レビトラレビトラとの併用注意薬についての詳細

レビトラの併用注意薬と理由

レビトラの有効成分であるバルデナフィルは主に肝臓及び小腸にてCYP3A4(CYP分子種の一種)という酵素によって代謝されます。よってこの酵素を阻害する作用の薬剤と併用することで代謝機能に影響を与え血中濃度上昇、半減期延長になり薬の作用が強くなることはもちろんのこと副作用も強く出るおそれがあることから注意が必要なのです。逆にCYP3A4を誘導するお薬と併用することで代謝機能が増して薬の効果が無くなってしまます。また、一部降圧剤と併用することでレビトラの血管拡張作用との相乗効果で血圧が下がり過ぎる危険のあるお薬もございます。以下に詳細を記しておきますので参考にしてください。

マクロライド系抗生物質【CYP3A4阻害】

薬剤名等臨床症状・借置方法機序・危険因子
マクロライド系抗生物質
(エリスロマイシン等)
エリスロマイシンで、本剤のAUCが4倍に増加し、Cmaxが3倍に上昇するとの報告がある。CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する。注1)

注1)クリアランスが減少とは、肝臓での代謝する能力が低下することを意味しています。代謝機能低下により血中濃度が上昇したり半減期が延長したりするということです。

インタビューフォームには「エリスロマイシンとの併用により、降圧作用が増強あるいは本剤の血漿中濃度が上昇するおそれがあるため、これらの薬剤との併用は「併用注意」とした。健康成人男子12 例に対し、エリスロマイシン500 mg 1 日3 回反復投与時にバルデナフィル5 mg を空腹時単回投与した場合、バルデナフィルのAUC及びCmaxが単独投与時と比較してそれぞれ4 倍及び3 倍に増加した。t1/2 の延長は認められなかった。」とあります。上記表でも薬剤名の箇所に「エリスロマイシン等」と記してあります。つまりマクロライド系抗生物質は全て血中濃度が上昇するので注意が必要ということです。以下に代表的なマクロライド系の薬剤を上げておきますので参考にしてください。

成分名(一般名)製品名(商品名)
エリスロマイシンエリスロシン
クラリシロマイシンクラリス、クラリシッド
ロキシスロマイシンルリッド
アジスロマイシンジスロマック
ジョサマイシンジョサマイシン
キタサマイシンロイコマイシン
スピラマイシン酢酸エステルアセチルスピラマイシン

ビカルタミド(カソデックス)|前立腺癌治療薬【CYP3A4阻害】

薬剤名等臨床症状・借置方法機序・危険因子
ビカルタミド本剤の血中濃度が上昇するおそれがある。CYP3A4阻害によりクリアランスが減少する。

インタビューフォームには「ビカルタミドはCYP3A4 阻害作用を有する、前立腺癌を適応症とする非ステロイド性の抗アンドロゲン薬である。本剤は前立腺癌治療中の患者にも投与される可能性があることから、ビカルタミドと併用される可能性がある。本剤とビカルタミドとの薬物相互作用試験は実施されておらず、国内外臨床試験においても、抗アンドロゲン薬を服用している患者を試験対象から除外していたことから、本剤とビカルタミドが併用された症例はなかった。しかしながら、主にCYP3A4により代謝される本剤とCYP3A4を阻害するビカルタミドとを併用した場合、本剤の血漿中濃度が上昇するおそれがあることから「併用注意」とした。」とあります。

リファピシン(リファジン・アプテシン)|結核治療薬【CYP3A4誘導】

薬剤名等臨床症状・借置方法機序・危険因子
CYP3A4を誘導する薬剤
リファピシン等
本剤の血中濃度が低下するおそれがある。CYP3A4阻害によりクリアランスが増加する。

インタビューフォームには「本剤の薬物動態に対するCYP3A4 を誘導する薬剤(リファンピシン等)の影響を検討した薬物相互作用試験は実施されていない。しかしながら、リファンピシン等のCYP3A4を誘導する薬剤については、CYP3A4により代謝される薬剤のAUCを低下させることが知られており、本剤に対しても同様の影響を及ぼす可能性がある。したがって,リファンピシン等のCYP3A4を誘導する薬剤との併用により、本剤の薬物動態がどの程度影響を受けるか明らかでないものの、血漿中濃度の低下により本剤の治療効果が低下するおそれがあることから、CYP3A4を誘導する薬剤との併用は「併用注意」とした。」とあります。上記の表にも「リファピシン等」と記されている通りこれ以外にもCYP3A4を誘導する薬剤は存在しますので以下にいくつか紹介しておきます。

成分名(一般名)製品名(商品名)分類
リファンピシンリファジン、アプテシン結核治療薬
カルバマゼピンテグレトール抗てんかん薬
フェニトインアレビアチン、ヒダントール抗てんかん薬
フェノバルビタールフェノバール抗てんかん薬

カルペリチド|急性心不全治療薬【降圧作用増強】

薬剤名等臨床症状・借置方法機序・危険因子
カルペリチド併用により高圧作用が増強するおそれがある。本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用が増強するおそれがある。

インタビューフォームには「カルペリチドは急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)の治療薬で、α型ヒトナトリウム利尿ペプチドの受容体に結合し、膜結合性グアニル酸シクラーゼを活性化させることにより、細胞内cGMP を増加させ、血管拡張作用や利尿作用を示す薬剤である。現在のところ、本剤とカルペリチドとの併用に関する非臨床及び臨床データは得られていない。しかしながら、本剤との併用により血管拡張作用による降圧作用が増強するおそれがあることから、同種同効品であるシルデナフィルと同様に、カルペリチドとの併用は「併用注意」とした。」とあります。

α遮断薬|高血圧症治療薬・前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬【降圧作用増強】

薬剤名等臨床症状・借置方法機序・危険因子
α遮断薬
テラジシン、タムスロシン等
併用により症候性低血圧があらわれるおそれがあるのでα遮断薬による治療で患者の状態が安定していることを確認した上で本剤5mgから投与を開始すること。またα遮断薬と併用する場合にはα遮断薬との投与間隔を考慮すること。本剤は血管拡張作用による降圧作用を有するため、併用により降圧作用が増強する。

インタビューフォームには「海外で実施されたα遮断薬(テラゾシン、タムスロシン)との相互作用試験において、血圧低下例がみられたことから、α遮断薬との併用により、症候性低血圧があらわれるおそれがあるため、「併用注意」とした。」とあります。上記の表にも「テラジシン、タムスロシン等」と記されている通りこれ以外にもα遮断薬は存在しますので以下にいくつか紹介しておきます。

成分名(一般名)製品名(商品名)分類
テラゾシンハイトラシン、バソメット高血圧症治療薬(血圧降下薬)、前立腺肥大症による排尿障害改善薬
タムスロシンハルナール前立腺肥大症による排尿障害改善薬
ドキサジシンカルデナリン高血圧症治療薬(血圧降下薬)
ブナジシンデタントール高血圧症治療薬(血圧降下薬)
ウラピジルエブランチル前立腺肥大症による排尿障害改善薬
プラゾシンミニプレス高血圧症治療薬(血圧降下薬)、前立腺肥大症による排尿障害改善薬

グレープフルーツ(ジュース)|【CYP3A4阻害】

インタビューフォームや添付文書にはグレープフルーツとの併用に関する注意事項等は記されておりませんが、グレープフルーツ中のフラノクマリン類がCYP3A4を阻害する作用があることから併用することで血中濃度が増強する可能性があり、副作用も出やすくなり代謝も遅れ本来よりも長く体内に薬効成分が残留することがあるので注意が必要かと思われます。グレープフルーツを摂取してから4日ほどはCYP3A4を阻害する作用が続く場合もあるので、相互作用が気になる方はグレープフルーツ摂取後3日程度開けてからレビトラを服用するようにすると良いでしょう。