レビトラレビトラ錠の個人輸入について

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

レビトラの個人輸入の危険性

レビトラはインターネットで検索するとバイアグラ同様、個人輸入のサイトを非常に多く見かけます。しかし、インターネットなどで海外から医薬品を個人輸入する場合、その品質は保証されているとは限らず、偽造医薬品の可能性もあります。偽造されたレビトラ錠は、不純物混入等により健康を損なうことがあり、非常に危険です。
皆さんが思っている以上に個人輸入による偽物は急増しております。

厚生労働省提供のサイト

このサイトを見てもわかるように、かなりの数の偽物が毎年見つかっております。さらに海外で発見されている偽造レビトラ錠は、知的財産権を侵害するものです。偽造品の国内への持ち込みは禁止されているので、もし海外から持ち帰ってしまうと、処罰を受けることもあります。

レビトラ錠の製薬会社であるバイエル薬品提供のサイトに、レビトラ錠の本物の写真と偽物の写真が紹介されておりますのでご参照ください。

レビトラ錠の服用を考えている方は、偽物の服用による健康被害も危険ですし、飲み合わせの悪いお薬もございますので、しっかりとした医療機関で医師の説明を受け、安心して服用するのが一番安全です。
「どこの病院に行けばレビトラを処方してくれるのだろう?」という方のために、バイエル薬品提供で地域別でレビトラ錠を処方してくれる病院を検索できるサイトがございますので、こちらをご利用ください。

個人輸入するレビトラ®錠にはニセモノ*も!

インターネットなどで海外から医薬品を個人輸入する場合、その品質は保証されているとは限らず、偽造医薬品の可能性もあります。偽造されたレビトラ®錠は、不純物混入等により健康を損なうことがあり、非常に危険です。


レビトラ®錠のニセモノ*は日本へ持ち込むことも禁止されています。

海外で発見されている偽造レビトラ®錠は、知的財産権を侵害するものです。偽造品の国内への持ち込みは禁止されているので、もし海外から持ち帰ってしまうと、処罰を受けることもあります。

ニセモノ*強壮剤も発見されています。

レビトラ®錠の主成分を許可なく混入し、強壮効果をアピールしている偽造の健康食品が発見されています。健康になるどころか、健康に害を及ぼす危険性があるので、くれぐれもご注意ください。


見分けるのが難しいニセモノ*

個人輸入またはオンライン(個人輸入代行)で入手可能な海外製造品のうち、外箱や用量表示等で見分ける方法がありますが、正確な真偽判定は難しいのが実情です。

もっと気軽に受診を!

40代~50代男性の2人に1人はEDに罹病しています。**
最近はED相談を行っている医院が増え、気軽に受診できるようになっています。

EDかな?と思ったら1人で悩むよりもまず病院へ。

* ニセモノ=偽造医薬品
** 白井將文:日本臨牀 60(増刊6):200-202,2002