飲んでも問題なし。
  • 女性や子供は服用してはいけない。子供の手が届かない場所に保管するのが望ましい。
  • 服用を止めて1ヶ月経過しないと献血ができない。
  • 服用中はPSAの値を下げるので、前立腺がんの検査を受ける際は必ず担当医にフィナステリドを飲んでいると伝えること。
  • 服用を開始して効果が出るまでには半年はかかる。
  • 効果が確認できても服用を止めたらAGAは進行する。
  • 割って飲んではいけない。
  • 20歳以上しか安全性は認められていないので未成年は服用しないこと。
  • 国内にてフィンペシアを入手するには偽物を掴まされる可能性のある個人輸入しか方法はありません。万が一重篤な副作用があっても医薬品副作用被害救済制度という公的制度も利用できないのでお勧めはできません。
  • 個人輸入だとミノキシジルタブレットとの併用を考える人も多いが、服用するタイプのミノキシジルは安全性が確立されていないのでお勧めはできない。FDAでも日本の厚労省でも不認可です。リアップやロゲインなどのミノキシジルを含む外用薬は日米共に認可が下りています。

どうしてインドでは国際特許が切れていないのにジェネリックが存在するのか?

フィンペシアインド国内では2005年まで物質特許が定められていなかったので、国際特許が残っている医薬品でも2005年以前から製造販売されていた薬に関しては特許保有メーカーに少しお金を支払えば合法的に発売が可能であることが理由の一つとしてあげられます。
しかし一番の理由は、国際的には非合法とも取れるインド製のジェネリックが、実は発展途上国にとっては必要不可欠だからなのです。【国境なき医師団】というのを聞いたことがある人も多いかと思います。紛争や自然災害の被害者や貧困の多い国にて、病気になっても治療費が支払えず満足に治療も受けられない人のために治療活動をしている非営利団体です。発展途上国で問題になっているHIVも【国境なき医師団】にとっては治療の対象です。しかし、この治療薬を先進国と同じ製薬メーカーのものを使用すると、何しろ高額すぎて非営利団体の財政ではとても賄いきれません。よってインドのジェネリックに頼らざるを得ないのです。HIV治療薬に限らず他の抗生物質など一般的な医薬品なども、【国境なき医師団】が使用する薬のほとんどはインドのジェネリックという状況です。よって、インドで物質特許が認められた2005年以降に製造販売されたジェネリックに関しても、慈善事業が絡んでいるのと、地元インド国内の製薬会社からの反発も大きいため、先発メーカーが泣き寝入りするしかない状況は今でも続いているのです。

フィンペシアで使用されているキノリンイエローは体に害があるのか?

フィンペシアはコーティング剤に黄色203号(キノリンイエローWS)というタール色素が使用されていて、これが体に害を及ぼすどころか発がん性物質であるという噂が流れています。欧州では2008年に子供の注意欠陥や多動性障害の症状が増加するとして、食品添加物にキノリンイエローを含む6種類の合成着色料を自主規制対象としたことも噂が広まるのを後押したのではないでしょうか?しかし実際には、フィンペシアのように毎日服用するお薬でもコーティング剤として極微量の場合は問題ないとされています。日本国内でも使用量に制限があるようですが、厚労省も医薬品等に使用することができるタール色素の中にキノリンイエローを認めています。以下の「医薬品等に使用することができるタール色素を定める省令(厚生省令第三十号)」を参考にして下さい。第二部の「34」にあります。
しかしながら、フィンペシアは毎日服用するお薬であるので、ここまで噂が広まるとシプラ社としては売上に左右すると判断してか、今現在流通しているものはすべて箱に以下の画像のように「Quinoline Yellow Free」の表記があり、キノリンイエローは使用していないそうなので安心して下さい。

キノリンイエアローフリーの表記
キノリンイエアローフリーの表記