竹越昭彦院長コラムED薬でも勃起しなかったときの「最後の手段」

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

これまでのコラムではED治療薬のポテンシャルの高さについてお伝えしてきました。しかし、もちろんED治療薬にも限界はあります。

たとえば、「妻など、特定の相手にだけは性的興奮を覚えない」「一定の条件でないと興奮しない」など、一部の心因性EDについてはED治療薬がまったく効かない場合があるのです。いくらED治療薬によって勃起しやすい状態をつくり出しても、性的刺激が得られなければ意味がありません。何度も言いますが、ED治療薬は飲んだだけで勝手に勃起するようなものではないのです。

また、そもそも服用している薬によってはED治療薬自体を飲めない方もいるでしょう。この点でも、ED治療薬は万能とは言えません。基本的には高い効果を発揮するED治療薬ですが、EDの種類や患者さんの状況によってはその効果を活かせないこともあるのです。

しかし、ED治療薬が効かない・飲めない人たちが勃起を諦めなければいけないかといえば、そんなことはありません。外科的な局所治療など、ED治療薬のほかにも残された道はいくつかあります。今回は、そのいくつかを紹介していきましょう(これらの方法は当院では扱っていないため、その点ご留意いただければと思います)

陰茎締めつけリング

陰茎締めつけリングとは、勃起補助器具のひとつです。「コックリング」とも呼ばれ、シリコンやゴムなどでできたリングをアダルトグッズショップで見かけた人もいるでしょう。リングをペニスの根元に装着することで海綿体に流れ込んだ血液の流出を防ぎ、中折れを防止して勃起状態を維持できます。アダルトグッズの印象もありますが、医療機関で扱われているものは厚生労働省の認可も受けている医療器具です。

陰圧式勃起補助器具

空気圧を利用し、ペニスの海綿体に血液を送り込む「陰圧式勃起補助器具」というものもあります。

  1. ペニスを筒状のシリンダーに挿入する
  2. 手動のポンプによってシリンダー内の圧力を下げ、海綿体に血液を集めて勃起を促す
  3. ペニスの根元にリングを装着し、血液の流出を防いで勃起を維持する

このような流れで勃起を補助する方法です。一見すると複雑に見えますが、その取り扱いはとても簡単。患者さん自身で実践可能です。また、血管に異常さえなければ誰でも勃起可能であり、神経系の切断、ED治療薬を服用できないといった方にも有効な手段となります。一方で、(陰茎締めつけリングにも言えることですが)リングの締め付けによって勃起を維持する方法のため、長時間の使用が難しいという難点もあります。

陰茎海綿体注射

バイアグラが開発される以前、欧米で最もメジャーなED治療法だったのが「陰茎海綿体注射」です。その名の通り、勃起を促すために陰茎の海綿体に薬剤を注射します。注射後10分以内には完全に勃起、約2時間ものあいだ効果が持続するという効果の高い方法です。

日本で普及しなかった理由は、医師法によって患者の自己注射が禁じられているからでしょう。薬剤を注射するには医療機関に行かねばならず、注射後すぐにSEXできないことがハードルとなっていたのです。一方で、薬剤によって勃起させるため、ED治療薬では勃起の難しい一部の心因性EDの方にはメリットのある方法です。

ただし、性的刺激とは無関係に強制的に勃起させる方法のため、射精時の快感が薄いことが考えられます。また、射精後も勃起状態が続き、海綿体に血液が留まり続けるために海綿体の組織が破壊されるリスクにも留意しなければなりません。これによって完全EDになることもあり得るのです。薬剤の副作用によって「陰茎海綿体繊維症」になる危険性も否定できません。
なお、陰茎海綿体注射(ICI療法)についての詳細は、こちらも参考にしてください。


陰茎プロステーシス移植

薬剤や補助器具ではなく、外科手術によってペニスにシリコン製の支柱を埋め込み、人工的に勃起状態をつくり出すのが「陰茎プロステーシス」です。手術が必要なため、その費用は高価ではありますが、確実に勃起状態をつくり出すことができます。

ただし注意したいのは、さまざまな器具をペニスや体内に埋め込む方法のため、合併症のリスクがあることです。ペニスに埋め込むシリコン製の支柱にはインフレ―ダブル型とノン・インフレ―ダブル型がありますが(インフレ―ダブル=膨らませる)、たとえばインフレ―ダブル型の場合、ペニスを膨張させる仕組みを整えるためには、以下のような大がかりな手術が必要となります。

  • 勃起させるシリンダーを海綿体に埋め込む
  • 膀胱近くに、シリンダーを膨張させる液を入れるタンクを埋め込む
  • 陰嚢にポンプと弁を仕込む

ペニスを勃起させる際は、陰嚢のポンプを使って自らシリンダーを膨張させます。そして行為が終わったら、陰嚢の弁を開けてシリンダーの液を抜き、ペニスを元の状態に戻すわけです。こうして疑似的に勃起状態をつくり出すため、本人の快感が向上することはなく、パートナーの女性を満足させるための方法だとも言えるでしょう。

料金表・
診療時間
郵送処方 アクセス
・TEL