レビトラレビトラの食事の影響・血中濃度・代謝

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

よく「レビトラは食事の影響がないんですよね?」と聞かれる方がいますがそれは誤りです。食事の影響は受けます。ある一定の食事内容であれば影響を受けないというデータはありますが、食事には制限があるということを覚えておいて下さい。では、その制限についてご説明いたします。

バイエル薬品の提供する資料には「標準的な食事の影響は受けない」とありますが、「標準的な食事」の注意点として「総エネルギーの脂肪の割合は30%」とだけあります。これでは非常に分かり難いのでもう少し詳しくご説明いたします。

「標準的な食事」とは栄養学的には700kcal(バイエル薬品にも確認済み)、尚且つ脂肪は30%以内ということ。700kcalの30%は210kcalであり、栄養学的に脂質1gが9kcalですので、210kcalを脂質で算出すると23.3g、よって700kcal未満で脂質が23.3g以下であれば食事の影響を受けないと解釈できます。具体的な例をいくつかあげておきますので参考にしてください。

  • すき家の牛丼並盛り:733Kcal(脂質:25.0g)・・・・・・・・×
  • 吉野家の牛丼並盛り:652Kcal(脂質:20.4g)・・・・・・・・○
  • なか卯の親子丼:670Kcal(脂質:15.15g) ・・・・・・・・・○
  • COCO'S魚介のスープスパゲッティ:598Kcal(脂質:14.7g)・・○
  • マクドナルドのビッグマック:525Kcal(脂質:28.3g)・・・・×
  • やよい軒しまほっけ定食:662Kcal(脂質:21.2g)・・・・・・○

レビトラの有効成分は服用後、十二指腸などの小腸で体内に吸収されます。食後だと食べ物に含まれている脂分が腸に膜を張ってしまうため成分の吸収を妨げてしまうのです。脂質が多ければ多いほど腸に膜が張りやすくなるため「脂肪の割合は30%以内」という条件が付くわけです。【重要】制限内の食事であっても、空腹時に服用した方が体内への吸収が非常に良いため、薬の効果を引き出せることは確かです。

食後にレビトラ錠を服用する場合

空腹時に服用した方が効果があるとはいえ、成り行き上、どうしても食後になってしまう事もあるかと思います。そういった場合は、食事の内容をなるべく脂質の少ないものにして、食後2時間程度、時間を空けることで薬の効果は引き出せます。「今日はレビトラのお世話になるかもな」という時は食事の内容を意識するとよいでしょう。
また既に脂質の高い食事をしてしまった場合は、やはり消化までに時間を空けることも大事ですが、普段レビトラ10mg服用している人であれば2錠同時に服用して20mgに用量を増やすというのもよいでしょう。

食事の影響に関する文献

食事の影響に関するバイエル薬品の資料には根拠となる文献として「Rajagopalan P et al.:J Clin Pharmacol 43(3):260-267(2003)(英文)」と明記されています。この文献の内容を翻訳し要約すると「【対象者は25人の健康な成人男性】"高脂肪朝食"の摂取後と空腹時服用とで比較するとCmax(最高血漿中濃度)は2割弱低下、Tmax(最高血漿中濃度到達時間)は空腹は1時間、食後は2時間と食事の影響がある。次に夕方に"典型的な中程度の脂肪食"後と空腹時服用で比較すると影響は無かった。」とあります。「標準的な食事」とは文献にある"典型的な中程度の脂肪食"のことを指していることがわかります。その時の薬物動態比較表はバイエルの資料にもあり以下の通りです。

投与
方法
AUC
(μg・h/L)
Cmax
(μg/L)
Tmax
(h)
t1/2
(h)
空腹時51.97(72)14.22(70)1.00(0.50~3.00)3.9(66)
食後59.12(56)13.04(66)1.00(0.50~4.00)3.8(39)
中央値(範囲)
幾何平均値(幾何標準偏差),n=6

※「標準的な食事=700kcal」というのは発売当時、バイエル薬品に問い合わせて聞いた数値でもあるのですが、あくまで日本国内での標準的な食事のエネルギーです。しかし、上記の文献は海外データであり対象者も外国人である可能性が高いです。つまり対象者が日本人よりも平均身長及び体重が上回っている国の人である場合、国の推奨する「標準的な食事」(典型的な中程度の脂肪食)のカロリー数値も700kcalより高くなるので、実際には800kcal前後の可能性もありますが、上記の空腹時と影響が無いとしている中程度の脂肪食後の比較デ-タでも空腹時と食後だと薬の効力の目安として重要なCmaxが9%程低下しているので実際には800kcalだったとしても700kcalまでと認識しておく方が薬の効果を引き出せるのは間違いありません。

