プロペシアプロペシアの正しい服用方法と処方

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

プロペシアとは、一般名フィナステリドと呼ばれ米国メルク社が開発し、現在すでに世界60カ国以上で承認されている世界で初めて医師が処方する1日1回の内服による男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)です。

日本では、MSD株式会社(旧:万有製薬)が2001年よりプロペシアの臨床試験を開始し、2003年に厚生労働省へ承認申請をして2005年10月11日に製造販売承認を取得し2005年12月14日より国内にて「プロペシア錠0.2mg」と「プロペシア錠1mg」の2種類が発売開始されておりますが、ED治療薬と同様に薬価の無い薬価基準未収載薬であるため、どこの医療機関に行っても健康保険適用外となり治療費は全額自費となります。有効成分は「フィナステリド」、製剤名は「フィナステリド錠」、販売名である「プロペシア」はMSD株式会社の所有する商標登録名です。

剤形は上記画像のように円形で薄い赤色(ピンク色に近い)のフィルムコーティング剤で、大きさは直径7.2mm、厚さ3.5mmなのでかなり小さい錠剤です。画像は「1mg」です。「0.2mg」はこの画像よりも少し赤色が濃いのが特徴です。

前立腺肥大症の治療薬として誕生

プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、1991年より米国にて元々前立腺肥大症の治療薬として開発が始まりました。そして1992年にフィナステリド5mg含有のプロスカー錠5mgという製品名で米国FDAに認可されました。(日本ではプロスカーは未認可)その後も臨床治験を継続していると「抜け毛の減少」や「髪の増毛」などの報告があったことから男性型脱毛症(AGA)の治療薬としての治験を進め、1997年に用量の少ない「1mg」がAGA治療薬としてFDAに認可され、2005年10月に国内厚労省で認可を得ました。

プロペシアに次ぐ第2のAGA治療薬「ザガーロ」誕生

2015年9月28日、グラクソ・スミスクライン株式会社が男性型脱毛症(AGA)治療薬「ザガーロ」の製造販売承認を厚労省より取得しました。発売日は2015年11月下旬になる見通しでしたが諸事情により発売延期となり、そして2016年6月13日より発売開始されプロペシアに次ぐ第2のAGA治療薬ということで話題となり、プロペシアよりもDHTの生成の抑制が強く効果の期待度も高いことから注目をされています。
「ザガーロ」の特徴・使用上の注意点・副作用などの詳細は下記のリンクよりご覧下さい。


プロペシアの後発品について

ファイザー株式会社は2015年4月6日よりプロペシアのジェネリック医薬品として『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』を発売開始しており当院でも処方しています。その後も数社からフィナステリド錠の発売が開始され当院では沢井製薬と東和薬品のプロペシアのジェネリックを処方しています。効き目はプロペシアと同じで、価格はプロペシアと比べて安価ですので先発品にこだわりが無ければジェネリックがオススメです。詳しくは下記のリンクよりご覧ください。


当院では、以下の価格にてプロペシア錠の処方を行っております。28錠を1セットとして1セットから処方可能です。また、初診料及び再診料は無料ですのでかかる費用はお薬代金のみとなります。

項目処方
単位
価格
(税込)
診察料-無料
プロペシア錠 1mg
※5セット以上は1セット(28錠)7,700円
28錠8,200円
140錠38,500円

なお、プロペシアと同じく1日1回服用するザガーロの取り扱いがございます。それぞれの違いについてはザガーロとプロペシアの違いを、価格や診療時間は以下のリンクよりご確認ください。

上の画像が日本国内正規品のMSD株式会社(旧:万有製薬)のプロペシアです。14錠のPTPシートになっていて表側に日本語で商品名「プロペシア1mg」と記されております。シート裏側には2013年8月より画像の通りバーコードが表示されるようになっています。MSD株式会社は他に90錠入りのボトルに入ったプロペシアも発売していますが当院ではお取り扱いしておりません。

プロペシア錠0.2mgについて

当院では取り扱っていませんがプロペシア錠は「1mg」より容量の低い「0.2mg」もあります。錠剤の大きさと形は「1mg」と全く同じですが色合いが「1mg」よりもピンクが濃いのが特徴です。処方している医療機関があるとしたら仕入価格が同じなので処方料金も「1mg」と全く同じである可能性が高いです。

男性型脱毛症とは、AGAとも呼ばれ成人男性によく見られる髪が薄くなる状態のことです。思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなり、時間の経過とともに薄毛が目立つようになっていきます。一般的に考えられている原因は、遺伝や男性ホルモンの影響です。

AGA(男性型脱毛症)の主な原因物質は DHT(ジヒドロテストステロン)*1 です。AGAで悩む男性も脱毛箇所の頭皮に通常より多くのDHTが確認されています。DHTは5α還元酵素によってテストステロンが変換され生成されます。このDHTが毛乳頭細胞に存在する男性ホルモン受容体と結合すると、成長期にある毛髪に対して退行期及び休止期に移行する信号が出されます。その結果、毛周期(ヘアサイクル)*2 が短くなり退行期の細い毛髪が増えたり毛髪が長く太い毛に成長する前に抜けてしまうので、毛髪が薄くなってしまうのです。
プロペシアは、AGAの原因であるDHTを生成するのに必要不可欠な5α還元酵素を阻害することでDHTの生成を抑制します。これにより成長期が長くなり、細くなった髪の毛にコシが生まれ、休止期にある毛穴から毛髪が成長するため、AGA改善の効果が期待できます。

*1 DHT(ジヒドロテストステロン)について
DHTの人体への役割は胎児期と思春期以降で異なります。胎児期には男性胎児の生器の正常化という重要な役割を果たしますが、思春期以降には、AGA、前立腺肥大、体毛増加、ニキビなど男性を悩ませるような症状を引き起こす要因となります。

*2 毛周期(ヘアサイクル)について
成人男性の毛髪は3~5年周期で以下の「ヘアサイクル」を繰り返します。繰り返すことができるヘアサイクルの数は決められており、最後のサイクルが終了するとその毛根からは髪が生えてきません。

  1. 【成長期】:成長期には、細胞分裂が繰り返され髪が活発に成長します。通常、エアサイクルの90%程度、2~6年が成長期に費やされますが、AGAを発症するとDHTの働きにより成長期が短くなってしまいます。
  2. 【退行期】:退行期では成長期で行われていた細胞分裂が止まり、少し毛根が弱くなっていきます。期間は通常、2週間程度です。
  3. 【休止期】:休止期に入ると、毛髪の活動が完全に止まります。毛髪の成長や、新しい毛髪の生成は起こりません。休止期に入った毛髪は、次の成長期に入った毛髪に押し出されて抜け落ちます。

国内の臨床試験ではプロペシア1mgの1年間投与により58%、2年間で68%、3年間で78%の改善効果が認められています。
またプロペシア1mgの1年間投与により40%、2年間で31%、3年間で20%の現状維持効果が認められております。改善効果及び維持効果を合算すると、プロペシア1mgは98%以上の方に効果のあるデータがございます。
問診の際にもご説明させていただきますが重要なポイントは、このデータの対照が20歳以上50歳以下で脱毛症以外に心身ともに健康な中軽度までの男性型脱毛症(AGA)患者ということですので、50代、60代の方は上記のデータよりは効果の期待値が下がることは間違いありませんのでご注意ください。
有効率と言っても頭頂部で著明改善は6%、前頭部で2%程度です。ですから、ごく一握りの人には著名に効く薬ですが大部分の人には進行は止まるが、現状維持程度と考えた方がいい薬だということを認識してください。けっして安くはないお薬ですので過度の期待をしない、もしくはさせないという点が大事かと思います。万有製薬(現:MSD)提供の国内臨床試験のデータはこちらを参照していただくとわかりやすく解説されておりますので是非、参考にしてください。

プロペシアの効果を実感できるまでの期間

個人差はあるものの、プロペシアの効果を実感できるまでには連日投与を続けて3~6ヶ月程度の期間を要すると考えられています。「効果が確認できるまで、通常は6ヶ月の連日投与が必要である」という説明は、添付文書にも記載されている内容です。また、添付文書には6ヶ月以上投与しても進行遅延が見られない場合は、投薬を中止するように記載されています。これは6ヶ月以上服用して効果が無い場合、期待値がグッと下がるので継続して服用する必要性を充分検討した方が良いということです。
当院では「比較的若い年齢(20~40歳くらい)」で「頭頂部で進行している薄毛」の患者様では6ヶ月では効果が無くても1年の服用で効果が実感できた方もいらっしゃるので、ご年齢や薄毛の進行箇所によっては1年の服用をお勧めする場合もあります。

  1. 男性におけるAGA(男性型脱毛症)のみの適用であり、円形脱毛症や抗癌剤等による脱毛症に対する適用はありません。
  2. 20歳未満での安全性及び有効性は確立されていないことから、未成年に対してプロペシアの処方はできません。
  3. 女性に対する適用はありませんので、女性に対してプロペシアの処方はできません。また、妊婦、妊娠している可能性のある女性及び授乳中の女性はプロペシアを服用しないでください。(妊娠中の女性がプロペシアを服用すると、男性胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼすおそれがあります。)※以下の経皮吸収に注意もご参照下さい。
  4. 3ヶ月の連続投与により効果が発現する場合もありますが、効果が確認できるまで通常6ヶ月以上の連続してのプロペシア服用が必要である。
  5. 効果を持続させるためにはプロペシアを継続的に服用する。つまり服用し続けた結果、効果があっても服用を中止すると効果は無くなり症状が進行します。
  6. 前立腺がんの検診を受ける予定のある方は、検査を実施される医師にプロペシアを服用していることを必ずお知らせください。(プロペシアの成分は前立腺がん検査で測定されるPSA値を約50%低下させるので、測定したPSA濃度を2倍した値を目安にする必要があります。)
  7. プロペシア服用中は献血をしないでください。(献血した血液が妊婦や授乳中の女性の体内に入るのを防ぐためです。1ヶ月間、プロペシアの服用をやめれば献血は大丈夫です。)
  8. 副作用として性欲減退・インポテンツがあり国内での臨床試験では発現率は1.0%未満です。
    副作用の詳細については下記の副作用の項目をご覧ください。

以上を踏まえてプロペシアでの男性型脱毛症の治療において、お薬自体を28錠単位にて処方することが可能ですが、とりあえず試してみたいという方でも効果の有無を判断するためには毎日1日1回プロペシアの服用を最低でも6ヶ月以上は継続しなくてはならないことをご了承ください。

経皮吸収に注意

フィナステリドは触れただけでも吸収される成分です。よって、意図せずしてフィナステリドを妊婦、妊娠している可能性のある女性が吸収してしまう可能性があります。プロペシアの錠剤は衝撃を与えないこと、割って使用しないことなどが奨励されている理由も経皮吸収の危険性を示唆しているわけです。通常、処方されるプロペシアは経皮吸収が起きないようにコーティングされているため心配はありませんがご家庭内に(同居人に)未成年の方や女性がいる場合は、特にプロペシアの取り扱いに注意してください。

プロペシアの有効成分は「フィナステリド」です。 この成分は5α還元酵素阻害薬という分類のお薬で同じ分類のお薬としてプロスカー(フィナステリド 5mg)の前立腺肥大のお薬がございます。これらのお薬は、アメリカテキサス州~メキシコに自生するノコギリヤシという植物の薬効成分を研究してできた化学合成品です。

一般名
フィナステリド(Finasteride)
分子式
C23H36N2O2
構造式
性 状
白色の結晶性の粉末である。メタノール又はエアノール(99.5)に溶けやすく、アセトニトリルにやや溶けにくく、水にはほとんど溶けない。

フィナステリドは2005年からWADA(世界アンチ・ドーピング機関)により筋肉増強剤の使用を隠蔽する作用があることからドーピング剤としてリストに入っていました。しかし検査技術向上によりフィナステリドを使用していても筋肉増強剤などの検出が可能になったため2009年1月1日からは禁止薬剤のリストからは外れています。そのため、現在はスポーツ選手の方でも問題なくプロペシアをお使いいただくことが可能です。禁止薬物に指定されていた2005年~2008年末の間で世間を騒がせた事例は以下の通りです。

  • 2006年
    ソリ競技スケルトン男子ザック・ランド(米国) [2006年トリノ五輪代表に不選出]
  • 2007年3月
    サッカー元オーストラリア代表スタン・ラザリディス [1年の出場停止処分]
  • 2007年8月
    ソフトバンク所属のリック・ガトームソン投手 [20日間出場停止]
  • 2007年12月
    サッカー元ブラジル代表ロマーリオ [120日間出場停止]

