竹越昭彦院長コラムバイアグラの肺高血圧症への効果

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

ED治療薬として絶大な支持を集めるバイアグラですが、実はそのポテンシャルはEDに収まりません。2006年に、「新生児肺高血圧症」への効果があると認められました。

新生児肺高血圧症とは、正期産児あるいは過期産児に生じる肺血管構造の障害のこと。胎盤呼吸から肺呼吸への切り替えがうまくいかず、肺への血の巡りが悪くなって低酸素症を引き起こす病です。分かりやすく言うと、どこにいても高山病のような症状がずっと続く病といったイメージです。人工肺を使用するくらいしか治療法が見つかっていない難病でもあります。

そこに新たな救世主として注目を集めたのがバイアグラでした。アメリカの大学により、新生児肺高血圧症に対して、特に重症の子どもにバイアグラの有用性が示唆される結果が報告されたのです。バイアグラの有効成分であるシルデナフィルには、選択的に肺血管抵抗を下げて肺への血流をよくする効果があるため、このような結果が得られたのだと推測できます。

また2008年には、肺動脈性肺高血圧症(日本の患者数が約6000人という肺の難病)の新薬レバチオ錠が日本で認可されましたが、実はこのレバチオ錠の有効成分はバイアグラとまったく同じシルデナフィルです。この事実からも、バイアグラの肺高血圧症への有用性が裏付けられたと言えます。

2008年3月13日のイギリスの大衆紙「デイリー・メール」には、実際に肺高血圧症の2歳児がバイアグラを服用し、病と闘っているというニュースが掲載され、話題になりました。この男の子はバイアグラ1錠を一日4回に分けて服用していたとのことで、その子の母親は、「バイアグラは高価だが、肺高血圧症の薬としてはもっとも安い部類に入る」とその値段の安さにも触れていました。命にかかわる病気だからこそ楽な治療法である内服薬であることや、比較的安く飲み続けられることは非常に大切な要素であり、その点でもバイアグラは救世主となり得るのです。

このように、もともとはED治療薬として発売されたバイアグラでしたが、発売から年を重ねるにつれ、さまざまな効果が見つかるようになりました。実際、ED以外への医学的効果も認められ、すでに治療薬として使用されているものもあります。今後も、バイアグラのその計り知れない潜在能力が注目を集めることになるかもしれません。

料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL