ED失敗体験談
【マンガ】ED失敗談

体験談6.オナニーでしか射精できない

06、オナニーでしか射精できない
解説

この相談。本当?と疑問を抱く方もいらっしゃると思いますが、実際には同じ悩みでED気味になり当院にお越しいただく患者さんは意外と多いのです。ほとんどが性欲のまだまだある20代〜30代前半の方です。
マスターベーションだと自分の思うとおり自由にペニスに刺激を与えられ、行為中もパートナーのことを気にすることなく全て自分だけのことだけ考えて行為を行えるため焦りもプレッシャーもないので射精できる。
しかしパートナーがいる性行為だと挿入時はマスターベーションの時のように思うとおりの刺激や圧力をペニスに与えられないので射精までに至らない。
さらにパートナーのことを考えると「勃起を持続させないと!」「射精しないと!」そうしないと相手に失礼だし自分自身のプライドもあるし・・・・・ などと考え焦りやプレッシャーから余計に射精できない。または勃起を持続させることができない。 そのような状況に陥りやすいのです。
マンガの最後に「畳でこすらないと射精ができない人がいる」とありますが、これも本当の話です。
マスターベーションは自由度が高すぎるので色々な刺激を試したくなるのでしょう。
他人に迷惑をかけているわけではないので、どんなマスターベーションを行おうと自由でいいと私も思いますが、パートナーがいる間、 または今後パートナーを作りたいとお考えでしたら少し考えておいた方がよいでしょう。
性行為の際に勃起しなかったり射精できなかったりするとパートナーからしてみれば「私に魅力がないのかしら?」 「この人は本当に私のことを好きでいてくれているのだろうか?」などと心配をかけさせてしまう可能性は十分にあります。 実際に女性から相手がマスターベーションだと勃起もして射精もできるのにSEXだと途中にペニスが萎えるから射精までに至らないのはどうしてでしょう? という彼女にとっては深刻な悩み相談をメールでいただいたこともございます。
そこまで考えると度が過ぎるマスターベーションはいずれ他人に迷惑になる可能性すらあるのですから、 これを読んで思い当たる節のある方はマスターベーションの方法を考え直してもよいかもしれません。

お薦めのマンガ Recommended

ページトップへ