竹越昭彦院長コラム40代の男性にすすめるSEXにいい食べ物

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

スッポンやウナギ、山芋からマムシまで、古くから多くの男性たちが精力増強を望み、あらゆる食べ物にその希望を託してきました。これらは「強精料理」と呼ばれ、今もなお性機能向上に効くと認識されています。
では、これらを食べることで本当に性機能は向上するのでしょうか?

実は、ここでいう「精力」とは、あくまで"生きる力"のことであり、精神や肉体の状態を高めることを指します。結果として性機能に影響が及ぶことはあるにせよ、直接的にEDを改善したり、勃起力を高めたりすることはないのです。

ちなみに、強精料理の中では「牡蠣」が圧倒的な効果を誇ります。セックスミネラルと言われるほどの牡蠣には、ミネラル、ビタミン類、必須アミノ酸、亜鉛など、精力を高めるといわれる成分が多く含まれています。多いときには80個の牡蠣を食べていたと言われる、牡蠣好きで有名なイタリアのとある作家は、そのせいもあって精力が有り余るほど元気だったと言います。
強精料理について詳しく知りたい方は、下記も参考にしていただければと思います。

なお、現代においては、精力増強ドリンクなどが一般に普及したことで、より手軽にその願いを叶えられるようになりました。ただし、コンビニなどで買える精力増強食品は、あくまで"健康食品"であり、薬ではありません。もちろん、「これで精力が上がる!」と思い込むことによるプラセボ効果で効果が表れることもあるでしょうが、あくまでサプリメント程度の代物だと考えたほうがいいでしょう。その効果に科学的な裏付けはないことはしっかりと理解しておきたいところです。

40代を超えてなお、貪欲にSEXを追い求める――。そんな人に対して世間が向ける視線は「いい年して……」というネガティブなものかもしれません。しかし、人生の質を上げたいのであれば、それくらい貪欲に性生活を充実させるべきです。若いときよりも年をとったときのほうが、SEXによって得られるものは多いからです。

たとえば、SEXをしなくなってしまうと、夫婦関係の悪化など私生活への影響はもちろん、「生きる力」という意味での精力も衰えてしまいます。男性としての自信が失われ、仕事にすら悪い影響が出てしまうようです。

私の患者さんでも、40代を超えてEDとなってしまいSEXから遠ざかってしまった人たちが多くいますが、彼らからもまた「仕事に対するモチベーションが下がってきた」「営業や部下指導の際に、どうしても消極的になってしまう。なんだか覇気がなくなってしまった」という声をよく耳にします。SEXから遠ざかることで、気力も下がってしまうようです。

また、SEXから遠ざかると、心身ともに若さを保てなくなってしまいます。SEXに対して意識が向いているということは、常に異性を意識していることでもあります。そのため、心身ともに年齢以上の若さが保て、それが私生活や仕事へのハリにつながるのです。事実、SEX自体に若返り効果があることは以前のコラムでも述べた通りで、ここからも40代以上男性へのSEXのメリットははかり知れません。

このようにSEXは、男性の人生に良い影響を及ぼします。最近話題となっている言葉を借りれば「クオリティ・オブ・ライフ(QOL)が向上する」とも言えるでしょう。「生涯現役だ!」とSEXに前のめりになっているくらいのほうが、男性にとっては充実した人生を送れるのです。

若い頃のようにパワフルにSEXできなくなったと嘆く人もいるでしょうが、年をとってからだからこその楽しみもあるものです。パートナーとじっくり、ゆっくりと快楽を追求するのもまた一つの楽しみ方だといえるでしょう。40歳を超えた今だからこそ、性生活を改めて見直してみてはいかがでしょうか。

料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL