レビトラレビトラの溶解実験

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

国内正規品(純正)のレビトラ20mgの溶解状態

国内正規品(純正)のレビトラの溶解時間について経過時間とレビトラの溶解状況をまとめてみました。
※室温24℃、水温18℃にて検証

  • レビトラ20mgの溶解状況~30秒後

    レビトラ錠20mgを常温の水に浸して30秒経過した状況です。30秒ではほぼ変化はありません。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~1分後

    まだ錠剤の原型はあります。表面のコーティングがふやけた程度です。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~1分30秒後

    コーティング部分が溶けて中の成分が見え始めてきました。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~2分後

    中の成分が水を吸って飛び出してくるように外に溶け出してきました。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~3分後

    中の成分が完全に外に飛び出してきて全て確認できるようになりました。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~4分後

    コーティング部分は無くなり中の成分が周りに広がり初めています。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~5分後

    1分前とあまり変化はありません。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~6分後

    1分前とあまり変化はありません。ただコーティングは徐々に溶けています。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~10分後

    成分及びコーティングが更に周りに広がりを見せています。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~15分後

    あまり変化はありません。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~20分後

    少しずつ回りに成分が広がったようにも見えますが、あまり変化はありません。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~30分後

    だいぶ、中の成分が広がり水に溶け始めているように見えます。

  •  
  • レビトラ20mgの溶解状況~45分後

    さらに錠剤の中身の白い成分が回りに広がっています。

検証後のまとめ

今回は常温(18℃)の水道水にて実験しましたが実際の服用の際は温かい胃の中の「胃酸」が更に早く溶かす働きがあると思います。今回の実験にてレビトラは2分程度で溶けています。よって、早い効果を期待して噛んで服用してもあまり意味が無いことがお分かりいただけるのではないでしょうか。ただでさえレビトラの主成分であるバルデナフィル塩酸塩水和物は水に溶けやすい性質上、即効性がありますので噛んで服用する必要はありません。
また、ご自身で入手したレビトラ錠が本物かどうか疑わしい時は水を入れたコップの中に一度、錠剤を入れてみて上記、検証画像と比較することで本物であるかどうかの判断材料にもなりますのでお試しいただくのも良いかもしれません。