シアリスジェネリック未承認薬「メガリス(Megalis)」について

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

インド製シアリスジェネリック(シアリスは国際特許が満了を迎えていないので日本国内ではインド製のコピー版シアリスという位置付け)。当院では、メガリスのような無承認医薬品は取り扱っておりません。

メガリスとは、インドのマハーラーシュトラ州(Maharashtra)のムンバイ(Mumbai)のアンダリー・イースト(Andheri (East))に本社を置くマクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd.)の製造するシアリスのジェネリック医薬品です。マクローズ社は従業員数は10,000人以上で結核、マラリア、HIVのジェネリック治療薬に力を入れておりインド国内の製薬会社の中で売上10位と創業して20数年間で急成長を遂げている製薬会社です。
このHPの「Products - India Market」の一覧に「MEGALIS-10」と「MEGALIS-20」と記されているようにタダラフィル10mgと20mgの2つの規格を販売しています。

メガリスも他のインド製ジェネリックと同じくインターネットにて個人輸入代行業者の通販サイトにて20mgがまとめ買いだと1錠あたり100円から、少ロットものでも360円くらいから購入できる(2019年10月現在)ので、安易な気持ちで手を出してしまう人がいらっしゃいます。しかしながら正規ルートは存在しないため悪徳業者による偽造品が数多く出回っていますので個人輸入サイトはもちろんのこと医療機関からの処方であっても服用しないようにして下さい。
日本国内の厚労省認可を得たシアリスのジェネリックが2020年5~7月頃には登場する可能性もあるので、それまでまで待つのが無難です。2011年に個人輸入したシアリスにより意識障害になるという深刻な健康被害の報告もあるくらいですので注意して下さい。

以下のタダリスの画像は、インターネットにて、それらしいものを販売している個人輸入代行業者の通販サイトを適当に探して入手しただけなので本物なのか偽物なのかは判断できかねますことをご了承ください。

商品名:メガリス(megalis)
製造元:マクローズ社(Macleods Pharmaceuticals Ltd.)
主成分:タダラフィル(Tadalafil)※20mgのみ製造
剤 形:経口投与のフィルムコーティング剤
効 果:シアリスとほぼ同じとされている

メガリスの服用における注意点

インターネットで「メガリス 個人輸入」等で検索すると個人輸入代行業者の通販サイトが数多く出てきます。2016年に国内のED治療薬を販売する製薬会社4社が合同で行われてた調査ではインターネットで実質的に販売する個人輸入代行業者のサイトより購入した35.6%が偽造品であったという調査結果がプレスリリースされています。つまり、3回注文したら1回は偽造品ということが調査結果でわかったのです。
偽造品は、不衛生な場所で製造され、どのような不純物が混入されているかわからないので、どのような副作用を生じるかも未知数です。国内にて厚労省より製造販売承認を得た医薬品で尚且つ用法用量を守って服用していたのにも関わらず重篤な副作用を生じ治療が必要になった際には医薬品副作用救済制度が適用され公的機関から治療費の一部を補助してくれますが、個人輸入の薬は適用されず全て自己責任、自己負担となります。厚労省も個人輸入は安易に行うものではないと様々なところで注意喚起しているくらいです。メガリスを個人輸入で入手するのは止めておきましょう。

併用禁忌薬や使用できない人

シアリスと同じくタダラフィルを有効成分としているので、狭心症の治療薬であるニトログリセン等の硝酸剤や慢性血栓塞栓性肺高血圧症の治療薬であるアデムパスと併用すると血圧が下がり過ぎて心停止の可能性もあるので注意が必要です。


料金表・
診療時間
オンライン
処方
アクセス
・TEL