竹越昭彦院長コラム「自転車ED」について

浜松町第一クリニック 竹越昭彦院長 監修

「自転車でED!?」と驚く人もいるかもしれませんが、その名の通り、自転車が原因で起きるEDです。自転車といえばエコロジーの観点や有酸素運動ですので生活習慣病の予防にもなり健康面などで良いのは間違いありませんが、ことEDに関してはマイナス面もあると言われています。

その原因は自転車の"サドル"。勃起にかかわる血管・神経が通る会陰部が、サドルにより圧迫されてしまうのです。これにより、自転車に乗っている間はペニスへの血液循環が悪くなり、それが長時間、何度も繰り返されることで器質性EDが引き起こされてしまう可能性が否定できません。

事実、日本よりサイクリングが身近な自転車先進国のアメリカでは、自転車が原因でEDを発症した男性が300万人もいるというレポートもあります。特にスポーツタイプの自転車の場合、前傾姿勢で乗ることが多いことに加えてサドルも細いため、会陰部への圧迫がより強まることがわかっています。そのため、ロードレースや競輪の選手にも、この手のEDに悩む人が多いようです。

通勤・通学するなど、自転車に乗る時間がそこまで長くなければ、あまり気にしすぎる必要はありません。家計の節約ができるだけでなく、生活習慣病の予防になるのでEDの予防にもなります。当院で40~59歳の男性2,000人を対象に行った「ED予防に効果的な運動のアンケート調査」でもサイクリングがED予防になることは証明されています。
しかし、スポーツタイプの自転車で一日2時間を超えるような長時間乗るような方は注意したほうがいいでしょう。こうしたヘビーユーザーの方は、股間を圧迫しすぎないサドルを選んだり、圧迫緩和のパッドが入ったサイクリング用パンツを活用したり、休憩をマメに入れたりすることをオススメします。

料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL