ED治療薬の正規品とは

浜松町第一クリニック 竹越昭彦院長 監修


ED治療薬やAGA治療薬を処方しているクリニックのホームページやネット広告などでよく"正規品"という言葉を目にする。この正規品の意味(定義)はしっかり定められていない。
そもそも何故、正規品という言葉を使っているかということから説明しよう。

昔はED治療薬を気軽に処方してもらえる男性専門クリニックはあまりなかったことと偽造品や模造品の摘発ニュースばかりでバイアグラ自体、世間的には良い印象のお薬ではなかったので欲しい人はコッソリとインターネットの個人輸入代行業者の通販サイトでバイアグラ錠を購入する人が多く、偽造品や模造品を掴まされてしまう人が後を絶たなかった。

そこで、我々のような医療機関と各製薬メーカーとで協力しながら個人輸入で手に入れる海外製の"非正規品"は偽造品や模造品が多く混在するため危険であること。また、偽物の多い個人輸入で入手する"非正規品"と違ってクリニック等の医療機関で取り扱っているバイアグラ等のED治療薬やプロペシア等のAGA治療薬は厚労省からしっかり認可を受けている"正規品"であることを2006年頃から現在まで真摯に啓発を行ってきました。啓発の際には、あえて"非正規品"と"正規品"という言葉を使用し皆さまには【偽物の混在する危険な"非正規品"】【安心安全な"正規品"】という意識を持っていただく努力をしてきました。

1万円以上で送料無料。
来院歴が無くてもOKです。

これまでの経緯からもEDやAGA治療薬における"正規品の定義"は、今までの経緯からも当たり前のことですが「ED治療薬の正規品とは厚労省から認可を得た国内にて正規流通している安全な医薬品」であることは間違いない。
しかしながら、ここ最近、複数院展開している男性専門クリニックにて厚労省"未認可"の海外製のED、AGA治療薬に対して"正規品"という言葉を使用しているのである。厚労省から認可を得ていない海外製の医薬品には正規ルートは存在しないので国内にて仕入れるためには例え医療機関であっても個人輸入しか方法がない。よって厚労省"未認可"であり国の医薬品医療機器等法に基づく確認がされていない海外製のジェネリック含むED治療薬やAGA治療薬は全て"非正規品"である。
我々ED、AGA治療薬の処方をする男性専門クリニックと製薬メーカーとで使用してきた"正規品"という言葉の信用がまんまと利用されているのである。"正規品"という言葉の信用性が崩壊されつつあるという危機感を持って現在このコラムを執筆している。

「ED治療薬の正規品」という言葉を聞いて患者さんがどのような意味合いで理解しているのかを知っているので、あえて厚労省"未認可"の海外製のED、AGA治療薬に対して"正規品"という言葉を使用しているのである。こういった行為は極めてあざとく、極めて悪質である。人を欺くことを武器にしたビジネスはある程度のとこまでは成功を収めても、多くの人が絡むビジネスにとって一番大事な道徳観や倫理観に欠けているため、ちょっとしたほころびから一気に崩れるリスクがあることをいつか知ることになるだろう。

ここで改めてED、AGA治療薬の正規品の意味を確認しておく。

  • 正規品・・・・厚労省認可の国内正規流通している医薬品
  • 非正規品・・・厚労省"未認可"の国内正規流通していない医薬品

レビトラの販売元バイエル、シアリスの販売元日本新薬が提供する以下の病院検索サイトに掲載のある医療機関に行けば問題ない。理由は上記の正規品以外の海外製の非正規品の薬を処方している医療機関は掲載基準を満たしてないため以下の検索サイトに非掲載となっているためです。
「ED-info.net」の病院検索だけはバイアグラの販売元であるヴィアトリスの管理外なので個人輸入した非正規品を処方する医院が掲載されているので危険です。この病院検索だけは使用してはいけません


非正規品を処方するクリニックは避けたいと思っている皆様のために以下のようなページも作成して詳しく説明しているので是非とも参考にしていただきたい。

料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL