ED治療薬のその他の効果や作用

浜松町第一クリニック 竹越昭彦院長 監修

バイアグラ、レビトラ、シアリスなどのED治療薬は、男性が服用することによって、いずれも体の血管を拡張させ、全身の血液の巡りを良くし、特に海綿体の血管を拡げることによって勃起を補助する薬剤です。脳の性欲中枢に働きかける催淫剤や、性欲増進剤ではありません。ですから、ED治療薬は、タバコのニコチンやお酒のアルコールの様に、依存性、中毒性、耐性、妊娠への心配は全くなく、ニトログリセリンとの併用を除いては極めて安全な薬剤です。ED治療薬の元祖、バイアグラは従来ニトログリセリンに取って代わる狭心症、心筋梗塞の予防薬を開発中にたまたま勃起という副作用が発見されたことで生まれた薬剤です。

これは、よくある質問ですが、女性にどう作用するのか? ということですが、男性のみならず、女性が服用した場合でも、顔や体の火照り、つまり、全身の血液の巡りが良くなります。女性には、陰茎海綿体と尿道海綿体が無いので、勃起という効果はありえません。しかし、女性がバイアグラを服用した場合、血液循環が良くなるので、女性器(膣、クリトリス等)の神経が過敏になり、感度が上がる可能性はあります。ただし、この作用はあくまで、医学的、心理学的証明の裏付けがないので、推測の域を出ていません。もちろん、男性同様、ニトログリセリンを服用中の女性が万一、バイアグラを服用すれば、血圧の急激低下による、重篤な副作用はまぬがれません。

※2015年8月18日に女性用バイアグラが米FDAで承認されました。これは女性のHSDD(性的欲求低下障害)を改善する薬剤で同年10月17日に発売開始予定とのことです。詳しくは以下をご覧ください。
「ADDYI(アディ)」がアメリカFDAで承認

※更に2019年6月に新たにブレメラノチド(商標名Vyleesi)というHSDD治療薬がFDAによって承認されています。
「Vyleesi(バイリーシ)」がアメリカFDAで承認

現在バイアグラとシアリスは、肺動脈性肺高血圧症という、現代医学では根治治療は心肺同時移植手術だけ、という難病の延命効果に実際に医療現場で使用されています。バイアグラの主成分であるシルデナフィル20mg含有の薬品が「レバチオ」、シアリスの主成分であるタダラフィル20mg含有の薬品が「アドシルカ」という薬品名にて製品化され、希少疾病用医薬品となっています。
肺動脈性肺高血圧症とは、原因不明で、肺の血管が硬くなり収縮していまい、最終的には酸素を取り込めなくなってしまう疾患です。バイアグラ(一般名、クエン酸シルデナフィル)、シアリス(一般名、タダラフィル)を服用することによって、肺の血管を拡張し、酸素の取り込みを増加させて、呼吸を少しでも楽にする効果が認められているためです。

現在、バイアグラと同成分であるレバチオは20017年9月27日に錠剤以外に「レバチオODフィルム20mg」「レバチオ懸濁用ドライシロップ900mg」の厚労省より製造販売承認を取得し、2018年1月29日より発売開始されています。小児に対する用法・用量の追加のため小児でも使用しやすい製剤を新たに開発したものと思われます。レバチオODフィルムと製品名と成分容量だけ違うだけで中身は全く同一であるバイアグラODフィルムは2016年10月に発売開始されています。

他の薬剤、レビトラ(一般名、塩酸バルデナフィル水和物)では、まだ、この効果は研究中で臨床的にまだ証明されていません。つまり、健康な人にバイアグラが作用している間は、肺から体への酸素取り込み量が増大するわけですから、性行為中では、いつもより息切れしないで頑張れるどころか、マラソンなどでは、ドーピングの禁止薬物に指定されていなければ、自己ベストタイムを狙える可能性がありますし、登山などでも、酸素量の少ない高地で酸素取り込み効果を期待できると思われます。

さらに、2007年5月22日の英国のBBCニュースでは、アルゼンチンの Quilmes 国立大学の、Diego Golumbek 氏の論文では、極少量のバイアグラ(一般名、クエン酸シルデナフィル)と、光の調節により、ハムスターの実験ながら、東方向への航空機の飛行による時差ぼけを50%早く回復させた、という記事がでています。体内時計をリセットさせる作用がある様です。なお、ファイザー本社では、今のところ効果効能は、勃起不全のみとなっているので、以上の様な使用方法には、用法用量など会社からは回答は頂けません。

米クリーブランド・クリニックの研究チームは「バイアグラを飲んでいる人は、飲んでいない人と比べて、6年間でアルツハイマー病を発症するリスクが69%少なかった」という研究結果が昨年12月、米科学誌『ネイチャーエイジング』に掲載されました。

アルツハイマー病は、「アミロイドβ」と「タウ・タンパク」というたんぱく質の“ゴミ”が脳内に蓄積し、脳神経細胞を変化させることで発症すると考えられることから、研究チームは、この両方を標的として作用する成分が鍵となると判断し探していたところバイアグラの有効成分であるシルデナフィルに行きついたとのこと。
そこで研究チームは、アルツハイマー病患者から採取して培養した幹細胞をバイアグラに曝露させた。その結果、バイアグラが脳神経細胞の成長を促し、アルツハイマー病の原因と考えられている2つのたんぱく質の蓄積を防げる可能性が示された。とあります。

作用機序は明確にはなっていませんが川崎医科大学附属病院院長の永井敦医師によると「PDE5を阻害する働きがアルツハイマー病の抑制にも関係すると考えられる。実際に過去の論文では、PDE5 阻害薬がマウスの認知機能を改善するとのデータが発表されています」とのこと。

認知症は症状が進行すると徘徊などの異常行動の監視、日常生活動においも、食事、排泄、入浴、着替えなどの介護も必要になってくるので精神面や金銭面で家族にも大きな負担となる厄介な病気なのです。
国内の65歳以上の認知症患者は2020年で約602万人で有病率は16.7%、6人に1人の割合で発症します。 また、令和元年に公開された厚労省の資料ではアルツハイマー病は認知症の67.6%を占めています。筑波大学の研究では2025年に約700万人となり5人い1人は認知症となると発表されています。
バイアグラが認知症治療として国内で承認を得て高齢化社会に一役買う日が来るかもしれません。

参照元米研究で「バイアグラを飲んでいる人は認知症リスク7割減」の衝撃データ|NEWSポストセブン

帝京大学医学部附属病院泌尿器科の堀江重郎教授によると、バイアグラには老化防止の効果があるとされています。ここには、バイアグラを常用すると体内の酸化ストレスが減り、男性ホルモン(テストステロン)が増加すると書かれています。酸化ストレスとは、細胞劣化に悪影響をもたらす「活性酸素群」と、それに対抗する「抗酸化ポテンシャル」との差のことです。この差が大きければ大きいほど細胞は劣化し、老化が進みやすいとされます。また、男性ホルモンの増加も身体機能の改善につながり、老化防止につながります。最近の研究結果では、男性ホルモンは女性の若返りにも効果があると言われています。

参照 女性でも長生きする人は男性ホルモン値が高い|堀江重郎|テンミニッツTV

また私見ですが、血管拡張作用のあるバイアグラを頻繁に飲むことで、加齢による動脈硬化の改善が促され、血管の老化防止にも効果がある可能性があります。さらに、バイアグラを服用する患者さんからは、持続時間(約4時間)を超えた翌日、翌々日にまで、これまでなかった朝勃ち現象が見られたという声が聞かれますが、これもある意味、若返り効果と言えるかもしれません。

院長 竹越 昭彦 たけこし あきひこ
略歴
  • 1966年 生まれ
  • 1991年 日本医科大学卒業
  • 1991年 日本医科大学付属病院
  • 1993~2002年 東戸塚記念病院 外科
  • 2004年10月 浜松町第一クリニック開院
料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL