バイアグラED治療薬による胸焼けの対処法

ED治療薬で胸焼けが起きる原因

ED治療薬のバイアグラ(シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)は陰茎海綿体平滑筋を弛緩させることで海綿体への血流量が増えて血液が貯留し勃起の持続を補助するという作用機序です。その時に稀ではありますが陰茎海綿体平滑筋以外の平滑筋も弛緩させる場合があります。
平滑筋とは自律神経の支配下にある自分の意志では動かすことのできない心筋以外の不随筋肉で胃、食道、小腸、大腸、血管壁、に存在しています。胃にあるものが食道に逆流しないように働きかけている平滑筋が弛緩されると胃酸が逆流気味になり「胸やけ」「胃食道逆流症」「胃部不快感」といった症状がでるのです。
各インタビューフォームにあるデータでは胃部不快感、胃食道逆流性症、下痢、消化不良等々の胃腸障害に関する副作用はバイアグラで2.01%、レビトラは6.52%、シアリスは12.4%という発症率です。このようにシアリスはマイルドな効き目のためバイアグラ、レビトラよりも顔のほてりや目の充血等の副作用が少ないが、胃腸に関わる副作用発症率は若干多いようです。実際に当院でもバイアグラやレビトラよりもシアリスを服用した患者様から胃腸や筋骨格系に関する副作用報告が多いので各インタビューフォームの副作用データの通りであることは間違いなさそうです。

胸焼けの対処法について

ED治療薬の副作用による胸焼けに対しては胃酸を抑える「H2ブロッカーのガスター」や「プロトンポンプ阻害剤のタケプロン」などの薬が有効です。
ガスターは服用後30分くらいで効いて作用時間は8時間程度。タケプロンは服用後1~2時間くらいで効いてきて作用時間は同じく8時間程度ですが胃酸を抑える効果はタケプロンの方が高いです。
服用のタイミングはED治療薬を服用して性行為が終わった直後か、もしくは翌日に胃や食道に不快感が出ることが多いので性行為終了後、しばらく経ってから就寝前に服用するのが良いでしょう。しかしED治療薬服用してすぐ胃腸の不快感が出る場合はED治療薬と同時に服用する方が望ましいです。

当院では『ガスター錠20mg』のジェネリック医薬品『ファモチジンD錠20mg「サワイ」』と『タケプロンOD錠15mg』のジェネリック医薬品『ランソプラゾールOD錠15mg「トーワ」』の処方も行っていますので問診時にお気軽に先生にご相談下さい。処方価格は以下の通りです。
(※『ファモチジンD錠20mg「サワイ」』『ランソプラゾールOD錠15mg「トーワ」』だけの処方も可能)【※2016年9月1日処方開始】
『ファモチジンD錠20mg「サワイ」』・・・・1錠:100円(税込)
『ランソプラゾールOD錠15mg「トーワ」』・・1錠:100円(税込)

ファモチジンD錠20mg「サワイ」に関する各種文書
「ダウンロード可」
添付文書 インタビュー
フォーム
くすりのしおり
348.8KB2.10MB462KB
ファモチジンD錠20mg「サワイ」に関する各種文書
「ダウンロード可」
添付文書 インタビュー
フォーム
くすりのしおり
442.4KB1.73MB452.8KB

ED治療薬の服用による胸焼け対策として胃薬を服用する場合の注意点

処方ができない人(服用してはいけないケース)を以下にまとめましたので服用をお考えの方は必ずお読みください。

『ファモチジンD錠20mg「サワイ」』を服用できない人

  • ファモチジン等のH2ブロッカー薬によりアレルギー症状(例えば、発疹・発赤、かゆみ、のど・まぶた・口唇等のはれ)を起こしたことがある人
  • 医療機関で次の病気の治療や医薬品の投与を受けている人
    ⇒血液の病気、腎臓・肝臓の病気、心臓の病気、胃・十二指腸の病気、ぜんそく・リウマチ等 の免疫系の病気、ステロイド剤、抗生物質、抗がん剤、アゾール系抗真菌剤
    (白血球減少、血小板減少等を起こすことがあります)
    (腎臓・肝臓の病気を持っている場合には、薬の排池が遅れて作用が強くあらわれることがあります)
    (心筋梗塞・弁膜症・心筋症等の心臓の病気を持っている場合には、心電図異常を伴う脈のみだれがあらわれることがあります)
    (胃・十二指腸の病気の治療を受けている人は、ファモチジンや類似の薬が処方されている可能性が高いので、重複服用に気をつける必要があります)
    (アゾール系抗真菌剤の吸収が低下して効果が減弱します)
  • 医師から赤血球数が少ない(貧血)、血小板数が少ない(血が止まりにくい、血が出やすい)、白血球数が少ない等の血液異常を指摘されたことがある人
    (本剤が引き金となって再び血液異常を引き起こす可能性があります)
  • 他の胃腸薬を服用中の人
  • 小児・未成年(20歳未満)及び高齡者(80歳以上) (※添付文書等では15歳未満と記載されているが当院では未成年は処方の対象外としているため)
  • 妊婦又は妊娠していると思われる人
  • 授乳中の人(本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい)

『ランソプラゾールOD錠15mg「トーワ」』を服用できない人

  • 本剤の成分に対する過敏症の既往歴のある人
  • アタザナビル硫酸塩、リルピビリン塩酸塩を投与中の人(両剤ともHIV治療薬)
  • 小児・未成年(20歳未満)及び高齡者(80歳以上) (※添付文書等では15歳未満と記載されているが当院では未成年は処方の対象外としているため)
  • 妊婦又は妊娠していると思われる人
  • 授乳中の人(本剤を服用する場合は授乳を避けて下さい)

市販の胃薬でも代用可能

薬局にて購入できる胃薬でも代用はできます。有効成分がファモチジン10mgですが胃酸を抑えることで有名な「ガスター10」でも十分です。胃酸を抑える作用の強い「プロトンポンプ阻害剤」は市販薬では存在しませんが、代用が効く可能性のある代表的な「H2ブロッカー」と「M1ブロッカー」の市販薬を以下に紹介しておきますのでED治療薬の服用で胸焼けが気になるけども当院にお越しになれない方はお近くの薬局で購入して試してみて下さい。尚、第一類医薬品は薬剤師、第二類医薬品は薬剤師または登録販売者の資格を持った人が薬局にいなければ購入できませんのでご注意ください。

※以下に紹介する胃腸薬は当院では扱っておりません。
≪料金は2016年8月15日時点でのそれぞれのメーカーHP記載の希望小売価格です≫

商品名:ガスター10
製造元:第一三共ヘルスケア株式会社
成 分:ファモチジン 10mg(H2ブロッカー)
区 分:第一類医薬品 ※添付文書 ⇒
価 格:6錠:1,058円(税込)「1錠あたり176.3円」
製品情報→ガスター10製品情報|第一三共提供

商品名:アシノンZ
製造元:セリア新薬工業株式会社
成 分:ニザチジン 75mg(H2ブロッカー)
区 分:第一類医薬品 ※添付文書 ⇒
価 格:6錠:905円(税込)「1錠あたり150.8円」
製品情報→アシノンZ製品情報|ゼリア新薬提供

商品名:イノセアワンブロック
製造元:佐藤製薬株式会社
成 分:ロキサチジン酢酸エステル塩酸塩 60mg(H2ブロッカー)
区 分:第一類医薬品 ※添付文書 ⇒
価 格:3カプセル:1,058円(税込)「1錠あたり352.6円」
製品情報→イノセアワンブロック製品情報|佐藤製薬提供

商品名:ガストール錠
製造元:エスエス製薬株式会社
成分1:ピレンゼピン塩酸塩水和物 47.1mg(M1ブロッカー)
成分2:メタケイ酸アルミン酸マグネシウム 900mg(胃酸中和・胃粘膜保護)
成分3:炭酸水素ナトリウム 1200mg(胃酸中和)
成分4:ビオヂアスターゼ2000 30mg(食物の消化促進)
区 分:第二類医薬品 ※添付文書 ⇒
価 格:30錠:1,026円(税込)「1錠あたり34.2円」
製品情報→ガストール錠製品情報|エスエス製薬提供