バイアグラジェネリック未承認薬「シラグラ(Silagra)」について

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

シラグラもインドの独自の特許解釈によりカマグラ、ペネグラ、カベルタ同様、バイアグラの国際特許が満了を迎える前から発売されているため国内ではコピー版のバイアグラという位置付けとなります。国内にて仕入れるには偽物が多数混在する個人輸入に頼るしかない製品ですので、自身の健康のためにも手を出すのは止めておいた方がよいでしょう。
当然のことながら当院ではカマグラは扱っておりません。

初診からご利用いただけます。
来院歴が無くてもOKです。

シラグラとは、インドのムンバイに本社を置く製薬会社「Cipla(シプラ)」が開発した米国ファイザー社の「バイアグラ」のジェネリック医薬品です。厳密にいえばバイアグラの特許が切れる以前から発売開始されている為、インド製コピーバイアグラとなります。バイアグラと同じ有効成分であるシルデナフィルクエン酸塩を含んでいる点はバイアグラと全く同じです。

特徴としては、バイアグラに比べ非常に安価で流通している点です。その理由は、インド国内での物価も影響していますが、医薬品の特許に関する取り締まりの難しさが影響しており、現状ではバイアグラの開発元であるファイザー社に特許料を支払うことなく製造、販売ができてしまっているからです。これについての詳細は以下の竹越院長のコラムで詳しく説明しておりますのでご覧下さい。


一番大事なポイントは、シラグラは日本での認可が下りていない未承認医薬品なので、本物を入手するには直接インドに行くしかないこと、国内で入手するには医師でも一般の方でも偽物の多く混ざる個人輸入しか方法がないこと、さらに海外から国内に入ってくる偽物の医薬品の中でED治療薬がずば抜けて多いことです。
さらに、国内で製造販売承認を得た医薬品であれば、重大な副作用等により健康被害が生じた時に治療の一部を救済してくれる医薬品副作用被害救済制度が適用されますが、シラグラは適用外であるため服用して重篤な副作用が生じ病院に通うことになっても全て自己責任となります。そのような理由からシラグラを含め海外の未承認薬を入手する行為自体オススメしておりません。以下、厚労省提供のサイトでも個人輸入の危険性について注意喚起しています。

商品名:シラグラ(silagra)
製造元:Cipla社
主成分:シルデナフィルクエン酸塩
効 果:バイアグラとほぼ同じとされている

シラグラ服用時の注意点

※シラグラもバイアグラと同じくシルデナフィルが含まれているためニトログリセリンなどの硝酸剤と同時に飲むと血圧が危険なレベルまで下がり命に関わりますので絶対に併用しないでください。心配な人はバイアグラを処方できない方に現在使用している薬が無いかよく見ておいて下さい。
一番の注意点はシラグラを入手しようとしないことです。2016年にED治療薬を販売しているファイザー、バイエル、日本新薬、イーライリリーの4社で行われた偽造ED治療薬の調査ではインターネットで入手したED治療薬の35.6%が偽造品だったという調査結果がプレスリリースされています。とにかく個人輸入で偽物を掴まされ健康被害に遭ってからでは遅いので、手を出さないようにして下さい。


料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL