プロペシアジェネリックプロペシアのジェネリック医薬品について

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

プロペシアのジェネリックとは、MSD株式会社が製造販売する男性型脱毛症治療薬プロペシアの有効成分フィナステリドの特許期間満了後に他の製薬会社が厚労省から同じ有効成分、同じ効果効能にて製造販売承認を得て発売されている「フィナステリド」を有効成分とした男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)のことをいいます。

ジェネリックは「後発医薬品」または「ゾロ」とも呼ばれますので「プロペシアの後発医薬品」または「プロペシアのゾロ」ともいいます。
特許期間満了後、他社からジェネリックが「ゾロゾロ」と登場することから、一昔前の医療関係者の間ではジェネリックのことを「ゾロ」と呼ぶ人が大半であったから今でもそのように呼ぶ人は数多くいます。

国内では、初となるプロペシアのジェネリック医薬品の製造販売承認を取得したのがファイザー株式会社です。2015年2月19日に男性型脱毛症(AGA)治療薬として『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』の製造販売承認を取得。2015年4月6日より発売開始しました。その後、2016年に入り沢井製薬、クラシエ、東和薬品、あすか製薬、武田テバ、富士化学工業と続きます。詳しくは以下の「国内正規プロペシアジェネリック一覧比較表」をご覧ください。

国内正規プロペシアジェネリック一覧比較表
剤形製造・販売・提携特徴処方価格(税込)
販売承認日 2005年10月11日、発売開始日 2005年12月14日
0.2mgMSD株式会社水で服用0.2mgは
取り扱い
無し
1mg28錠:6,500円
140錠:30,000円
フィナステリド錠 0.2mg「ファイザー」
販売承認日 2015年2月19日、発売開始日 2015年4月6日
0.2mg製造販売:ファイザー株式会社
提携:マイラン製薬
水で服用0.2mgは
取り扱い
無し
1mg[PHPシート]
28錠:4,300円
140錠:20,000円
[ボトル]
90錠:13,000円
180錠:24,000円
フィナステリド錠 0.2mg「サワイ」
販売承認日 2016年2月18日、発売開始日 2016年3月17日
0.2mg沢井製薬株式会社水で服用取り扱い
無し
1mg28錠:4,300円
140錠:20,000円
フィナステリド錠 0.2mg「トーワ」
販売承認日 2016年9月01日、発売開始日 2016年9月20日
0.2mg東和薬品株式会社水で服用取り扱い
無し
1mg30錠:4,300円
150錠:20,000円
フィナステリド錠 0.2mg「クラシエ」
フィナステリド錠 1mg「クラシエ」
販売承認日 2016年2月18日、発売開始日 2016年4月21日
0.2mg発売:クラシエ製薬株式会社
製造販売:大興製薬株式会社
水で服用取り扱い
無し
1mg取り扱い
無し
フィナステリド錠 0.2mg「SN」
フィナステリド錠 1mg「SN」
販売承認日 2016年2月18日、発売開始日 2016年12月14日
0.2mg製造販売元:シオノケミカル株式会社
発売元:あすか製薬株式会社
販売:武田薬品工業株式会社
水で服用取り扱い
無し
1mg取り扱い
無し
フィナステリド錠 0.2mg「武田テバ」
フィナステリド錠 1mg「武田テバ」
販売承認日 2017年2月17日、発売開始日 2017年4月20日
0.2mg製造販売元:武田テバファーマ株式会社
販売:武田薬品工業株式会社
水で服用取り扱い
無し
1mg取り扱い
無し
フィナステリド錠 0.2mg「FCI」
フィナステリド錠 1mg「FCI」
販売承認日 2018年1月25日、発売開始日 2018年3月6日
0.2mg富士学工業株式会社水で服用取り扱い
無し
1mg取り扱い
無し
フィナステリド錠 1mg「TCK」
製造販売承認日 2016年2月18日、発売開始日 2016年12月14日
1mg製造販売元:辰巳化学株式会社
発売元:本草製薬株式会社
水で服用取り扱い
無し
フィナステリド錠 1mg「TCK」
製造販売承認日 2016年2月18日、発売開始日 2016年12月14日
1mg製造販売元:辰巳化学株式会社
発売元:岩城製薬株式会社
水で服用取り扱い
無し
フィナステリド錠 0.2mg「SKI」
フィナステリド錠 1mg「SKI」
販売承認日 2018年11月15日、発売開始日 2018年12月13日
0.2mg製造販売元:小林化工株式会社
発売元:SKIファーマ株式会社
水で服用取り扱い
無し
1mg取り扱い
無し

日本国内での市場規模で考えた場合、バイアグラの国内市場規模は特許満了を迎える直前で年間46億円前後あり、特許満了後バイアグラジェネリックの発売に踏み切った製薬会社は合計10社。プロペシアの市場規模は2014年度で170億円前後とバイアグラの市場の3倍もあります。
よって、2015年にファイザー、2016年には沢井製薬・クラシエ・あすか製薬・本草製薬・岩城製薬・東和薬品の6社、2017年には武田テバ、2018年には富士化学工業・SKIファーマの2社、2019年11月現在で既に10社が厚労省から認可を得て発売されています。

既に合計10社もの製薬会社から発売されているので市場も飽和状態であることから今後、新たに参入してくる製薬会社が出てくる可能性は極めて低い状況ではあります。
新たな情報が入りましたら上記一覧表を更新していきますのでご興味ある方は定期的に確認してみて下さい。

前述で説明させていただいた通りプロペシアのジェネリックは10社から発売されています。
これだけあると「どれがいいの?」と悩む方も多いのではないでしょうか。以下に様々な見方から選び方の説明をさせていただきますので参考にして下さい。

プロペシアに極力近いジェネリックで選ぶ

ジェネリックは先発品と効き目はほぼ同じと言われていますが、その理由は有効成分が同成分で同容量であるのはもちろんのこと体内に吸収される成分量及び薬剤を体内にて代謝する時間が厚労省の検査基準にて”ほぼ同等”であると認められているからです。その基準というのが統計学的に見て±15%の範囲は許容されているので極僅かではありますが実際には完全に一緒であるということでは無いのです。この差が出る理由の一つとして添加物の違いがあげられます。
そこで、各製薬会社から発売されているフィナステリド錠の添付文書を参考にそれぞれの添加物の比較表を作成しました。

製品名添加物
プロペシア錠1mg結晶セルロース乳糖水和物部分アルファー化デンプンデンプングリコール酸ナトリウムジオクチルソジウムスルホサクシネートステアリン酸マグネシウムヒプロメロースヒドロキシプロピルセルロース酸化チタンタルク三二酸化鉄黄色三二酸化鉄カルナウバロウ
フィナステリド錠1mg「ファイザー」無水乳糖アルファー化デンプン結晶セルロース、クロスカルメロースナトリウム、軽質無水ケイ酸、ポビドン、ジオクチルソジウムスルホサクシネート、マクロゴール400、ステアリン酸マグネシウムヒプロメロース酸化チタン、マクロゴール6000、黄色三二酸化鉄三二酸化鉄、黒酸化鉄
フィナステリド錠1mg「サワイ」カルナウバロウ結晶セルロース酸化チタン三二酸化鉄ジオクチルソジウムスルホサクシネートステアリン酸Mgタルクデンプングリコール酸Na乳糖ヒドロキシプロピルセルロースヒプロメロース部分アルファー化デンプン
フィナステリド錠1mg「トーワ」乳糖水和物、クロスポビドン、ステアリン酸Mgヒプロメロース、トリアセチン、タルク酸化チタン三二酸化鉄
フィナステリド錠1mg「クラシエ」結晶セルロース乳糖水和物、軽質無水ケイ酸、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロースステアリン酸マグネシウムヒプロメロース、マクロゴール6000、タルク三二酸化鉄カルナウバロウ
フィナステリド錠1mg「SN」あすか製薬結晶セルロース乳糖水和物、軽質無水ケイ酸、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロースステアリン酸マグネシウムヒプロメロース、マクロゴール6000、タルク三二酸化鉄カルナウバロウ
フィナステリド錠1mg「武田テバ」結晶セルロース酸化チタンステアリン酸マグネシウムデンプングリコール酸ナトリウム乳糖水和物ヒプロメロース部分アルファー化デンプン、ポビドン、マクロゴール400、マクロゴール6000、ラウリル硫酸ナトリウム、黄色三二酸化鉄三二酸化鉄
フィナステリド錠1mg「FCI」富士化学結晶セルロース乳糖水和物部分アルファー化デンプンデンプングリコール酸ナトリウムジオクチルソジウムスルホサクシネートステアリン酸マグネシウムヒプロメロースヒドロキシプロピルセルロース酸化チタンタルク三二酸化鉄黄色三二酸化鉄カルナウバロウ
フィナステリド錠1mg「TCK」本草・岩城結晶セルロース乳糖水和物、軽質無水ケイ酸、クロスカルメロースナトリウム、ヒドロキシプロピルセルロースステアリン酸マグネシウムヒプロメロース、マクロゴール 6000、タルク三二酸化鉄カルナウバロウ
フィナステリド錠1mg「SKI」乳糖水和物結晶セルロース部分アルファー化デンプンデンプングリコール酸ナトリウムステアリン酸マグネシウムヒプロメロースタルク酸化チタン黄色三二酸化鉄三二酸化鉄カルナウバロウ

上記の比較表から判断するとプロペシアと添加物まで一緒なのがフィナステリド錠1mg「サワイ」と「FCI」と「SKI」ということになります。ただし、製造方法等の違いから添加物まで一緒でもプロペシアの完全に一緒であるわけではいので、上記比較表はあくまで選択する際の参考として留めておいて下さい。

包装の種類で選ぶ

10社全て1錠ずつ複数錠包装しているPTPシートです「SKI」のみ1シート10錠で他のメーカーは1シート14錠です。
1錠ずつPTPシートから取り出して服用するので、衛生的で残数がわかり易いのが特徴です。 基本的にSKIは3シート30錠(1ヶ月分)で1セット。他のメーカーは2シート28錠(4週間分)で1セットとして処方されるケースがほとんどです。

プロペシア錠は、14錠シート以外にバラで90錠入ったボトルもありますが「ファイザー」「トーワ」「武田テバ」「SKI」もバラのボトル包装があります。「ファイザー」「武田テバ」は90錠ボトル、「トーワ」は30錠ボトル、「SKI」は61錠ボトルです。
PTPシートから毎回取り出すのが面倒な人にはお勧めです。入っている錠数は違えど大きさはどれも同じサイズですので保管場所の場所を取りたくない人は90錠ボトル、残数を管理することを優先したい方は30錠ボトルが良いでしょう。

製薬会社の知名度で選ぶ

有名な企業で選択基準に選ぶのであれば外資系の製薬会社として有名な”ファイザー”、日本のジェネリック医薬品の最大手である”沢井製薬”と”東和薬品”、国内最大手の製薬会社である武田薬品とテバ製薬の合弁会社である”武田テバ”、カネボウから社名変更した”クラシエ”でしょう。
基本的に10社全て厚労省からお墨付きをもらっている医薬品なので実際には効き目においては大差ありません。10社の内、好きな製薬会社があればそこのフィナステリド錠でも良いかもしれません。

料金表・
診療時間
オンライン
処方
アクセス
・TEL