ED失敗体験談
ED失敗体験談
【マンガ】恐ろしい!ED治療薬個人輸入

体験談7.代行業者を経由せず直接海外から仕入れて失敗

07、代行業者を経由せず直接海外から仕入れて失敗
解説

まずは以下の情報をご覧下さい。

ファイザー株式会社のプレスリリース(2007年6月25日)より抜粋。

バイアグラの特許権の輸入差止申立て受理される
特許侵害品は没収も

ファイザー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:岩崎博充、資本金:648億円)は、患者さんの安全を確保することを目的とした取り組みの一環としてED治療薬「バイアグラ®錠」(一般名:クエン酸シルデナフィル)を保護する特許権に関し、全国の税関に輸入差止申立てを行い、このほど受理されました。

今回の輸入差止申立ての受理により、バイアグラの特許権を侵害する薬剤は、今後、税関が没収、廃棄することも可能となりました。ファイザーでは、昨年5月に商標権に関する輸入差止申立ても受理されており、今回の特許権と併せて、侵害物品の国内流入を水際で効果的に阻止できることになりました。

輸入差止申立てとは、特許権、商標権、実用新案権、意匠権、著作権、著作隣接権又は育成者権を侵害する貨物等が輸入されようとする場合に、税関が効果的に輸入を差止めるために、特許権者等が、税関長に対し、権利の内容や侵害の事実を疎明する証拠等を提出し、税関で輸入を差止めるよう申し立てる制度です。

知的財産侵害物品の取締り:http://www.customs.go.jp/mizugiwa/chiteki/

「バイアグラ®錠」(一般名:クエン酸シルデナフィル)を保護する特許権に関し、全国の税関に輸入差止申立てを行い受理されているのでバイアグラの特許権を侵害する薬剤は、今後、税関が没収、廃棄することが可能になっているのです。

本当にインターネットにてバイアグラ等のED治療薬を手にいれようとすると様々なリスクがあります。
最近では当院のようにスタッフが全員男性、ご来院される患者様も男性しかいないED治療薬の処方を専門に行っている医療機関もたくさんあります。専門でやっているところは共通して女性の目を気にすることなく、予約も不要でスピーディーな処方、診察料無料でお薬代金のみで処方というのは当たり前になっています。

インターネットにてご自身の行きやすい場所の専門医院を探してみてください。検索する時は「バイアグラ 地域名」(※)これで検索かけてみてください。
※地域名はご自身にとって利便性のよい「市」「町」「駅名」などがよいでしょう。

お薦めのマンガ Recommended