インターネット調査セックスレスに関するインターネット調査

20〜40代男女の約半数(46.3%)が「セックスレス」

  • きっかけは「性欲の低下」が最も多く全体の3割強
  • 男女別では男性2割強に対し、女性は5割弱が性欲低下を実感
  • セックス時使用したED治療薬、3割強が医療機関以外で入手

ED治療専門病院の浜松町第一クリニック(東京都港区)(https://www.hama1-cl.jp/)は、2013年9月19日〜23日、関東在住の20〜40代男女671人を対象に、「秋の夜長の性生活調査〜セックスレス」(インターネット調査)を実施しました。

この調査によると、男女全体の約半数(46.3%)が、自身の性生活について「セックスレス」だと認識していることが分かりました。また、特定のパートナーとのセックス頻度については、「月2〜3回以下」と回答する人が最も多く、全体の30.9%。また「以前はしていたが現在はしていない」という回答が、全体の2割以上を占めています(22.1%)。一方、「ほぼ毎日」という絶倫派は、男性では全体の2.8%、女性では0.7%に過ぎず、最高値は男性30歳代の5.1%でした。

そして、「セックスレスになったきっかけ」として最も多かったのが「性欲がなくなった」(33.8%)という回答。しかし、この回答を男女別に見ると「性欲がなくなった男性」は25.0%しかおらず、「女性」は42.1%にも及んでいます。加えて、女性を年代別にみると、30代が最も多く47.2%、40代が44.6%と、30〜40代女性の性欲低下が著しいことが明らかになりました。

「現状よりセックスの頻度を増やしたいか」という質問に対しては、全体の約6割(59.8%)が増やしたいと回答していますが、男女を比較するとその差は大きく、「増やしたいと考える男性」が75.7%であるのに対し、「増やしたい女性」は47.4%と半数以下にとどまっています。「増やしたいと思わない理由」としては、「面倒だから」「疲れるから」という回答が多くみられました。中には、「子供がいるのでできない」という住環境が理由のものや、「夫が(セックスに)無関心」「配偶者に性的魅力を感じないから」と言ったものまで挙げられています。

なお、パートナーとのセックスへの感想では、男性は約半数(45.8%)が「気持ちいい」と表現し、女性の場合は約1/3強(35.4%)が「幸せ」と答えています。さらに、女性の21.9%が「セックスは面倒」と回答し、6.6%は「セックスは苦痛」とまでも感じています。

また、これまでのセックス時、「自分や相手がED治療薬を服用したことがあるか」の質問に対しては、全体の5.7%が「使用した」と回答。3薬剤のうち、バイアグラの使用率が最も高いことも分かりました。ただし、そのED治療薬の購入先として、「医療機関の受診による入手」は全体の7割に満たない66.7%という結果でした。続いて「インターネットで購入」が16.7%、「友人・知人から入手」が13.3%となっています。


今回の調査結果に関する臨床医からの見解

浜松町第一クリニック院長
竹越昭彦(たけこしあきひこ)
プロフィール

日本性科学会では、「病気など、特別な事情がないにもかかわらず、1ヶ月以上性交渉がないカップル」をセックスレスと定義しています。この定義から今回の調査結果をみてみると、「ほぼ毎日(セックスをしている)」「週2〜3回以下」「月2〜3回以下」という回答の合計が50.7%、「3ヶ月に2〜3回以下」「半年に2〜3回以下」「年に2〜3回以下」「以前はしていたが現在はない」「一度もない」という回答の合計が47.7%で、20〜40代男女の約半数はセックスレス状態だということになります。

とはいえ、男女全体の約6割(59.8%)、男性に限れば全体の75.7%が「セックスの頻度を増やしたい」と回答しており、当クリニックにも毎日、若い方から高齢の方まで、多くの人が来院されています。ストレス社会に生きていく上での精神衛生的な観点からも、男女共にもっと積極的に性生活を営まれてはいかがでしょうか。


調査概要

調査対象:関東在住の20〜40代男女
調査方法:インターネット調査
調査期間:2013年9月19日(木)〜23日(月)


特定のパートナー(配偶者・恋人)とのセックス頻度を教えてください。

特定のパートナー(配偶者・恋人)とのセックス頻度を教えてください。
特定のパートナー(配偶者・恋人)とのセックス頻度を教えてください。
  • 「以前はセックスをしていたが現在はしていない」という、全くセックス行為を行っていない人が、男女全体の2割以上(22.1%)。
  • 一方「ほぼ毎日」という絶倫派は、男性が全体の2.8%、女性は0.7%であった。

現状よりパートナー(配偶者・恋人)とのセックスの頻度を増やしたいと思いますか。

現状よりパートナー(配偶者・恋人)とのセックスの頻度を増やしたいと思いますか。
現状よりパートナー(配偶者・恋人)とのセックスの頻度を増やしたいと思いますか。
  • 全体の約6割(59.8&)が「セックスの頻度を増やしたい」と考えている。
  • 男女別では、男性は全体の約3/4(75.7%)が増やしたいと思っている一方、女性は半数に満たない(47.4&)ことが分かった。

現在、パートナー(配偶者・恋人)以外にセックスをする相手はいますか。

勃起はするが、以前より硬くならない
  • 「浮気・不倫相手」や「セックスフレンド」といった、パートナー以外に特定のセックス対象者を持つ人は、男女全体の約1割(8.4%)。男性は12.6%、女性は5.1%。
  • 男性は全体的に「セックスフレンド」を持つ傾向にあり、女性の場合は「浮気・不倫相手」を持つ人が多い。

あなたはセックスが好きですか。

あなたはセックスが好きですか。
あなたはセックスが好きですか。
  • 男女全体の2割以上(21.9%)の人が、「セックスは好きではない」と回答している。
  • 男女比較では男性の10.4%、女性の33.6%が「好きではない」と回答しており、圧倒的に女性の方が多い。

あなたの性生活におけるセックスの重要性を教えてください。

あなたの性生活におけるセックスの重要性を教えてください。
あなたの性生活におけるセックスの重要性を教えてください。
  • 全体の4割以上(42.4%)の人がセックスを重要視していない。
  • 男女比較では、重要視していない男性は30.2%、同女性は54.9%と、女性の方が圧倒的に重要視度が低い。
  • 男性の場合は年齢を重ねても、その重要視度はあまり変化しないが、女性の場合は年齢に比例して重要視度が低下していく傾向にある。

1回のセックスに対し、現在どのくらい時間をかけていますか。

1回のセックスに対し、現在どのくらい時間をかけていますか。
1回のセックスに対し、現在どのくらい時間をかけていますか。
  • 男女全体の約半数(45.1%)が、1回のセックスにかける時間は「30分以内」と回答。
  • 男性では3.3%が「10分以下」と答えているのに対し、女性は8.4%も同回答を出している。
  • 一方、男性20代の5.7%が「2〜3時間」と回答しているのに対し、女性の20代で「2〜3時間」と回答しているのは0.9%に過ぎない。

これまで、自分または相手がED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)を服用し、セックスをしたことがありますか。

これまで、自分または相手がED治療薬(バイアグラ・レビトラ・シアリス)を服用し、セックスをしたことがありますか。
  • ED治療薬の使用率は、全体の5.7%。3薬剤のうち、バイアグラの使用回答率が高い。
  • 20代男性の使用率は5.6%、30代9.1%、12.3%と、年齢に沿って使用率は上がる。一方女性の場合は、相手の使用率に対する回答に年代層による変化はない。

そのED治療薬は、どこで入手したものですか。

これまでED治療薬を購入し服用したことがありますか。
これまでED治療薬を購入し服用したことがありますか。
  • 「ED治療薬を医療機関を受信して入手」した人は、全体の7割に満たない(66.7%)。
  • 「友人・知人からの入手」は、全体の13.3%、「インターネットでの購入」は16.7%。

あなたは現在のご自身の性生活について、「セックスレス」だと思いますか。

あなたは現在のご自身の性生活について、「セックスレス」だと思いますか。
あなたは現在のご自身の性生活について、「セックスレス」だと思いますか。
  • 男女全体の約半数(46.3%)がセックスレスだと認識している。
  • 男女共に年齢が高くなるにつれ、その認識率が高まる傾向にあり、40代男性で55.8%、40代女性の57.1%がセックスレスと思っている。
  • 男女共に「特定のパートナーに対して」ではなく、パートナーの属性に関係なく自分はセックスレスと回答している。

セックスレスになったきっかけ・原因はどんなことですか。

セックスレスになったきっかけ・原因はどんなことですか。
  • セックスレスになった原因としては、男女全体の約1/3(33.8%)が「性欲の低下」と認識している。
  • 次に多いのは「相手とのセックスに飽きた」。男性の約1/4(24.3%)、女性の約1/5(18.2%)が回答している。
  • 女性の3.8%が「相手とのセックスで嫌なことがあった」と回答。