2018年11月改訂(第16版)レビトラの添付文書【PDF】を参照

レビトラを服用後の最高血中濃度までの時間(Tmax)や終末相における半減期までの時間(T1/2)、単回経口投与後の投与量に対する変化。また、食後と空腹時にレビトラを服用した際の体内動態に及ぼす食事の影響など、詳しい内容を添付文書を参考にまとめました。

(1) 単回投与(薬剤の投与を1度きりで行う)

日本人健康成人男子18例に、バルデナフィル(レビトラ)10mg、20mg及び40mg*1 を空腹時単回経口投与した場合、血漿中バルデナフィル(未変化体)濃度は投与後0.75時間にピークに達し、以後約3.2~5.3時間で血漿中濃度は最高濃度時の半分となり(消失半減期)で速やかに消失した。バルデナフィル(未変化体)のAUC及びCmaxは、以下のグラフの通り用量比にほぼ応じて増加した。


投与量
(mg)
AUC
(μg・h/L)
Cmax
(μg/L)
Tmax *2
(h)
t1/2
(h)
10mg20.94(1.72)10.05(1.86)0.75(0.50~1.00)3.19(1.08)
20mg44.14(1.39)18.35(1.29)0.75(0.50~1.00)3.98(1.46)
40mg137.73(1.72)51.71(1.86)0.75(0.75~3.00)5.33(1.20)

AUC:血漿中濃度-時間曲線下面積(体内への薬物総吸収量の指標)
Cmax:最高血漿中濃度
Tmax:最高血漿中濃度到達時間
T1/2:消失半減期(血漿中濃度半減期)

(2) 反復投与(外国人における成績)

健康成人男子43例に,バルデナフィルを1日1回14日間(40mg)、1日1回(20,40mg)又は隔日1回(40mg)*1 31日間反復経口投与した場合、血漿中バルデナフィル(未変化体)濃度推移は、いずれの投与量、投与方法及び投与期間においても初回投与後とほぼ同様であった。また、バルデナフィル(未変化体)の薬物動態学的パラメータにも大きな変動はみられず、反復投与による蓄積性は認められなかった。

*1 40mgは国内承認用量とは異なります。
*2 中央値(範囲)
幾何平均値(幾何標準偏差),n=6

本剤は経口投与後に初回通過効果を受け、絶対的バイオアベイラビリティ*3 は約15%であった。健康成人男子に[14C]バルデナフィル33mg*4 を単回経口投与した場合、投与量の約93%が投与後168時間までの糞中に排泄された。血漿中主代謝物は N-脱エチル体(M1)であり、未変化体とほぼ等量存在したが、その多くは N-グルクロン酸抱合体であった。尿中及び糞中では M1 が主代謝物として認められたが、糞中では N、N'-脱エチレン体が M1 についで多く存在した。これら排泄物中へのバルデナフィル(未変化体)の排泄率はそれぞれ投与量の1%未満とわずかであった。

*3 バイオアベイラビリティとは、生物学的利用率のことで、摂取した薬剤の有効成分が体全体に吸収する割合のことを言います。つまり血管から直接注入する静脈注射の生物学的利用率は100%となります。
*4 33mgは国内承認用量と異なります。

健康な非高齢男子(18~45歳)8例及び高齢男子(66~78歳)9例に、バルデナフィル40mg*5 を空腹時単回経口投与した場合、高齢男子では未変化体の AUC 及び Cmax が非高齢男子に比べて約1.3~1.5倍とやや高かった。

*5 40mgは国内承認用量と異なります。

健康成人男子8例及び腎障害患者24例に、バルデナフィル20mgを空腹時単回経口投与した場合、中等度の腎障害患者(CLcr=30~50mL/min)及び重度の腎障害患者(CLcr≦30mL/min)のバルデナフィル(未変化体) AUC 及び Cmax は、健康成人男子に比べ約1.2~1.4倍とやや高い値を示したが CLcr と AUC あるいは Cmax との間に有意な相関は認められなかった。

健康成人男子6例及び肝障害患者12例に、バルデナフィル10mgを空腹時単回経口投与した場合、中等度の肝障害患者(Child-Pugh class B)のバルデナフィル(未変化体) AUC 及び Cmax は健康成人男子と比べ、約2.3~2.6倍に増加した。


料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL