竹越院長コラムバイアグラの肺高血圧症への効果

バイアグラの意外な副効用 −肺高血圧症への効果−

バイアグラにはEDに対してだけでなく、ほかにも明確な医学的効果が認められ、すでに治療薬として使用されている。2006年、バイアグラが新生児肺高血圧症の改善に効果があることがわかったのだ。

肺高血圧症

新生児肺高血圧症とは、胎盤呼吸から肺呼吸への切り替えがうまくいかず、肺への血流が悪くなり低酸素症を起こすものである。わかりやすく言えば、重度の高山病のような症状をもたらす。高山病は山から下りて平地に戻れば改善するが、この病気はどこにいても高山病に罹っているような状態といえばわかりやすいか。治療法としては人工肺を用いるくらいしか有効な手立てが見当たらない難病である。

だが、アメリカの大学の研究によってバイアグラが特に重症の子供に有用性を示唆する結果が得られたのである。バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、選択的に肺血管抵抗を下げることがわかっている。つまり、肺への血流をよくする効果があるのだ。実はこれに先立つ2005年、ファイザーはすでにバイアグラと同じ成分を使った肺動脈性肺高血圧症の新薬・レバチオの製造販売承認を取得していた。そして2008年には、日本でも承認が下りることになったのだ。

肺動脈性肺高血圧症の日本での患者はおよそ6000人という稀少疾病。死に至る可能性が高い肺の難病だ。10年ほど前までは有効な内科的治療法がなかったが、レバチオの有用性はバイアグラの潜在能力を示唆している。

実際に、命を繋ぎ留めるために、肺高血圧症の2歳児がバイアグラを定期的に服用している記事が、2008年3月13日付イギリスの大衆紙「デイリー・メール」に掲載されている。記事によれば、この男児はバイアグラ一錠を一日4回に分けて服用している。看護師である母親は「バイアグラは高価な薬だけど、肺高血圧症の薬としてはもっとも安い部類だ」と述べているが、命にかかわる病気だけに、治療法として楽な内服薬であることや、比較的安価であることはやはり重要だろう。何より、ペニスの勃起のための薬が人命を救うことになることを、発売当時、いったい何人が想像できただろうか。バイアグラの可能性はまだまだ広がりそうだ。