レビトラ錠の個人輸入について

浜松町第一クリニック 竹越昭彦院長 監修

レビトラはインターネットで検索するとバイアグラ同様、個人輸入のサイトを非常に多く見かけます。しかし、インターネットなどで海外から医薬品を個人輸入する場合、その品質は保証されているとは限らず、偽造医薬品の可能性もあります。偽造されたレビトラ錠は不純物混入等により健康を損なうことがあり非常に危険です。
皆さんが思っている以上に個人輸入による偽物は急増しております。

レビトラの発売元であるバイエル薬品は2021年10月に国内でのレビトラの販売を中止することを公表しました。これにより、2022年頃より日本から正規流通するレビトラが無くなってしまうことから今後、益々、個人輸入を利用する人が増えることが懸念されています。
レビトラが国内市場から消えてしまっても厚労省から承認を得た国産のレビトラジェネリック(バルデナフィル錠)の販売が継続されますので、代替薬は個人輸入は避けこれを使用することを強くお勧め致します。

参照 レビトラ錠のインターネット購入にご注意|EDネットクリニック|バイエル薬品

厚生労働省提供の個人輸入注意喚起

厚生労働省も国民の健康を守るために上記サイトのように個人輸入にて入手することへの危険性を注意喚起しているのです。

レビトラはどこで入手すべきか

偽物の服用による健康被害も危険ですし、飲み合わせの悪いお薬もございますので、レビトラ錠の服用を考えている方はしっかりとした医療機関で医師の説明を受け、安心して服用するのが一番安全です。
「どこの病院に行けばレビトラを処方してくれるのだろう?」という方のために、地域別でレビトラ錠を処方してくれる病院を検索できるサイト(バイエル薬品提供)がございますので、こちらをご利用ください。
最近では、医師が偽物が混入する可能性のある個人輸入を利用し海外製のレビトラ錠やバルデナフィル錠を仕入れて処方している医療機関もあるのですが、こちらの検索サイトでは、そのような医療機関は審査に通らず掲載されていないので病院に行く前に検索をすることをお勧めします。

海外で発見されている偽造レビトラ®錠は知的財産権を侵害するものです。バイエル薬品は特許庁にてレビトラ錠に対して知的財産の輸入差止申立を行い承認されていることからも万が一、偽造品のレビトラ錠を海外から国内へ持ち帰ってしまうと処罰を受けることもあるということを覚えておいて下さい。
以下は特許庁の運営する知的財産の輸入差止申立情報を検索できるページです。ご興味ある方はキーワード欄に「レビトラ」と入力して検索してみてください。

レビトラ®錠の主成分を許可なく混入し、強壮効果をアピールしている偽造の健康食品が発見されています。健康になるどころか健康に害を及ぼす危険性があるのでくれぐれもご注意ください。


個人輸入代行業者のネット通販サイトで入手する海外製のレビトラが本物かどうかを見極めるのは難しいのが実状です。
簡単な見分け方としては用量での見極めです。正規のレビトラは国内含め他国でも最大で20mgまでしか承認されていません。よって50mg、100mgといった20mg以上であれば100%偽造品です。他には国内の医療機関で処方された本物と見比べるくらいしかありません。

当院で2019年11月に行った調査では20~30代で14%、40代で17.6%、50代で33.8%、60代で41.6%が中等度以上のEDであることが判明しました。稀に中折れ症状がある軽度EDを含めると20~30代で4割、40代で5割、50代で6割、60~70代だと8割強にも及びます。
最近はED相談を行っている医院が増え、気軽に受診できるようになっています。

EDかな?と思ったら1人で悩むよりもまず病院へ。


料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL