ED失敗体験談
ED失敗体験談
【マンガ】ED失敗談

体験談2.病院は女性ばかりで嫌

02、病院は女性ばかりで嫌
解説
この話も今まで患者さんから良く聞きます。
亀甲縛りのことではないですよ。。。

普通の泌尿器科もしくは内科の病院にED相談に行ったけど結局はずかしくて言い出せなかった。という話です。

今ではED治療薬の各製薬会社さん達の努力で、普通の病院でもEDで相談しに来た患者さんに対して少しでも恥ずかしさを軽減するために様々な工夫がされている医療機関もあります。
ED相談カードなるものをインターネットで病院のホームページからプリントアウトしたものに必要事項を記入して受付に提示する、また携帯サイトにて画面を受付に見せるだけで何も言わずにED治療の相談が受けられたりするところもあるのです。

しかし、口に出す恥ずかしさはなくとも受付の女性にEDの相談をしに来たとわかってしまう恥ずかしさはなくすことができないので結局はED治療を専門にしている男性専門の医院に足を運ぶことになる場合が多いように思います。
それ以外の恥ずかしさで普通の病院に行けないという方もいらっしゃいます。
それは地方から来られる方に多いです。

当院は浜松町という立地から地方からお越しいただく患者さんが他の医院に比べて多いです。地方の方だと家の近所の病院でED治療薬をもらうことなんて絶対にできないと言います。
なぜかと言うと、受付が女性だから、医師が女医さんだからとかではなく患者さんとして来ている人達のほとんどが顔見知りだからだそうです。

確かにローカル色が強ければ強いほど町全体に知らない人はいないのは当たり前ですからED相談しに行ったことが受付や医師にわかってしまうよりご近所さんにわかってしまう方が恥ずかしいというのは非常に理解できます。

お薦めのマンガ Recommended