最新の禁止物質はこちらをご参照下さい⇒国際基準|日本アンチ・ドーピング機構

正規品を処方してくれる病院の選び方

近頃、ED・AGA治療をメインにしている男性専門クリニックにて厚労省未認可の【非正規品】のインド製のAGA治療薬をオリジナルと称してボトルに入れて処方しているとのこと。この【非正規品】を国内で仕入れるには偽物の多い個人輸入しか方法がないので非常に危険です。また、個人輸入により海外製のAGA治療薬を処方するクリニックはプロペシアの発売元であるMSDの提供する正規品プロペシアの処方を受けられる病院検索サイトにも審査が通らず掲載されていません。

ご自身の身の安全のために病院に行く前に必ず掲載されているかを調べるようにして下さい。プロペシアの処方をしているのに掲載が無いクリニックは非正規品を勧められる可能性もあるので電話等で詳細を確かめるようにすると良いでしょう。

病院の選び方が大事です。正規品のAGA治療薬を処方してくれる病院の探し方は当院HPにある【正規品ED治療薬を処方してくれる病院の選び方】も参考になります。


当院におけるプロペシア処方

プロペシアはED治療薬のバイアグラやレビトラ、シアリスと同じように薬価基準未収載薬のため健康保険の対象とはなりませんのでプロペシア処方でご来院の際には保険証はお持ちいただかなくても結構です

来院 → 問診 → 処方までは15分程度です。

服用することへの抵抗や不安などございましたら、ご予約は不要ですので最寄りのクリニックまで、お気軽にご来院ください。詳しい処方の流れは下記を参照してください。

プロペシアの郵送について

※「浜松町院・上野院・横浜院・大宮院・渋谷駅前院」のいずれかの医院を一度でも利用したことがある患者様を対象に医師による遠隔での問診後、ご自宅、又はご指定の場所にプロペシアを郵送することも可能になりました。他の医院も随時導入予定です。詳しくは以下をご覧ください。【初診は不可】


48週間の二重盲検比較試験 *3 において、安全性評価対象276例中11例(4.0%)に14件の副作用(臨床検査値異常変動を含む)が認められた。主な症状はリビドー(性欲)減退3例(1.1%)、勃起機能不全2例(0.7%)等。

当院にお越しいただく患者様も勃起不全の副作用を気にされる人が多数いらっしゃいますが添付文書にある通り確率は0.7%程度です。気にし過ぎると「勃起不全になったらどうしよう」という強い不安から心因性のED(勃起不全)にもなりかねません。気にし過ぎは禁物です。

  1. 重大な副作用
    肝機能障害(頻度不明) *4 :肝機能障害があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合 *5 には、投与を中止するなどの処置が必要になりますので処方を受けた医療機関に必ず相談すること。
  2. その他の副作用
    次のような症状又は異常があらわれた場合には、投与を中止するなどの処置が必要な可能性があるのでプロペシアを処方された医療機関に相談すること。

*3 治験の際に「調べたい薬剤(被治験薬)」と「全く効果のない偽物の薬剤(プラセボ)」を使用。被治験者及び担当する医師やスタッフにもわからないようにして治験を進めることです。
*4 当院でも過去1万人ほどプロペシアを処方していますが1人だけ該当者がいました。海外においても報告があるとのこと。
*5 薬を飲み始めてから体が著しくだるい等。血液検査をしてγ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)などの数値が大幅に上昇している場合は服用の継続は不可能となる場合があります。
種類/頻度 頻度不明 *6 1~5%未満 1%未満
過敏症痒痒症、蕁麻疹、発疹、血管浮腫(口唇、舌、咽喉及び顔面腫脹を含む)  
生殖器睾丸痛、男性不妊症・精液の質低下(精子濃度減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常等 *7)リビドー減退 *8勃起機能不全 *8、射精障害、精液量減少
肝臓AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇  
その他乳房圧痛、乳房肥大、抑うつ症状、めまい  
*6 自発報告あるいは海外にて認められている。
*7 本剤の投与中止後に、精液の質が正常化又は改善されたとの報告がある。
*8 市販後において、投与中止後も持続したとの報告がある。
※ 2016年7月改定(第14版) プロペシア添付文書を一部抜粋

プロペシアの有効成分であるフィナステリドを妊婦が摂取すると男性胎児の生殖器に異常をきたす可能性があることから、子作り(妊活)を始めようとしている人や妊娠中の性行為をする人には気になるところだと思います。

MSDの資料には「男性型脱毛症患者にフィナステリド 1 mgを 1 日 1 回 6 週間経口投与した時の精液中への移行量は極めて微量(投与量の0.00076%以下)であった。」とあります。この量は射精量 1 日 5mL として、かつフィナステリドが 100%吸収されるものと仮定すると、経膣吸収による女性の曝露は最高 7.6ng/日となり、これはアカゲザルの発育異常に対する無影響量の 750分の 1 より低い。と記されています。

つまり服用を続けて子作りをしても全く気にすることはないということです。もちろん当院の患者様からも今まで服用を続けたことにより胎児及び母体に何かしらの問題が生じたという報告も一切ありません。

食事の影響

発売元であるMSDの臨床データでは空腹時と食後とでフィナステリドのCmax(最高血漿中濃度)、Tmax(最高血漿中濃度到達時間)、AUC(0-24hr)(服用してから24時間までの血漿中濃度-時間曲線下面積)にほとんど変化はありません。よって食事の影響はありませんので、服用の際は食事は気にせず1日1回の服用だけを心掛けて下さい。できれば24時間周期で服用するのが望ましいので、毎日服用する時間はある程度決めておきましょう。

また水とお湯のどちらでプロペシアを飲んでも効果に影響はありません。錠剤は小さいため、水なしで飲むこともできます。さらに、お酒を飲んだ際も服用を控える必要はないため、お酒を日常的に飲まれている方でも安心してご使用ください。

併用禁忌薬

こちらもMSDの資料には他の薬剤との併用による影響は認められなかったとあります。つまり併用禁忌薬はございませんので、現在、常用しているお薬があっても気にせず服用を始めていただいて問題ありません。当院でも2005年12月の発売開始当時から2019年3月現在、延べで23万人以上の患者様に処方をしていますが、他剤との併用による問題は一度もありませんのでご安心下さい。

当院では、塩化カルプロニウム 5%配合の外皮用薬「フロジン液30ml」のジェネリック医薬品である「アロビックス30ml」(1本1,500円(税込)にて処方しております。)

※フロジン液30mlはお取り扱いしておりません

  • アロビックス30ml 1本:1,500円(税込)
  • アロビックス30ml 5本:6,000円(税込)
    ※5本以上は1本あたり1,200円になります。

塩化カルプロニウムとは、育毛剤で使われる血管拡張成分です。頭皮の血管を拡張し血流をよくして毛乳頭への栄養補給を助け毛髪の成長を促す作用があります。塩化カルプロニウムを配合している育毛剤で有名なものとして第一三共ヘルスケアが発売しているカロヤンアポジカ(1%配合)やカロヤンガッシュ(2%配合)などがあります。

アロビックスの用法・用量

1日2~3回適量を気になる箇所に塗布する。その後、薬が広がるように軽くマッサージする。注意点としてお風呂で体が温まり火照った状態で塗布すると多少の熱感や刺激痛などを生じる場合があるので、体が多少冷めてから塗布するとよいでしょう。また、目に入るとしみるので注意して下さい。万が一、目に入ってしまった場合はすぐに水で洗い流して下さい。

アロビックスの副作用

一過性の発汗、痒痒感、刺激痛、局所発汗、熱感、などがある。また全身性の発汗、それに伴う悪寒、戦慄、吐き気、嘔吐などの異常を感じたら、使用を中止して、直ちに水等で洗い流すこと。添付文書には、このようなことが明記されていますが、当院にて処方させていただいた患者さんには気になるような副作用は限りなくゼロに近いので安心してご使用下さい。


AGA治療薬の「プロペシア」と「アロビックス」の違い

プロペシア 1mg
アロビックス 30ml
有効成分フィナステリド塩化カルプロニウム
効果男性ホルモンの働きを抑制し発毛を促す頭皮の血行促進効果で発毛に
用量1日1錠 服用1日朝晩2回 塗布、1ヶ月で2本を目安
副作用性欲減退、ED発汗、かゆみ、刺激痛、熱感
処方できない方20歳未満の方、女性-
料金料金一覧をご覧ください
各種クレジットカードでのお支払いも可能です!
料金表・
診療時間
オンライン
処方
アクセス
・TEL