バイアグラバイアグラの溶解実験

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

国内正規品(純正)のバイアグラ50mgの溶解状態

国内正規品(純正)のバイアグラの溶解時間について経過時間とバイアグラの溶解状況をまとめてみました。
※室温24℃、水温18℃にて検証

  • バイアグラ50mgの溶解状況~30秒後

    水温18℃の水にバイアグラ錠50mgを浸して30秒経過した状況です。30秒ではほぼ変化はみられません。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~1分後

    やや外側のコーティング部分がふやけてきました。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~1分30秒後

    はっきりと中の成分が溶け始めたのが確認できます。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~2分後

    コーティング部分と中の成分が溶けていく速度に勢いを感じます。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~3分後

    錠剤の原型はなくなりました。中の成分が溶け出しています。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~4分後

    青いコーティング部分と中の成分が混ざり合い広がり始めています。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~5分後

    1分前とあまり変化はみられません。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~6分後

    さほど変化はありませんが、少しずつコーティングが溶けています。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~10分後

    更に広がりを見せながら溶け続けています。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~15分後

    特に変化はありません。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~20分後

    溶け出した成分が一層広がりをみせています。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~30分後

    成分が水に溶け出している様子が分かります。

  •  
  • バイアグラ50mgの溶解状況~45分後

    30分後と比べてほとんど変化はありません。この後1時間後まで様子を見ましたが若干の成分の広がりはあったもののあまり変化はありませんでした。

検証後のまとめ

実験には水温18℃の水道水を使用しましたが、実際にバイアグラを服用する場合は胃酸と体温の働きで更に早く溶けるはずです。よく患者様から「噛んで飲むと早く効いたりしますか?」と質問されます。上記画像を見ていただけると分かるように18℃の水でも3分で溶け出しているのですから胃袋に入れば2分もあれば溶けているはずです。バイアグラは噛むと結構苦い薬です。苦い思いをしてまで噛む必要は無いということがお分かりいただけるかと思います。またバイアグラの製造元であるファイザーから新たに発売されているバイアグラODフィルムは舌の上で溶かして服用する剤形なので早く効くイメージを持つ方もいらっしゃいますが、残念ながら体内への吸収時間は錠剤のものと変わりませんのでお気を付け下さい。東和薬品から発売されているシルデナフィル OD 錠 50mg VI「トーワ」も口の中で素早く溶けますがバイアグラと同じ主成分であるシルデナフィルクエン酸塩が体内に吸収される時間は同じですので、こちらも早く効くのでは?と期待されぬようご注意下さい。
尚、「バイアグラ・レビトラ・シアリスとの溶解検証を比較したページ」や「インターネットにて個人輸入業者の通販サイトにて入手したバイアグラの溶解検証をしたページ」もございますのでご興味ある方は以下のページもご参考下さい。