シアリスシアリスの溶解実験

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

国内正規品(純正)のシアリス20mgの溶解速度と状況

国内正規品(純正)のシアリスの溶解時間について経過時間とシアリスの溶解状況をまとめてみました。

  • シアリス20mgの溶解状況~30秒後

    シアリス錠20mgを常温の水に浸して30秒経過した状況です。30秒ではほぼ変化はありません。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~1分後

    まだ錠剤の原型はあります。表面のコーティングがふやけた程度です。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~1分30秒後

    表面のコーティングが少し溶けだしました。ほんのり表面の黄色がにじみだしましたね。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~2分後

    表面の黄色がにじみだしてきました。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~3分後

    1分前よりだいぶ表面の黄色いにじみが広くなってきました。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~4分後

    溶けたコーティング部分が広がっています。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~5分後

    4分後からあまり変化はありませんが徐々に溶けだしています。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~6分後

    コーティング部分が溶けて中の有効成分が見え始めてきました。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~10分後

    シアリス錠の原型が少し崩れてきました。中の白い有効成分がよく見えます。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~15分後

    原型が壊れ、ボロボロな状態です。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~20分後

    原型を崩した錠剤の有効成分が広がり始めました。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~30分後

    ほぼ溶けた状態と言っていいでしょう。綺麗にコーティングの黄色と有効成分の白色がはっきり分かれました。

  •  
  • シアリス20mgの溶解状況~45分後

    30分後とあまり違いがありませんでした。この後1時間後まで観察しましたが、ほとんど変化が見られませんでした。

検証後のまとめ

上記の画像の通り18℃の水で10分程度で溶け始めているため胃袋に入れば10分もすれば完全に溶けているはずです。しかしシアリスの成分が体内に吸収されTmax(最高血漿中濃度到達時間)は0.5~4時間(30~240分)、中央値で3時間です。要は胃袋に入れて10分で溶けても体内に吸収され最大の効果を発揮するまで予想以上に時間がかかるということです。これは主成分であるタダラフィルの水に溶けにくいという性質もあるかと思います。シアリスの添付文書には「性行為の1時間前に服用」と記されていますが、性行為の時に最高の効果を狙うのであれば性行為の3時間前をお勧め致します。また「食事の影響は無い」と言われていますが実際には影響はあるので空腹時に服用して1時間経過してから食事をするなどすれば更に薬の効果を引き出せるので覚えておいて下さい。