竹越昭彦院長コラムバイアグラは危険な薬という誤解

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

「バイアグラを飲んで死んだ人もいるらしい!危ない薬なのでは!?」
「お酒を飲んでからバイアグラを使うと、かなりヤバいらしい!」
そんな誤解が生まれたのは、とある事件がきっかけでした。それは今から20年以上も前の1998年7月のこと。ちょうど日本でバイアグラが発売される前年の出来事でした。

知人からバイアグラをもらい1錠服用したという60代の男性が、その後の性行為中に倒れてしまったのです。異変に気付いた家族が救急に連絡したのですが、救急隊が到着したときにはすでに心肺停止状態。医療機関にて心肺蘇生を試みるも、残念ながらその男性は帰らぬ人となってしまいました。

事件後の調査でわかったのは、死亡した男性は高血圧と糖尿病を患っていたということ、そして不整脈の治療のためにニトログリセリンを使用していたということでした。ほとんどの薬と併用可能なED治療薬ですが、このニトログリセリンだけは例外。併用すると、今回のように死に至るケースもあります。

もちろん、医師は処方の際にしっかりと問診をし、十分にその説明を行います。当時、バイアグラを発売していたアメリカでも同様に説明がなされていたことでしょう。しかし、知人からもらった男性は、おそらくそんなことは知らされずに軽い気持ちで飲んだのだと思います。結果、このような残念な結果となってしまったのです。

この事件のあとも、こうした誤った飲み方によるバイアグラの死亡事故が何度か起こりました。併用してはいけないニトログリセリン系の薬と一緒にバイアグラを飲むなんて、専門医からすれば自殺行為でしかありません。

ところが、メディアはそうした事情は詳しく説明しませんでした。死の危険がある誤った飲み方をしていたことは伝えず、亡くなった方が"バイアグラを服用していた"という事実だけを報道し、それによって「バイアグラ=危険な薬」「飲むと死ぬ可能性もある」という誤解が広まってしまったのです。

しかし、発売から20年以上がたち、今ではそのようなバイアグラに対する誤解も徐々になくなってきました。実際、バイアグラは世界中で販売され、ジェネリックが登場してからも愛用者がたくさんいます。特に、日本は医薬品の製造、販売への認可が非常に厳しいことで有名ですが、その日本でもバイアグラは処方され続け、今ではED治療薬における市場シェアの5割を獲得するほどです。

死に至る危険性がある薬が、日本、そして世界でこれだけ人気になるでしょうか?  20年近くも処方され続けるでしょうか?  本当に死の危険がある薬であれば、こんなにも世界中で販売されることはないでしょう。

なお、バイアグラ以外のED治療薬にも併用禁忌薬はあります。下記に、バイアグラ、レビトラ、シアリスの併用禁忌薬を挙げましたので、参考にしてください。

院長 竹越 昭彦 たけこし あきひこ
略歴
  • 1966年 生まれ
  • 1991年 日本医科大学卒業
  • 1991年 日本医科大学付属病院
  • 1993~2002年 東戸塚記念病院 外科
  • 2004年10月 浜松町第一クリニック開院
料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL