プロペシアミノキシジル配合の市販薬について

浜松町第一クリニック竹越昭彦院長監修

薬局で購入可能なミノキシジル配合の発毛剤について

今現在、発売されているミノキシジル配合の発毛剤はリアップシリーズの他にアンファの「スカルプDメディカルミノキ5」、東和薬品の「ミノアップ」、ロート製薬の「リグロEX5」です。以下にある一覧表の通り、1999年6月のリアップの発売以来、アンファのメディカルミノキ5が発売される2018年8月まで約19年間、ミノキシジル配合発毛剤は大正製薬の独壇場でした。大正製薬の調査では1999年~2017年7月でミノキシジル製剤の累計販売数は6,000万本を突破しているとのこと。1本5,000円としても合計3,000億円(年間約158億円)とはすさまじい売上ですね。ミノキシジル製剤は一般用医薬品として認可され医療用医薬品では存在しないのも特徴の一つです。よって病院に行って保険証提示しても健康保険で処方を受けることはできないのはもちろんのこと、そもそも取り扱っている病院は存在しないかと思われます。

全製品、一般用用医薬品の第一類医薬品に分類されるため薬剤師のいる薬局薬店でないと購入ができないことを留意しておく必要があります。使用方法はどれも1日2階、1回1mlを薄毛が気になる箇所に塗布です。また説明書に記された用量以上に使用すると副作用の発現率が高くなるだけで効果の増加は期待でませんので用法・用量は必ず守りましょう。

市販のミノキシジル配合発毛剤一覧

以下が今現在、日本国内にて一般用医薬品として薬局薬店で販売されている厚労省から認可を受けたミノキシジル配合の発毛剤一覧表です。注目すべき違いはやはりミノキシジルの濃度でしょう。国内では5%が最大濃度です。また赤字にしている「ミノキシジル以外の有効成分」を見るとリアップシリーズの元祖リアップ以外は何かしらの薬効成分も含まれています。それぞれの薬効成分の効果効能も表の下で開設しているので是非参考にして下さい。

ミノキシジルを含む厚労省認可済の発毛剤一覧表
販売元 画像 商品名 ミノキシジル
濃度
ミノキシジル以外の
有効成分
(100mg中の含有量)
内容量 価格
(税抜)
発売開始日 種別 添加物 添付
文章
大正製薬リアップ1%-60ml5,500円1999年6月第一類
医薬品
プロピレングリコール
エタノール
添付
文章
120ml9,500円
リアップリジェンヌ1%パントテニールエチルエーテル(1.0g)
トコフェロール酢酸エステル(0.08g)
l-メントール(0.3g)
60ml5,239円2005年3月
リアップレディとして
発売開始し2011年11月に
現行名にリニューアル
第一類
医薬品
1.3-ブチレングリコール
クエン酸、エタノール
ヒアルロン酸Na
添付
文章
リアッププラス1%パントテニールエチルエーテル(1.0g)
トコフェロール酢酸エステル(0.08g)
l-メントール(0.3g)
60ml5,239円2008年1月第一類
医薬品
1.3-ブチレングリコール
クエン酸、エタノール
カミツレ油
添付
文章
リアップX5
プラスローション
5%ピリドキシン塩酸塩(0.05g)
トコフェロール酢酸エステル(0.08g)
l-メントール(0.3g)
60ml7,048円2009年6月リアップX5発売開始後
2015年10月より
「X5プラスローション」を発売。
かつての「X5」はWEB限定品へ移行
第一類
医薬品
セタノール
1.3-ブチレングリコール
ジブチルヒドロキシトルエン
リン酸、エタノール
添付
文章
リアップジェット1%パントテニールエチルエーテル(1.0g)
トコフェロール酢酸エステル(0.08g)
l-メントール(0.3g)
100ml
(薬液67ml+
噴射剤33ml)
3,800円2012年12月第一類
医薬品
1.3-ブチレングリコール
クエン酸、エタノール
カミツレ油
【表】
【裏】
アンファスカルプD
メディカルミノキ5
5%-60ml7,223円2017年10月発売予定だったが
説明書の効果効能の欄に
不備があり発売延期となり
2018年8月に発売となる
第一類
医薬品
グリセリン
1.3-ブチレングリコール
エタノール、リン酸
添付
文章
東和薬品ミノアップ5%-60ml7,048円2018年11月第一類
医薬品
エタノール
1.3-ブチレングリコール
プロピレングリコール
pH調整剤
添付
文章
ロート製薬リグロEX5%-60ml7,000円2018年11月第一類
医薬品
エタノール
プロピレングリコール
1.3-ブチレングリコール
酒石酸
添付
文章
日本
ジェネリック
ミノキシジル
ローション5%「JG」
5%-60ml7,000円2018年12月第一類
医薬品
エタノール
1.3-ブチレングリコール
プロピレングリコール
pH調整剤
添付
文章

有効成分の説明

パントテニールエチルエーテル(ビタミンB群補充薬)

パントテン酸(ビタミンB5)誘導体で、毛母細胞に栄養を補給し、活性化させる作用があります。コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿に関わる繊維芽細胞の増殖を促すことで頭皮を乾燥させすぎない健全な状態を医事する効果もあります。また抗炎症作用もあります。

トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE補充薬)

ビタミンE剤で、末梢の血行を促すことにより循環障害を改善し、抗酸化作用により頭皮の汚れや炎症、かゆみを抑える。かゆみやフケの原因となる過酸化脂質の生成を防ぎ、頭皮を保護します。

l-メントール

シソ科の多年草であるハッカに多く含まれる成分です。頭皮のかゆみをしずめ、清涼感を与える。要は皮膚に塗布するとスースーします。(100ml中0.3g程度であればスースーし過ぎることはあまり無いかと思われます)

ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB6補充薬)

過酸化物質やフケの発生の原因となる皮脂の過剰な分泌を抑制します。

トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE補充薬)

皮脂の酸化を防ぎ、頭皮を保護します。



料金表・
診療時間
オンライン
処方
アクセス
・TEL