竹越院長コラムバイアグラの女性への効果

バイアグラの意外な副効用 −女性への効果−

バイアグラは男性の勃起を補助するED治療薬だが、血管を拡張する効果は男女を問わず発現する。女性器の血流がよくなることで、医学的および心理学的な検証はされていないものの、女性にも効果が表れる可能性があることは前に指摘した。

女性

ところが、最近の臨床実験では女性にも効果があるとする説が有力になりつつあるようだ。バイアグラを製造しているファイザーの研究員によれば、50人の女性にバイアグラを処方したところ、被験者の大部分に効果が認められ、女性器が濡れやすくなり、性欲が増進し、オーガズムに達しやすくなったとの実験結果が得られたという。

ファイザーの公式見解では、「女性の性感を向上させる作用がバイアグラにあるかどうかについては未確認」としているが、女性の不感症は男性のEDよりも多いといわれている。そもそもバイアグラは偶然に開発された経緯を持つED治療薬であり、薬の効果がすべて確認されているわけではない。ひとつ言えるのは、バイアグラをはじめとするED治療薬はかなりのポテンシャルを秘めているということだ。

さらにはSEXに対する効果だけではない。バイアグラが老化を防止するという医学論文が日本でもすでに発表されている。帝京大学医学部附属病院泌尿器科の堀江重郎教授は、バイアグラを常用すると体内の酸化ストレスが減少し、男性ホルモンが増加することが認められたとしている。酸化ストレスとは、体内で細胞の劣化などいろいろな悪影響を与えるといわれている活性酸素群と、これを阻もうと対抗する抗酸化ポテンシャルとの差のことであり、酸化ストレスが少なければ少ないほど老化は進みにくいと考えられている。また男性ホルモンを含め、ほとんどのホルモンは、身体機能を改善し若返り効果をもたらす。最近の研究結果では、女性の老化防止にも男性ホルモンが効果的であるとの報告もあるくらいだ。

私見だが、血管拡張剤ともいえるバイアグラを常用すれば、動脈硬化によって硬くなった血管が恒常的に広げられることになるので、血管の老化に対して一定の効果があるのではなかろうか。さらに興味深いことに、バイアグラの持続時間(効果のピークが半減するまでの時間)は4時間ほどだが、効果が消失しているはずの服用翌日や翌々日にそれまでなかった早朝勃起現象(朝勃ち)があったとの声が複数の患者さんから聞かれた。ある意味、ペニスの勃起力が若返ったともいえ、老化防止の効果と見てもいいのではなかろうか。

女性用バイアグラがアメリカFDAで承認

2015年8月18日に米FDAは女性のHSDD(性的欲求低下障害)を改善する薬剤を国内にて初めて認可し、同年10月17日にアメリカにて発売開始予定とのこと。この薬剤は重篤な副作用も多いため処方をする医師には研修が必要であったり治療を受ける患者からの同意書が必須であったりとFDAとしては認可はしたものの、かなり慎重な処方が必要と判断していることと思われます。以下に要点だけまとめておきます。

  • 発売元はスプラウト・ファーマシューティカルズ社。一般名は「フリバンセリン」、商品名は「ADDYI(アディ)」(現在はスプラウト・ファーマシューティカルズ社はカナダの製薬大手バリアント・ファーマシューティカルズ・インターナショナルに買収されています)
  • バイアグラを代表とするED治療薬と違って、抗うつ薬などと同様、脳の中枢神経に働きかける薬で毎晩服用する。
  • 失神や極度の眠気、吐き気といった重篤な副作用のリスクが薬効を上回ると専門家から問題点が出ていた。
  • アルコールや避妊薬と併用すると副作用のリスクが増大するとの報告がある。
  • 処方をする医師は研修を受ける必要があり、リスク理解に関する同意書への患者の署名が必要。
  • 満足のいくセックスが月に2、3回のHSDD(性的欲求低下障害)患者を対象とした治験では、アディを服用した人は偽薬を飲んだ人よりもその数が平均で月0.5〜1回しか多くならなかった。

所見

副作用のリスクが高いのにも関わらず効果は満足のいくセックスが月0.5〜1回程度。FDAも効果が低い割に副作用のリスクが高いということから2013年に一度、認可を却下しています。一部の医師や研究者から「男性の性機能に関する治療薬は24種類も承認しているのに女性向けはゼロだ」「性差別的だ」と批判を浴びたため致し方なく承認したように感じます。FDAでこれだけ慎重なのだから、更にお堅い日本の厚労省では認可が下りることは考え難いです。おそらく日本での登場はないと思います。処方をする医師に研修必須、同意書まで必要という点から、専門医師からの重要な注意点、経過診察も必要であることは間違いありませんので個人輸入で流通することはないかと思いますが入手すること自体、絶対に考えないで下さい。予断ですがフリバンセリンに続いて発売開始されそうな性的欲求低下障害(HSDD)治療薬情報として、米パラティン・テクノロジーズ(ニュージャージー州)は、「ブレメラノチド」という女性用HSDD治療薬の試験で最終段階に入っているそうです。こちらは本家バイアグラのように、必要なときに服用するタイプとのことです。