うつ病とEDの関係
うつ病とEDの関係

テーマうつ病と ED の関係

うつ病と ED

うつ病とED

うつ病や双極性障害などの気分障害の患者数は2008年の厚生労働省の推計で100万人を突破するほどの規模になっています。その後若干減少傾向にあるものの、医師の治療を受けていない潜在的な患者数は相当に多いと考えられています。うつ病と ED の関連性は、1970年代後半ごろから指摘されていました。1990年代後半には、ED 患者ではうつの有病率が、非 ED 患者と比べて2.6倍であるとの報告もされています。

ED とうつ病は、双方向に関連しあっています。
ED には大まかに分けて、身体的な機能不全からくる器質性 ED と、メンタルに起因する心因性 ED、器質性 ED と心因性 ED の混合性 ED、そしていくつか特定の薬によって引き起こされる薬剤性 ED がありますが、うつ病の場合は、そのいずれ の可能性もあることが分かっています。


抑うつ気分による ED

うつ病では、その名のとおり憂鬱な気分になり、何事にも意欲がわかなくなります。意欲の減退はそのまま性欲減退にも繋がり、ED につながることがあります。心因性 ED の代表的な症状といえるでしょう。加齢や病気などによる動脈硬化が進行していない若年層でも見られ、ED の原因となる器質的な原因が見つからない場合があります。

勃起は、性的な興奮が脳から陰茎に伝えられることで起こりますが、うつ病などで性的刺激を脳が十分に感じない場合、脳からの性的刺激が伝わらず性器海綿体動脈が拡張せず、勃起に至りません。多くのうつ病の場合でも、バイアグラをはじめとする PDE5 阻害薬は、血管拡張作用により血流が増加し、効果が出ることが多いです。しかし、強い抑うつ気分を認める場合や次のように特定の向精神薬などを服用している場合には効果が十分にでないこともあります。

日々の診療において、精神科やメンタルクリニックに通院されている方が当院を受診することは特に珍しい事ではありません。とは言っても、先ほど書いた通り、重症の方が来院されるというケースは稀で、少なくとも当院受診時にはある程度、うつ病のコントロールがついた状態での来院という方が多いと思います。個人的な意見ですが、抑うつ気分がかなり強い場合ですと、なかなか ED の症状にまで気が回らないことがほとんどなのではないかなと考えています。多少なりとも ED の事を気に掛けることが出来るようになっているのは、それはそれである程度精神症状が落ち着いて来ているからなのだろうと思います。


抗うつ剤と ED

精神安定剤の服用

うつ病の治療に用いられる抗うつ薬や抗不安薬、睡眠薬、抗精神病薬など、うつ病の治療に用いられる薬の中には、性機能を悪化させるものがあります。現在、抗うつ薬として最も良く使用されている SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)は、中枢神経系でセロトニンを増加させることで、性的衝動に関わるドーパミンの作用を抑制することが知られています。またいくつかの SSRI では、射精を抑制する作用があることも分かっています。これを逆に利用して、早漏の治療に SSRI を応用するケースもあります。

従来までは、抗うつ剤を服用している方の ED 治療は困難とされていましたが、PDE5 阻害薬が認可されてからは、事情が大きく変化しました。SSRI を内服している方でも、PDE5 阻害薬の有効性が認められたためです。ただし、内服している向精神薬の種類によっては、PDE5 阻害薬の効果を低下させることもあるため、併用薬については慎重に検討すべきです。

向精神薬による ED は、簡単に考えれば内服を中止すれば済む問題ではあるのですが、なぜその内服薬を服用しているのか、といったポイントにも注意しなくてはなりません。当然、何かしらの症状を自覚し、病院を受診し、薬を処方されている、といった流れだと思います。ですので、現在服用している薬には、何かしらの必要性があって内服しているのだと考えるべきだと思います。この部分との兼ね合いで、考えるべきだという事です。

受診される方の中には、確かに ED を引き起こしうる薬剤を内服されている方もいらっしゃいます。そういった場合、『薬の調整は必ず、薬を処方してもらっている病院で行いましょう』とお伝えしています。自己判断で勝手に内服薬の調整したり、中断することは、多くの場合において良い結果を生まないからです。ED の事を相談しにくい場合には『体調が良いので薬を少しずつ減らしていく事は可能でしょうか?』といった形で、主治医の先生に聞いてみるのが良いかと思います。


うつ病と LOH 症候群との関連性

男性ホルモンの一種である、テストステロンの分泌量が低下することによって、さまざまな症状をきたすことを「テストステロン減少症(低下症)」や「性腺機能低下症」と呼びます。うつ病やストレスによって若年層に起こることもありますが、仕事などでストレスの多い40代を過ぎて起こる男性更年期障害と呼ばれる LOH 症候群(加齢性性腺機能低下症候群)では、加齢やストレスによって男性ホルモンであるテストステロンなどのアンドロゲンが低下することでうつ病を引き起こします。そのうつ病がさらにアンドロゲンの低下させるという悪循環ともなり、このうつ病と男性ホルモンの低下は、ED の症状を誘発すると考えられます。年齢とともに男性ホルモンがある程度低下していくのは自然の流れではあるのですが、それが標準以上に下がった状態ですと、こういった症状を自覚すると考えられています。

男性更年期障害

うつ病と ED の治療

バイアグラなどの ED 治療薬と、うつ病の薬で飲み合わせの悪い薬はありません。抑うつ症状の度合にもよりますが、バイアグラなどの PDE5 阻害薬の有効性が高いため、効果判定に一度服用してみるとよいでしょう。多くの場合で効果が期待出来ますが、効果がない場合には、服用している抗うつ剤の種類の見直しや強い抑うつ症状がある場合には、心療内科で主治医の先生に相談をする必要があります。