バイアグラジェネリックシラグラについて

バイアグラジェネリックのシラグラについて
バイアグラジェネリックのシラグラについて

シラグラとは?

インド製バイアグラジェネリック

シラグラとは、インドのムンバイに本社を置く製薬会社「Cipla(シプラ)」が開発した米国ファイザー社の「バイアグラ」のジェネリック医薬品です。厳密にいえばバイアグラの特許が切れる以前から発売開始されている為、インド製コピーバイアグラとなりますが、バイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩を含んでいる点は、バイアグラと全く同じです。

特徴としては、バイアグラに比べ安価で購入できます。その理由は、インド国内では医薬品の特許に関する取り締まりの緩さが影響していて現状ではバイアグラの開発元であるファイザー社に特許料を支払うことなく製造、販売ができてしまっているからです。これについての詳細は別ページ「どうしてインドでは国際特許が切れていないのにジェネリックが存在するのか?」をご覧下さい。値段は日本でバイアグラを入手すると1錠1300〜1500円程度はしますが、インド国内では5分の1もしくは10分の1程度の、1錠当たり150円〜300円程度の低価格の値段で購入できます。

ただ、シラグラは日本での認可は下りていない医薬品で、直接インドに購入しに行くか個人輸入で入手する方法のみです。個人輸入に関しては偽物も多く出回っており、実際に健康被害の報告もでていますのでおすすめは出来ません。

商品名:シラグラ(silagra)
製造元:Cipla社
主成分:シルデナフィルクエン酸塩
効 果:バイアグラとほぼ同じ

シラグラの効果

有効成分自体はバイアグラと同じシルデナフィルです。勃起に必要な血液を海綿体に血流増加させて正常に働きかける作用があります。※勃起は性的刺激を受けることにより、脳の中枢神経から男性器周辺の一酸化窒素を生成する組織に信号を送り、男性器(海綿体)への血液流入を促し陰茎が膨張することが勃起に至るまでの流れです。ただし、バイアグラとは成分は一緒ですが製法が違いますので、全く一緒かといえば、その効果や効きはじめる時間は正規品と多少違ってきます。

シラグラの服用方法

バイアグラやほかのジェネリック薬品と、有効成分が同じなので、飲み方についても、基本的にはバイアグラと同じです。食後に服用するとシルデナフィルの吸収率が非常に落ち込んでしまうため、効果を発揮しづらくなってしまいます。特に脂っこい食べ物を食べた直後ですと胃腸に油の膜が出来てしまい成分の吸収を阻害してしまう場合がありますので、食前の30分以上前には飲んでおきましょう。

また、大量に酒を摂取した場合も血管拡張作用がある為、アルコールがまわりやすくなります。大量のアルコールを摂取した場合はお気をつけ下さい。

シラグラ服用時の注意点

※シラグラもバイアグラと同じく、25mg、50mgのほかに100mgの錠剤がラインアップされています。日本で流通しているバイアグラは50mgまでですので、日本人が100mgを服用する場合には半分程度に割って飲んでおいた方が無難でしょう。ピルカッターやカッターで割るとキレイに割れますが、割った残りの錠剤はコーティングが取れてしまうのでなるべく早めに服用する事をおすすめします。

また、ニトログリセリンなどの硝酸剤と同時期に飲むと血圧が危険なレベルまで下がり命の危険にさらされることがありますので、絶対に併用しないでください。心配な人は、まずかかりつけの医師かEDの専門医に、現在服用している薬の成分について相談することをおすすめいたします。