ED(勃起不全)の様々な治療方法

浜松町第一クリニック 竹越昭彦院長 監修

「ひょっとしたらEDかも??」と思ったら、なるべく早めに対策を考えるようにしましょう。理由はセックスに不安を抱くことで行為自体を敬遠してセックスレスになってしまったり、中折れするとパートナーに「私に魅力がないから?」「愛されていない?」と勝手にネガティブな連想をされてしまい不安を抱かせてしまったり、失敗を繰り返すことでそれがトラウマになって「また中折れしたらどうしよう?」と負のスパイラルに陥ってしまったりと、EDを放置しておくと徐々にではありますが、厄介な状況になることが多いからです。放置することでメンタル的な要素も影響してさらに心因性EDを併発してしまうこともあります。


最近では、当院のような男性専門のクリニックも増えて、土日祝も診療していることが多いので、まずはお近くのクリニックの HP を確かめてみてください。ED治療を専門にした医院では、ドクターや受付スタッフも全員男性で、相談し易い雰囲気にしてくれます

問診の内容は、ズボンを脱ぐなんてことはなく、医師が直接、EDの進行具合を問診で把握し、ED治療薬を使用しても問題ないかの確認やED治療薬の服用方法などの重要なことはしっかり説明してくれます。

オンラインで相談

最近ではオンラインで相談できる医療機関も増えてきています。当院でも電話で問診してED治療薬を郵送する「オンライン処方」も行っていますので興味のある方は以下をご参照下さい。(※現在は来院歴の無い初診の方も受け付けております)

1万円以上で送料無料。
来院歴が無くてもOKです。

EDの解決策として一番のお勧めは、やはりED治療薬の服用です。日本の厚生労働省にてED治療薬として認可されている成分は、シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)の3種類です。いずれも有効性は高く、重篤な副作用もないことが分かっています。
ただし、狭心症や心筋梗塞の治療などで硝酸薬や NO 供与薬を使用している場合は、服用出来ないこともありますので、常用薬がある場合や既往歴は必ず医師に申告し、問題ないか必ず確認してもらいましょう。

主に使用できない人は・・・

  • 硝酸剤あるいはニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどを投与中の方。
  • 重度の肝機能障害のある方。

ED治療薬には飲み合わせの悪いお薬があるので、ご病気などで常用している薬がある場合、必ず薬剤名が分かるようにして受診してください。

新型コロナワクチンとの併用

基本的に併用は問題ありませんが「ワクチン接種による副反応なのか」「ED・AGA薬の副作用なのか」を判別できない状況にならないようにするのが大事です。よって、ワクチン接種後の副反応による体調の変化が現れる可能性を考慮して接種当日と翌日は服用はしないようにしましょう。また、ED治療薬を初めて服用する人は接種2日前から服用しないでください。


陰茎締めつけリングとは、勃起補助器具のひとつです。
「コックリング」「ペニスリング」とも呼ばれ、シリコンやゴムなどでできたリングを以下の画像のようにペニスの根元に装着することで海綿体に流れ込んだ血液の流出を防ぎ、中折れを防止して勃起状態を維持できます。
使用の際は陰毛や包皮がリングに引っ張られるのでローションを使用すと良いようです。注意すべき点は、装着しても30分以内にしておくことです。長時間使用すると海綿体の組織が破壊され壊死する危険があります。非常に危険なのはリングを装着したまま眠ってしまうことです。よって、お酒に酔っていたり睡眠薬を服用している時は使用を控えて下さい。

抗凝固療法施行中(ワーファリン等の抗血栓薬投薬中など)や出血傾向・出血性疾患の患者は使用禁忌です。

空気圧を利用し、ペニスの海綿体に血液を送り込む「陰圧式勃起補助器具」というものもあります。画像は「VCD式カンキ」ですが、製造元である株式会社武井医科光器製作所は既に生産を終了しています。他に厚労省から認可を受けたベトコ、リテントという陰圧式の器具もあるようですが、調べても販売ルートが見付かりません。
よって入手するとすれば大手通販Amazon等で厚労省未認可のものを購入するしかない状況です。「ペニスポンプ」で検索すると類似品を容易に探し出せます。
しかし、陰圧式勃起補助器具に関しては厚労省より医療用具として製造(輸入)承認及び許可を受けるよう通達が出されているので、その内、Amzzonでも購入できなくなる可能性はありそうです。

使い方

  1. 陰茎の根元とシリンダー挿入口、締め付けリングにローションを塗る
  2. 陰茎をシリンダーにゆっくり奥まで挿入する(空気が漏れないように、シリンダーを体側へしっかり押し付ける)
  3. 手動のポンプによってシリンダー内の圧力を下げ、海綿体に血液を集めて勃起を促す(約10分)
  4. ペニスの根元にリングを装着し、血液の流出を防いで勃起を維持する

このような流れで勃起を補助する方法です。一見すると複雑に見えますが、その取り扱いはとても簡単。患者さん自身で実践可能です。また、血管に異常さえなければ誰でも勃起可能であり、神経系の切断、ED治療薬を服用できないといった方にも有効な手段となります。一方で、リングの締め付けによって勃起を維持する方法のため、陰茎締めつけリング同様、使用時間は30分以内と長時間の使用が難しいという難点もあります。

抗凝固療法施行中(ワーファリン等の抗血栓薬投薬中など)や出血傾向・出血性疾患の患者は使用禁忌です。

参照 ED診療ガイドライン 2012年版|陰圧式勃起補助具

陰茎海綿体注射は、1986年に東邦大学石井教授が世界で始めて発表されたED治療方法です。1998年にバイアグラが発売される前は、欧米で最もメジャーなED治療法だったのが「陰茎海綿体注射」です。
その名の通り、勃起を促すためにプロスタグランジンE1製剤であるアルプロスタジルという薬剤を左右いずれかの陰茎海綿体に直接注射します。注射後10分以内には完全に勃起、約1時間ものあいだ効果が持続するという効果の高い方法です。

日本で普及しなかった理由は、医師法によって患者の自己注射が禁じられているからでしょう。薬剤を注射するには医療機関に行かねばならず、注射後すぐにSEXできないことがハードルとなっていたのです。しかし、最近は自己注射ができるよう、初回に医師が注射の打ち方を指導し、効果判定や副作用の有無等を確認をして問題なければ、画像のようなペン型の注入器を購入でき持ち帰れる医療機関も増えてきています。

注意点として性的刺激とは無関係に強制的に勃起させる方法のため、射精時の快感が薄いことが考えられます。また、国内では厚労省の認可を得ていない治療法でもあり、副作用で、射精後も勃起状態が続き、海綿体に血液が留まり続ける持続勃起症となり海綿体の組織が破壊されるリスクにも留意しなければなりません。よって、性機能学会から認定された性機能専門医が在籍していて、尚且つ持続勃起症等の副作用にも対応可能な病院を選ぶことが大事です。

※当院でも性機能専門医が在籍しておりますが副作用等のフォローに不安があるためICI療法は行っておりません。

なお、陰茎海綿体注射(ICI療法)についての詳細は、こちらも参考にしてください。

カバージェクトとは

国内では未承認ですが米国ではファイザー社が販売するカバージェクト(Caverject)という陰茎海綿体に直接注射するED治療用の注射薬があります。有効成分はICI治療と同じくアルプロスタジルです。注射器に薬剤が既に入っていて注射針もセットするだけ、消毒用の酒精綿も入っているオールインワン仕様。国内では販売されていないのが残念です。以下は使用方法の動画です。

薬剤や補助器具ではなく、外科手術によってペニスにシリコン製の支柱を埋め込み、人工的に勃起状態をつくり出すのが「陰茎プロステーシス」です。手術が必要なため、その費用は高価ではありますが、確実に勃起状態をつくり出すことができます。

ペニスに埋め込むシリコン製の支柱にはインフレ―ダブル型とノン・インフレ―ダブル型があります。(インフレ―ダブル=膨らませる)
ノン・インフレ―ダブル型であれば日帰り手術で費用が合計で100万円弱ですがインフレ―ダブル型の場合、ペニスを膨張させる仕組みを整えるためには、以下のような大がかりな手術が必要となります。

  • 勃起させるシリンダーを海綿体に埋め込む
  • 膀胱近くに、シリンダーを膨張させる水を入れるタンクを埋め込む
  • 陰嚢にポンプと弁を仕込む
  • 手術は入院で費用は350万円
参照 陰茎プロステーシス|東邦大学医療センター大森病院

東邦大学医療センター大森病院によると86%の患者が手術をして良かった、96%のパートナーが満足という結果ですので、満足度は高い治療ではあります。
デメリットとしては費用の高額さ、感染症のリスク(感染した場合は再手術)、誤操作での不意の勃起、一度手術したら陰圧式勃起補助器具陰茎海綿体注射(ICI療法)は不可能となるなどです。
ペニスを勃起させる際は、陰嚢のポンプを数回プッシュしてタンクの水をシリンダーみ移動させることでペニスが膨張して勃起した状態を再現させます。そして行為が終わったら、陰嚢の弁推し続けることでシリンダーの液がタンクに戻り、ペニスを元の状態に戻すわけです。こうして疑似的に勃起状態をつくり出すため、本人の快感が向上することはなく、パートナーの女性を満足させるための方法だとも言えるでしょう。
以下はインフレ―ダブルの使用方法の動画です。

薬剤師のいる薬局・薬店で購入可能な第一類医薬品の精力剤で効果効能に精力減退、勃起力不全、男性機能低下などが明記されているものとしては代表的なものに外用の塗布剤であるヴィタリス製薬株式会社のオットピンと、摩耶堂製薬株式会社の金蛇精という糖衣錠があります。
いずれも男性ホルモン分泌不足からくる更年期障害に起因する勃起不全の解消に効果が期待できる医薬品です。メチルテストステロン(男性ホルモン)を含有しているので男性ホルモンを体内に補充することで更年期障害を緩和させる作用があります。

処方箋医薬品の中でもメチルテストステロンを有効成分としているものとして、あすか製薬のエナルモンデポー筋注125mg/250mgというテストステロン製剤があります。効果効能は男子性腺機能不全(類宦官症)、造精機能障害による男子不妊症です。

EDとなる原因は、加齢は当然ながら特に多いのが生活習慣によるものが多いのです。ED治療薬とICI治療は、驚くほど効果が出ますが、その効果は一時的でED自体が完全に治るというものではないのです。だから、EDになってしまったその原因をつきつめ、原因の解消に努めることも大切なのです。

食事や運動から改善

精力が衰える原因として、「必要な栄養素が足りていない」ことや「運動不足」も考えられます。EDを改善するためにも、時間はかかりますが、根本から身体の基盤をつくっていくことが最も大切なのかもしれませんね。


スローセックス(セックスの工夫)

EDになりがちで、セックスがうまくいかない時は、セックスに工夫を加えてみましょう。
中でも、射精を目的としない「スローセックス」でじっくりと愛を育む方法はおススメですよ!50歳を過ぎ、ガツガツいくよりもゆっくり愛し合いたい、という方の中で密に人気を集めている方法です。また、アダルトグッズを試したりムードを変えたりしながら、セックス自体に工夫を加えることでED解消につながるはずです。

料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL