不妊治療の医療機関の検索

浜松町第一クリニック 竹越昭彦院長 監修

東京都で「不妊検査」を実施しているクリニックを検索することができます。女性不妊検査、男性不妊検査を実施している医療機関の他、検査ののち異常が見つかった場合の治療を行っているかどうかも分かります。 以下、東京都福祉保健局「不妊検査等助成事業の概要」ページ、中段の「都内で不妊検査と一般不妊治療を実施している医療機関」にありますEXCELデータをダウンロードして探してみてください。

また、東京都では、子供を望む夫婦が早期に不妊検査をし、必要に応じて適切な治療を受けられるよう助成制度を開始しています。 検査される場合には、合わせて要件等を確認してみましょう。
(2021年8月現在)

日本全国の体外受精や顕微授精を行っている国や地方自治体に指定されている医療機関の情報を厚生労働省が発表しており、地域別に検索することができます。


また日本の少子化は深刻な状況にあり、1人でも多くの子供が産まれるよう、不妊で悩んでいる夫婦のサポートを国と県や市などの地方自治体が連携して行っています。指定医療機関で要件を満たせば、体外受精や顕微授精を受けた際の費用の一部が助成されます。(2021年8月現在)
国の助成の他、県や市の助成が別にある場合もありますので、医療機関を受診される際には受診時に確認してみましょう。

2021年1月より、国の助成が拡充しており、当初予算の151億円の約2.5倍の約370億円に「特定不妊治療費助成予算」が拡充されました。大きな変更点としては、以下となります。

2020年12月まで2021年1月分から
所得制限730万円未満
(夫婦合算の所得)
撤廃
助成額1回15万円
(初回のみ30万円)
1回30万円
助成回数生涯で通算6回まで
(40歳以上43歳未満は3回)
1子ごと 6回まで
(40歳以上43歳未満は3回)
対象年齢妻の年齢が43歳未満変更せず

菅内閣の基本方針(令和2年9月16日閣議決定)においては、「不妊治療への保険適用を実現」することとされており、 2022年4月から、特定の不妊治療も健康保険制度の対象とする計画を発表しています。 公的医療保険の対象となれば、治療費が3割負担となりますので、大きな負担となっていた不妊治療費が軽減され、日本の少子化対策の一助となることが期待されます。 保険適用開始までには、以下のスケジュールが厚生労働省より発表されています。

不妊治療の保険適用について(厚生労働省)より

体外受精・顕微授精の他にも、不妊治療に使用される医薬品も保険適用が検討されており、体外受精に用いられる「排卵誘発剤」や射精障害に対する「抗うつ剤」の他、ED症状があり、膣内で射精が出来ない場合や体外受精時に精子を採取する際の勃起を補助する「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」などのED治療薬も候補に挙がっているとの報道がされています。

保険適用が検討されているのは、日本生殖医学会の推奨レベルで、A(強く推奨)とB(推奨)に分類されている治療に対して議論されており、「勃起障害を伴う男性不妊への薬物治療」のED治療薬は、A(強く推奨)に分類されています。


当院でも扱っているED治療薬の「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」とそのジェネリック医薬品は、現在は健康保険の対象外で、「自由診療」で医師が処方する医薬品となっています。

下の表は、令和3年8月現在の不妊治療の流れですが、今後、ED治療薬が不妊治療の公的医療保険の適用となった場合でも、「不妊治療用途」が明確な条件とされているため、下図の通り、まずご自身とパートナーの女性が、不妊検査等を受けることが保険適用の条件となることが想定され、ED治療薬の保険適用は不妊治療の一連の流れに沿って行われることになるでしょう。

なお、バイアグラ等のED治療薬を服用しても、精子への奇形等の影響は報告されていません。


不妊治療の保険適用について(厚生労働省)より

株式会社シオン社提供の「不妊治療情報センター」では、日本全国の不妊治療を行っている施設や病院を検索することが出来ます。どのような治療を行っているかも一覧で見ることが出来ます。

こちらのサイトでは、各医療機関へアンケートを取っており、女性医師がいるかどうかやご希望の治療を受けられるかの以下詳細の絞り込みを行うこともでき、ご参考になるかと思いますので、ご紹介させて頂きます。
パソコンでご覧いただくと、絞り込み検索ができますので便利ですが、スマートフォンでも一覧として詳細情報を見ることが出来ます。


株式会社F Treatment社提供の「不妊治療net」も、日本全国の不妊治療を行っている施設や病院を検索することができ、詳細情報も検索しやすくなっています。

こちらのサイトでは、不妊治療を行っている医師や不妊治療に取り組んでいる方のコラムも掲載されており、参考にすることができます。

また F Treatment社では、「F-check」という「体内に残された卵子の数を、血液中のアンチミューラリアンホルモン(AMH)を測定することで推定する」微量血液検査キットの取扱いも行っていますので、病院に行くのは抵抗があるという方はご覧になって見て下さい。

不妊治療を実施しているクリニックは多くありますが、不妊治療で有名なクリニックを以下にご紹介させていただきます。皆様のご参考となれば幸いです。

矢内原ウィメンズクリニック

神奈川県鎌倉市にあり大船駅が最寄りのクリニックです。先端生殖医療センターを併設し、不妊検査から体外受精・顕微授精までトータルで妊活をサポートしています。できるだけ自然妊娠するよう様々な観点からアドバイスをしてくれ、また院長の黄木先生は女性のドクターのため、相談しやすく丁寧に問診してもらえると評判です。
また矢内原ウィメンズクリニックの大きな特徴は、「レスキューICSI」を実施していることです。
体外受精で自然に受精する卵は自然に受精させますが、もし受精しなかった場合は、採卵し育てた卵子を無駄にしないために、その未受精卵をレスキューし、顕微授精によって受精させるという方法です。 これまで開院以来のべ5000個以上の卵をレスキューの実績があります。
この方法は採卵回数を減らすことができ、女性への負担を軽減することができます。 体への負担も配慮しながら治療を進めていくことで人気の高いクリニックです。(2019年10月現在)

加藤レディースクリニック

東京都新宿区にあり新宿駅が最寄りのクリニックです。体外受精や顕微授精では、海外からも来院者があるほど有名なクリニックです。365日年中無休で診療しています。 可能な限り排卵誘発剤を使用しない自然な周期での妊娠を治療方針として掲げています。

来院者が多く、仕組み化がしっかりされているため、流れ作業のような冷たい印象を受けたという声も多いですが、 体外受精や顕微授精の実績には定評があるようです。(2019年10月現在)

セントマザー産婦人科医院

福岡県北九州市にあり、「折尾駅」が最寄り駅です。子宮内のフローラ(細菌群)に着目し、フローラと着床との関連性について研究しており、着床不全の原因のひとつとして、生殖器のフローラ検査を全国で先駆けて取り入れています。様々な視点から不妊にアプローチし、遠方からの来院もサポートしているようです。

月に1度、東京都の江東病院で院長によるカウンセリングを実施しています。 (2019年10月現在)

IVF大阪クリニック

大阪府東大阪市にあり、「長田駅」が最寄り駅です。妊娠を希望しているが妊娠できない「不妊症」だけでなく、他の医療機関で体外受精がうまくいかない方、妊娠するが流産に終わってしまう「不育症」、自分の身体が妊娠可能かどうかの不妊検査まで行っている医療機関です。 (2019年10月現在)


料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL