竹越院長コラムEDの自己診断

EDの自己診断法

EDを自分で診断するには、臨床の現場でも問診や治療後の回復具合を見るために使用されている国際勃起機能スコア( IIEF5 = International Index of Erectile Function5 )を使うといいだろう(参考:EDセルフチェック)。

EDセルフチェック

5つの質問に答え、その合計点によりEDの重症度がわかる。25点満点で22点以上ならEDではないとされる。この診断法においては22点がEDであるかのボーダーラインというわけだ。

ただ、世界的なED度の判断指標となっている国際勃起機能スコアだが、22点以上のスコアを出すのはなかなか難しい。私見だが、少々厳しめの基準とも思える。正常に勃起が可能で、その角度が90度を保てれば、つまり男性が直立して勃起したときにペニスが床と水平になるのなら、少なくとも勃起機能には問題がないと見ていいだろう。国際勃起機能スコアは医療従事者向けのものであり、一般人がEDを簡易に自己診断する方法はなかったのだが、最近になりアメリカで「勃起の硬さスケール( EHS = Erection Hardness Score )」が考案され、これをもとに2009年、「日本語版EHS」ができることとなった。

「日本語版EHS」は勃起時のペニスの硬さを5段階に分け、EDの疑いがどの程度あるかの目安にするものだ。勃起した自分のペニスを触ればいいだけなので、極めて簡単な方法である。ペニスの硬さの5段階だ(参考:日本語版EHS「勃起の硬さスケール」)。グレード0 → "陰茎は大きくならない"、グレード1 → "陰茎は大きくなるが、硬くはない"、グレード2 → "陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない"、グレード3 → "陰茎は挿入には十分硬いが、完全には硬くはない"、グレード4 → "陰茎は完全に硬く、硬直している"。

「日本語版EHS」では、自分のペニスの硬さがどのグレードに該当するかがイメージしやすいよう、おのおののグレードの硬さを果物に例えている。グレード4はリンゴ、グレード3はグレープフルーツ、グレード2はミカン、そしてグレード1だけ果物ではなく、なぜかコンニャクとなっている。おそらくグレード1のペニスの「柔らかさ」に相当する果物がなかったのだろう・・・・・・。

2009年、製薬会社ファイザーは「日本語版EHS」を用いて「性生活や勃起機能に関するアンケート」を行い、成人男性7710人からの回答を得ている。調査結果によれば、20〜30代ではグレード4(勃起時のペニスがリンゴの硬さ)と答えた男性が5割以上にのぼったのに対して、40代では36%、50代では21%と年齢とともに低下し、60代以上では11%にまで落ち込んだ。

この結果から、40歳が勃起機能低下の境界線の年齢であることが窺える。実際、40歳以上の回答者のおよそ7割が「勃起時の硬さに自信がなく」「性交時に十分な勃起の硬さが得られずに失敗した経験がある」ことが明らかになったのだ。

簡易なED判定の目安はほかにもある。早朝勃起現象、いわゆる"朝勃ち"に注目する方法だ。年齢にもよるが、最低週に1回は朝勃ちがあれば、勃起機能はまず問題ないとみていい。朝勃ちしたかどうかいまひとつ判然としない場合は、夜間睡眠時勃起現象の有無を確認するといいだろう。夜間睡眠時勃起現象とは、夜寝ている間に本人の自覚のないところで、ペニスが何度か勃起する現象だ。これと朝勃ちは同じ現象であり、朝に起きる夜間睡眠時勃起現象が朝勃ちなので、朝勃ちしたかどうかは夜間睡眠時勃起現象の有無を確認することで把握できるというわけである。

夜間睡眠時勃起現象や朝勃ちは性的興奮によって起こるものではないが、いわば体が勝手に行う身体機能の"試運転"のようなものである。性的興奮によるものではなくとも、夜間勃起による試運転が本人の自覚のないまま行われており、勃起機能を維持していると考えられている。夜間勃起現象が起きているなら、勃起機能は失われていないというわけだ。

寝ている間にペニスが勃起したかどうかなどわからないという人もいるだろう。そういう人のためにスタンプ法という簡便な方法がある。切手シートの端にある余白部分を帯状に切り取り、寝る前にペニスにぴったりと巻きつけておく。目覚めたときに切れていたら、夜間に勃起していたことがわかり、勃起機能が失われていないことになる。ちなみに、用いるのは切手シートでなくてもいい。例えば紙テープなど、ペニスが膨張すると切れることで就寝中に勃起した形跡が確認できるものなら何でも代用は可能だろう。より正確に夜間勃起があるかを確かめたい場合は、専門医を訪ねればジェクスメーターという測定機器もある。この機器を使えば、就寝中のペニスの太さを測定して記録することができる。

ただ、こうした方法で勃起機能の有無は大まかに確認できるが、これをもってEDでないとは言い切れない。前に記したEDの分類にもあるように、心因性の状況型EDの場合、自分の好む相手やシチュエーションなら問題なく勃起するが、例えば「妻だけにはED」のように特定の相手には勃たないというケースもあるからだ。