レビトラのジェネリック未承認薬「ビリトラ(VILITRA)」について

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

レビトラの物質特許は国際特許は有効であるため日本国内ではビリトラはインド製コピー版レビトラという位置付けであり正式にはレビトラのジェネリック医薬品ではありません。当院は、このような非正規品は取扱いがございません。

ビリトラ(Vilitra)は、レビトラの主成分であるバルデナフィルを有効成分とするED治療薬なので水に溶けやすい性質を持っているので即効性があることと、バルデナフィル20mg含有しているのにもかかわらず錠剤がかなり小さい(以下の製品画像でレビトラ20mgとの比較写真参照)のが特徴です。製造しているのはインドのグジャラート州(Gujarat)ヴァドーダラー(Vadodara)に本社の製薬会社センチュリオン・ラボラトリーズ社(Centurion Laboratories.)で、主に消毒薬軟膏、鎮痛薬および抗炎症薬、抗うつ薬、抗菌薬および抗生物質、心臓血管薬、制酸薬、勃起不全および早漏症薬を取り扱っていて東アジア・東南アジア・中東・東ヨーロッパを中心に世界中に輸出をしています。会社規模はインド国内での製薬会社売上ランキングで24位以内にも登場したことがないので、さほど大きくはない企業でしょう。
ビリトラの剤形はレビトラと同じく水で服用するタブレット製剤で規格はバルデナフィルを20mg含有する「vilitra 20」と40mg含有の「vilitra 40」があります。他にも「super vilitra」といって早漏改善薬であるプリリジーの有効成分と同じダポキセチン60mgとレビトラの有効成分であるバルデナフィル20mg含有のED・早漏の同時改善薬も製造販売しています。センチュリオン社は他にもシアリスと同じ有効成分であるタダラフィル20mg含有のビダリスタ(Vidalista20)や早漏改善の有効成分のダポキセチン60mg含有のブリリジー(Vriligy60)やダポキシー(Dapoxy60)なども製造しています。

このビリトラを日本国内にて入手するには個人輸入代行業者の通販サイトを利用するしか方法がありません。個人輸入で入手するED治療薬の中に偽物が多く、年々その数は増えています。そもそも厚労省が一般の人でも国内では医師の処方が必要な医薬品を個人輸入することを許している理由は「安く海外の医薬品を入手してもらうため」では無く「外国で受けた薬物治療を継続する必要がある場合や、海外からの旅行者が常備薬として携行する場合などへの配慮によるもの」です。
実際に健康被害も年々数多く報告されているため、厚労省も個人輸入に対する注意喚起を積極的に行っているのです。
万が一、重大な副作用等により健康被害が生じた時に治療の一部を救済してくれる医薬品副作用被害救済制度の適用外ですので何があっても自己責任となってしまうような薬でもあり、不衛生な場所で製造され体に害を及ぼすような偽物である可能性のある医薬品を個人輸入で手に入れるのは危険なのです。

以下のビリトラ及びスーパービリトラの画像は、インターネットにて、それらしいものを販売している個人輸入代行業者の通販サイトを適当に探して入手しただけなので本物なのか偽物なのかは判断できかねますことをご了承ください。

ビリトラ20(vilitra 20)製品画像

スーパービリトラ(super vilitra)製品画像

商品名:ビリトラ20(vilitra20)
製造元:センチュリオン・ラボラトリーズ社(Centurion Laboratories.)
主成分:バルデナフィル(Vardenafil)※規格は20mg・40mg
剤 形:経口投与のフィルムコーティング剤
効 果:レビトラ20mgとほぼ同じとされている

ビリトラの注意点

ビリトラは一緒に飲むと命に係わる危険なお薬、また健康状態によっては服用してはいけない人がいます。これらの注意点はバイエル社の製造販売するレビトラ錠と同じですので以下をご参照下さい

ビリトラの危険性

ビリトラを日本国内にいて入手するには、正規ルートそのものが存在しないため一般消費者はもちろんのこと医療従事者でも偽物の多く混ざる個人輸入を利用するしか方法がありません。特に日本は、不正医薬品販売に狙われやすく米国に次いで第2位の標的になっているくらいです。その中でもED治療薬は特に偽物の混入率が高いのでED治療薬の海外製ジェネリックの服用は危険なのです。

ここ最近では個人輸入で仕入れた海外製のレビトラジェネリックを処方するクリニックもあるので、正規品の処方を希望されるのであれば、そのようなクリニックには近付かないのが一番です。そのクリニックで処方された海外製のレビトラジェネリックを服用しても全く効果が無い、または体調が悪くなり吐き気や嘔吐をしたという相談が当院にも来ています。注意して下さい。まだ国内に存在しないレビトラやシアリスのジェネリックを処方している時点で個人輸入で入手しているのは間違いありません。安心して正規品のED薬を処方してくれる病院の選び方は下記のリンク先のページを参考にして下さい。


料金表・
診療時間
オンライン
処方
アクセス
・TEL