ED失敗体験談
【マンガ】ED失敗談

体験談1.排卵日のプレッシャーでED

01、排卵日のプレッシャーでED
解説

このパターンは非常に多いです。私のところにも子作り目的でEDの相談にやってくる方のほとんどがこのパターンだと言っても過言ではありません。
私の推測ですが、このケースで悩んでいる家庭では奥様よりも旦那様の方が性行為を単なる子作り行為だと思いたくないという思いが強いからなのかもしれません。
つまり旦那の方が「愛し合った結果、神様から子供を授かる」というロマンチストな思いが強いということ。もちろん奥様もその思いはあります。
しかし結婚して少し経つと両親、親戚、知人友人等々、周りからの第1子誕生の期待からロマンチストな思いは隅に置いておいて、意外と平気で子作りという行為ができてしまう奥様を見てロマンチストな旦那がプレッシャーを感じると同時に「本当は愛し合って自然に子作りしたいのに!」という不満から、性行為に集中できずED気味になることは実際に数多く存在するのです。
ED治療薬の勃起を補助する効果によりED気味を解消して、無事に懐妊しましたという報告を私は何度も聞いています。 ED治療薬を服用して子供が出来ても母子ともにお薬による副作用は全くありませんので、同じようなお悩みをお持ちの方がいらっしゃいましたら、試してみる価値は十分にありますよ。

お薦めのマンガ Recommended

ページトップへ